狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    リリーフ陣

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/17(水) 01:25:00.45 ID:C3ie9C8y0
    no title

    9回表を無失点でしのぎ、ベンチ前でほっとした表情の楽天松井(撮影・林敏行)


    <楽天5−4西武>◇16日◇楽天生命パーク

    楽天が粘り強い継投で、今季初のサヨナラ勝ちを呼び込んだ。先発の辛島航投手(28)が5回3失点でゲームを作ると、一進一退の展開に青山、宋、ハーマン、松井の「勝ちパターン継投」。
    同点の10回には高梨を起用し、6回以降の西武打線を1点に抑え込んだ。ソフトバンクが敗れたため首位タイに再浮上した。
       ◇   ◇   ◇
    6投手による継投で、4時間16分の激闘を制した。
    ゲームを作ったのが先発辛島だ。西武戦の先発は9日(大宮)に続いて2戦連続。5回4失点で勝利投手になっているが、2カード連続で同じ相手に投げることには「抑えていても、打たれていても、やりづらい感じはあります。誰が日程を決めてるんですかね?」と笑顔で話していた。

    引用元: 楽天救援陣サヨナラ呼び込む踏ん張り平石監督も評価

    【楽天救援陣サヨナラ呼び込む踏ん張り平石監督も評価 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/08/13(月) 15:49:33.42 ID:9tkhWaR2d
    ハーマン 0.90
    青山 1.50
    宋家豪 0.66
    久保 1.08
    高梨 0.00
    松井 3.29


    引用元: 楽天リリーフ陣の後半戦防御率wywywywywywywywywywywywywywyw

    【楽天リリーフ陣の後半戦防御率wywywywywywywywywywywywywywyw 】の続きを読む

    628dd05a7d0a1fc4c83e11318b9618eb_1530397452_2
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00157807-baseballk-base

     投手が分業制になって久しい現代のプロ野球。かつては先発投手の完投があたりまえだったが、近年ではそうした傾向は薄れ、先発投手は100球前後を目安にしてマウンドを降りリリーフ陣に後をたくすケースが一般的になった。

     以前よりも中継ぎ投手の登板数が増えたということは、それだけブルペンに負担がかかっていることになる。短期決戦ならいざ知らず、143試合も戦う長いペナントレースだ。1年間をフルに乗り切るためには、中継ぎ投手をできるだけ温存し、リーグ優勝やCS争いが過熱する後半戦に勝負をかけられるかも大きなポイントになっている。

     そのため、長いイニングを投げられる先発投手は「イニングイーター」と称され、チームにとって重宝される存在となっている。そこで今回は、12球団の「イニングイーター」トップ10を調べてみた。

    1試合平均120球オーバーのタフネス投手も

     検証方法は、先発投手たちの1試合における平均投球イニングを割り出してランキング化。それと合わせて、投球総数から1試合の平均投球数なども割り出してみた。10位~4位の投手たちは以下のとおり。

    【平均投球回数トップ10】
    ※成績は2018年7月1日終了時点
    ※1試合平均<総数>

    ▼ 10位:大瀬良大地(広島)
    ・14試合:10勝3敗(※2完投)
    ・投球回数:6.6回<92回2/3>
    ・総投球数:103球<1438球>

    ▼ 10位:涌井秀章(ロッテ)
    ・14試合:4勝6敗(※1完投)
    ・投球回数:6.6回<92回1/3>
    ・投球総数:114球<1595球>

    ▼ 10位:上沢直之(日本ハム)
    ・12試合:7勝2敗(※3完投)
    ・投球回数:6.6回<79回1/3>
    ・投球総数:106球<1275球>

    ▼ 7位:ブキャナン(ヤクルト)
    ・14試合:6勝4敗(※2完投)
    ・投球回数:6.8回<95回1/3>
    ・投球総数:106球<1483球>

    ▼ 7位:西勇輝(オリックス)
    ・13試合:5勝6敗(※0完投)
    ・投球回数:6.8回<88回>
    ・投球総数:107球<1391球>

    ▼ 7位:菊池雄星(西武)
    ・11試合:8勝1敗(※0完投)
    ・投球回数:6.8回<75回>
    ・投球総数:105球<1157球>

    ▼ 5位:石川歩(ロッテ)
    ・13試合:9勝3敗(1完投)
    ・投球回数:7.0回<91回1/3>
    ・投球総数:106球<1384球>

    ▼ 5位:マルティネス(日本ハム)
    ・13試合:7勝5敗(※3完投)
    ・投球回数:7.0回<91回1/3>
    ・投球総数:105球<1360球>

    ▼ 4位:則本昂大(楽天)
    ・13試合:4勝8敗(※4完投)
    ・投球回数:7.3回<94回2/3>
    ・投球総数:123球<1597球>

     各チームの主戦投手たちが軒並み揃っている印象だが、ロッテと日本ハムは複数の投手がランクインしている。

     日本ハムは新加入のマルティネスと防御率ランキングで2位につけている上沢直之が引っ張り、ロッテは涌井秀章と石川歩の2本柱が昨季の不振を乗り越え復調。ともに先発陣がしっかりしているためか、両チームとも下位に沈んだ昨季とは打って変わりAクラス入りを果たしているのが印象深い。

     そして、投球数の観点から見ると、則本昂大が最多。奪三振が多いタイプの投手なだけに球数が増えるのは致し方ないが、被安打も多く、四球の数が昨季よりも微増している。

    【ペナントレースに欠かせない!?夏場のカギを握る「イニングイーター」トップ10】の続きを読む

    【楽天】福山、同点の延長10回に4失点「僕が試合を崩してしまった」

    ◆楽天3―7ロッテ=延長10回=(25日・楽天生命パーク)

     楽天・福山博之投手(29)が、同点の延長10回にロッテ打線に4安打を浴びて4点を失い、勝ち越しを許した。11試合目の登板で今季初黒星を喫した福山は「みんなが粘ってくれたのに、僕が試合を崩してしまって申し訳ないです」と頭を下げた。

     「ブルペンの状態はよかったと聞いていたけど」と梨田監督。ブルペンを担当する森山投手コーチも「ブルペンは絶好調だった」と証言した。

     だが、昨季防御率1・06と抜群の安定感を見せた福山はここまで11試合で防御率6・57。1死二塁で荻野に対してボールが頭部付近にすっぽ抜けて暴投となる珍しいシーンもあった。ここまで守護神・松井も9試合中6試合で失点と調子に乗れず、4年連続65試合以上登板の鉄腕・福山も不安定。指揮官も「(救援陣を)しっかり整備しないといけない」と頭を抱えていた。

    【【楽天】福山、同点の延長10回に4失点「僕が試合を崩してしまった」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/05/08(月)13:41:39 ID:tCD
    森原康平
    18試合 1勝1敗 11ホールド
    17回 防御率1.06

    松井裕樹
    19試合 2勝1敗 2ホールド 13セーブ
    20回 防御率0.45

    引用元: 楽天の勝利の方程式wwwwwwwwwww

    【楽天の勝利の方程式wwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/04/18(火) 23:35:20.53 ID:y4z0Jezd0
     ◆パ・リーグ

     【出場選手登録】

     ▽日本ハム・平沼翔太内野手

     ▽ソフトバンク・加治屋蓮投手、吉村裕基外野手

     ▽ロッテ・荻野貴司外野手

     ▽西武・野田昇吾投手

     ▽楽天・戸村健次投手 ←←←←←←←←←

    引用元: 楽天ファン「アカン中継ぎ酷使で夏場死ぬ!」??「待たせたな」

    【楽天ファン「アカン中継ぎ酷使で夏場死ぬ!」??「待たせたな!」】の続きを読む

    このページのトップヘ