狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    リハビリ

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/05(火) 21:38:49.89 ID:+ogWWyB40
    no title

    3日、2軍の仲里野球場で遠投をする楽天由規

    育成契約の楽天由規投手(29)が“リフォーム”挑戦で完全復活に挑んでいる。ヤクルトでの昨年6月に痛みが再発した右肩の回復は順調だが、肩に負担をかけない理想の投球フォームを求め、沖縄・久米島での2軍キャンプは別メニュー調整。
    新たなユニホームの背番号「123」から早期支配下登録を果たし、生まれ故郷でもある仙台での復活登板への決意と計画を明かした。

    引用元: 楽天由規が肩負担減フォーム挑戦、仙台での復活誓う

    【楽天由規が肩負担減フォーム挑戦、仙台での復活誓う 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/20(日) 17:38:05.73 ID:RLTsV1Wv0
    no title


    <楽天自主トレ>ブルペンで投球フォームを確認する由規(撮影・沢田 明徳)
     今季から育成選手として楽天に加入した由規投手(29)が20日、仙台市の楽天生命パークの室内練習場で行っている自主トレを報道陣に公開した。昨季限りでヤクルトを戦力外になり、故郷の仙台から再出発。現在は右肩痛からの復帰を目指してリハビリに励んでいるが、復活に向けて確かな手応えを口にした。

     「新鮮な気持ちでやれている。リハビリをやっていると焦りはあるけど、焦ってもしょうがない。環境が変わってリハビリに対するアプローチも変わってきて、いろいろ試すことも見えている」

     本格的な投球練習は再開できていないが、マウンドからネットに向かって球を投げるネットスローを19日から始めた。「楽天の関場トレーナーの指示を受けながら、着実にステップを踏んでいる。
    「強度はそこまで上げていない。キャンプに入ればおのずと捕手に対して投げるようになると思う」。再発を防ぐためにコンディションを最優先にしながらフォームを固めることが現段階での大きなテーマだ。焦りがないと言えば嘘になるが、今は「我慢の時期」を過ごしている。

     高校生まで過ごした仙台を拠点にする球団で復活を目指すことに縁を感じている。「地元でやれるのは嬉しい。いつまでというのはないけど、気づけば投げられるようになっていたい」と由規。地元への恩返しのためにも、杜の都で完全復活を遂げる。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000135-spnannex-base

    引用元: 楽天・由規 故郷での復活へ手応え「気づけば投げられるようになっていたい」

    【楽天・由規 故郷での復活へ手応え「気づけば投げられるようになっていたい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/14(月) 13:45:57.35 ID:J1ZU1IY6d
    no title


    妻への感謝は忘れない
     感謝の思いを胸に、釜田佳直は2019年シーズンへ臨む。岐阜県出身で26歳の一般女性と、12月16日に岐阜県内で婚姻届を提出した右腕は「手術をし、リハビリが続く中、いつもそばで心の支えになってくれました。19年に必ず復活し、彼女にウイニングボールを渡せるよう、シーズンに向けてしっかり準備をしていきたいと思います」とコメントした。

     苦しいシーズンだった。リリーフに本格的に挑戦したものの、12試合で防御率8.53。6月下旬に右肩と右ヒジの手術を受け、復帰できないままシーズンを終えた。
    「契約してもらって感謝している。恩返しできるように、しっかり治して新シーズンに臨みたい。完全に治して、一軍の舞台に戻りたいと思います」と話した。

     回復は順調だ。すでにブルペンでの投球を再開。捕手を座らせて、100球以上のピッチングを行うところまで来ている。
    「言われたところで、しっかり投げられるようにしたい。何でこんなケガをするんだろうということも考えた。投げ方でヒジの上げ方だったり、見えてきているところもある」と手応えも感じている。

     ルーキーイヤーに先発で7勝を挙げたものの、14年3月のトミー・ジョン手術もあり1年目と16年の7勝がキャリアハイ。
    「何とかチームの戦力になれるように。印象に残るようなピッチングがしたい」。支えてもらったリハビリ期間を無駄にするつもりはない。守るべき伴侶を得た25歳が、強い決意を持って新たなシーズンに挑む。

    http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20190121-05

    引用元: 楽天・釜田佳直投手 恩返しの復活登板を/増えた家族のためにも

    【楽天・釜田佳直投手 恩返しの復活登板を/増えた家族のためにも 】の続きを読む

    1. 1: 風吹けば狗鷲 2019/01/09(水) 20:53:23.44 ID:KNck/ON60
    no title

    練習中、談笑する楽天の由規(左)と平石監督(撮影・足立雅史)

    楽天に育成契約で入団した由規が、7日からリハビリ組に入って調整している。

    現状、キャッチボールの距離は室内練習場の目いっぱいとなる40~50メートル。新人合同自主トレを視察した平石監督にあらためてあいさつし、焦らず調整していくよう言葉をかけられたという。「ゆっくりもしてられないし、焦ってもいけない。難しいところだけど、体(右肩)と相談しながら。この状況でも取っていただいて、その期待に応えたい」と話した。

    引用元: 楽天育成由規「体と相談しながら」リハビリ組で調整

    【楽天育成由規「体と相談しながら」リハビリ組で調整 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/14(水) 09:30:01.88 ID:LZvgqwqkd
    送球の練習に取り組む茂木
     東北楽天の茂木栄五郎内野手(24)がリハビリに励んでいる。度重なるけがで、今シーズンは満足いくものではなかった。
    「100パーセントプレーできる状態まで戻し、来年こそは勝利に貢献したい」と雪辱を誓う。
     仙台市のウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉の室内練習場には、ボールがミットをたたく音が響いた。トレーナーが撮影した送球フォームを確認したり、同じくリハビリに励む釜田らに助言を求めたりした。
    この日の投球数は100を超えた。「右の肩と肘は大丈夫。今のうちに課題の送球技術を磨く」
     苦難の1年だった。昨年11月に受けた右肘のクリーニング手術の影響で、1軍の春季キャンプは参加できなかった。開幕戦には間に合ったが、8月に左ふくらはぎに死球を受けて離脱。
    9月の2軍戦では、守備で飛び込んだ際に左肩を痛め、そのままシーズンを終えた。今も打撃練習はできず、12月の再開を目指す。
     「ふがいない」。今季の100試合、打率2割4分7厘は自己最低。目をかけてもらった梨田前監督には申し訳ない思いを募らせる。「キャンプに出ていないにもかかわらず、すぐ1軍に上げてもらった。期待されていたのに、チームが勝てない原因となった」
     シーズン終了後、首脳陣から身体の負担が大きい遊撃から、外野か二塁への転向を提案された。だが、平石監督に「遊撃で勝負させてほしい」と直談判。指揮官からは「死ぬ気になって必死にやれ」とハッパを掛けられた。
     「大学まで三塁で、遊撃はプロでの3年間のみ。『やっぱり(最後まで)できなかったね』と思われるのは悔しい。やるだけやってレギュラーを奪われるのなら仕方ないが、自分からギブアップはしたくない」。再起への歩みは始まっている。(狭間優作)

    引用元: <楽天>リハビリに励む日々 茂木「来季こそ」雪辱誓う

    【<楽天>リハビリに励む日々 茂木「来季こそ」雪辱誓う 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/09(金) 16:32:31.86 ID:mEaOL7I30
    no title


     茂木が開幕までに守備に就くメドが立ったことが分かった。

     昨年11月に右肘を手術してここまで2軍調整。実戦は指名打者で出場し、6試合で12打数5安打。「打つ方は問題ないと聞いている」と説明した梨田監督は、肘の負担を考慮して開幕は指名打者での起用プランも練っていた。近日中にもシートノックに入り、順調なら15日のファーム練習試合・仙台大戦(楽天生命)で守備に就き、20日のヤクルト戦(神宮)から1軍に合流予定。

    2: 風吹けば狗鷲 2018/03/09(金) 16:32:43.15 ID:mEaOL7I30

    引用元: 【朗報】楽天茂木、守備でも開幕間に合う

    【【朗報】楽天茂木、守備でも開幕間に合う 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/27(火) 11:24:37.41 ID:POLf3Dme0
    no title


     昨年11月に右肘手術を受け、キャンプは2軍で調整中の楽天・茂木栄五郎内野手(24)が26日、ソフトバンク2軍との練習試合(生目の杜第二)で手術後初の実戦出場。目標とする開幕前の1軍合流へ一歩前進した。

     「1番・DH」で2打席の復帰戦。練習では持ち前のフルスイングを取り戻しているものの「実戦の打席になると、イメージと実際のスイングにギャップがありました」と、第1打席は内角直球にバットを折られて二飛、第2打席は変化球に泳がされての二塁内野安打と快音は響かなかった。

     それでも「(本格復帰へ)ひとつ進展したと思います」と表情は晴れやか。まだシートノックにも参加しておらず、スローイングの不安は残るが、梨田監督は「今バットが振れるなら、投げるのもあと2週間ぐらいで十分できる」と、3月20日ごろをめどに1軍オープン戦に参加させる方針だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000260-sph-base

    引用元: 【楽天】右肘手術で2軍調整中の茂木、開幕前1軍見えた 

    【【楽天】右肘手術で2軍調整中の茂木、開幕前1軍見えた  】の続きを読む

    このページのトップヘ