狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    ルーキー

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/22(水) 12:13:51.02 ID:qaINU3X7d
    no title

    打撃練習の合間に談笑する小郷裕哉(右)と渡辺佳明(2019年3月6日撮影)

    引用元: 楽天7位小郷と6位渡辺に期待、練習中激突から復活

    【楽天7位小郷と6位渡辺に期待、練習中激突から復活 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/20(月) 12:15:43.83 ID:0OAMZLT6d
    no title

    降格も貴重な経験となった
     復調を感じさせる一発だった。5月6日の西武戦(メットライフ)、1点を追う3回だった。初めて二番で起用された辰己涼介が、本田のカットボールをバックスクリーンへ運んだ。ドラ1ルーキーのプロ初アーチが反撃の口火となり、チームは8点を奪って勝利。連敗を4で止めた。

     外れ1位とはいえ、巨人、阪神、ソフトバンクと4球団が競合した逸材。春季キャンプでは攻守走で光るものを見せ、開幕一軍入りを果たした。だがプロの世界は甘くなかった。打率.208と不振にあえぎ、4月22日に二軍落ち。平石洋介監督は期待を込めて「打撃だけ(が課題)ではない」と語った。

     二軍にいたのは10日間。「悔しかったけど力がないと再確認できた。少しでもレベルアップできた」。ほぼ連日、居残ってバットを振った。打撃はもちろん、走塁も一から鍛え直した。

    「自分の打撃を見失っていた」。意識したのは、中堅や逆方向への強い当たりだ。バックスクリーンへの一撃は、確かな自信につながる。「自分のポイントに来た球をミスせず打てた」と笑った。

     43打席目で一発は出たが、16試合に出場し盗塁は1つだけ。50メートル走を5秒7で駆け抜ける快足の持ち主としては、物足りない。平石監督は「今は余裕がある。ヒットが出て、気持ちも楽になったのではないか。プロの世界で、打率はメンタルが左右されるからね」とさらなる活躍を予想した。「原石」が今後どんな輝きを放つのか、楽しみにしたい。

    引用元: 楽天・辰己涼介 レベルアップできた10日感/本領発揮はこれからだ!

    【楽天・辰己涼介 レベルアップできた10日感/本領発揮はこれからだ! 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/31(日) 12:21:50.29 ID:U/Pa1MBxd
    ◆ロッテ―楽天(31日・ZOZOマリン)

     楽天のドラフト1位・辰己涼介外野手(22)=立命大=が、開幕3戦目で初めて先発出場することになった。平石監督が「右翼を争うオコエが前日(30日)の試合で決勝の1号3ランを放ったばかりだが、平石監督は「もともと、きょう使いたいと思っていた。オープン戦でもいい姿を見せてくれていたし、早めにデビューさせてあげたいということ」と意図を明かした。

     辰己は29日の開幕戦は出場機会がなく、前日(30日)に9回の守備からプロ初出場を果たしているが、打席にはまだ立っていない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00000092-sph-base

    引用元: 【楽天】ドラ1・辰己、初のスタメン出場へ

    【【楽天】ドラ1・辰己、初のスタメン出場へ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/18(月) 00:10:18.90 ID:ZlBGJnAe0
    no title

    いかんでしょ

    引用元: 【悲報】楽天辰己「(オコエには)面白さだけは負けない」

    【楽天辰己「(オコエには)面白さだけは負けない」 】の続きを読む

    18

    18:10~

    辰己 涼介選手、 太田 光選手、 渡邊 佳明選手

    NHK仙台てれまさむね

    毎年恒例、楽天イーグルス新入団選手の生出演。
    辰己選手、太田選手、渡邊選手の3名に今シーズンの意気込みなど、たっぷりとお話を伺います。

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/15(火) 18:36:46.35 ID:/fXgArcNd
    no title


    閖上小中学校の慰霊碑に献花し、手を合わせる八森校長(左端)と(同2人目から)清宮、小郷、佐藤、引地、辰己、太田、弓削、渡辺佳、鈴木(撮影・尾崎 有希)
     楽天の新入団10選手が15日、東日本大震災で甚大な被害のあった宮城県名取市の閖上地区を訪れた。昨年4月に小中一貫校として開校された閖上小中学校を訪問し、見学して回った。

     震災で名取市では911人が命を落としたが、うち750人は閖上地区が占めた。現在でも40人が行方不明となっている。
    地区全体を3メートルかさ上げして海抜5メートルとし、真新しい校舎の周辺には新築住宅も並び始めたが、まだ何もないまっさらな土地が多く、以前の町並みにはほど遠い。

     ドラフト1位の辰己涼介外野手(22=立命館大)は兵庫県神戸市出身。生まれた前年の95年1月17日に、阪神・淡路大震災が起きた。直接被災したわけではないが、20年以上経った今も残る震災の爪痕を見ながら、被災地という環境下で育ってきた。

     「家の周りに避難してきた方もおり、仮設住宅で生活している方だったりを見てきた」と当時を振り返る。神戸復興を願う「しあわせ運べるように」を歌い続け、プロ野球選手となった。

     「何かの縁があって東北に唯一あるプロ野球チームに入団できた。子どもの時は地元に何もできなかったですが、これからはプロ野球選手としてできることがあると思っています」と気持ちを新たに。

     まだ傷の癒えない閖上地区を前にして「まだ復興途中と改めて目の当たりにし、元気や勇気を与えられるように、一生懸命背番号7を背負い頑張っていきたいです」と誓った。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000154-spnannex-base

    引用元: 楽天、新人10選手が被災地・閖上地区訪問 神戸出身の辰己「プロとしてできることを」

    【楽天、新人10選手が被災地・閖上地区訪問 神戸出身の辰己「プロとしてできることを」 】の続きを読む

    このページのトップヘ