狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    ルーキー

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/28(金) 23:44:05.57 ID:e9btTy8S0
    割とええよな
    AADgL9x


    引用元: 楽天の渡邊佳明とかいう謎ルーキー

    【楽天の渡邊佳明とかいうルーキー 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/08(土) 21:44:13.98 ID:2HP4dfQQ0
    no title

    中日対楽天 楽天の勝利に貢献、ガッツポーズを見せるスタメン出場のルーキーカルテット。左から渡辺佳、小郷、辰己、太田(撮影・前岡正明)

    <日本生命セ・パ交流戦:中日1-2楽天>◇8日◇ナゴヤドーム

    令和のルーキー、いい波のってんね~! 楽天の新人3選手で中日ロメロを攻略した。同点の7回、先頭打者の辰己涼介外野手が右翼線へ二塁打を放ち、出塁。


    続く太田光捕手が投前に犠打を転がし三塁に進めると、最後は小郷裕哉外野手。カウント2-1から140キロのカットボールをスクイズした。勢いを殺した打球で、三塁走者の辰己が生還。小郷は「ワクワクした。フェアゾーンに落ちてホッとした」と胸を張った。

    若い力が勢いをもたらした。2回無死、右中間の打球を辰己がダイビングキャッチ。平石監督も「あれはビッグプレーどころじゃない」と絶賛した美技で、好機の芽を摘んだ。試合後、辰己は「起用した監督のファインプレーです」とまさかの天然発言。周囲を笑いに包んだ。

    お立ち台に上がった小郷を辰己、太田、渡辺佳が笑顔で見つめ、最後はスタメン出場した大卒新人4人で記念撮影。かつて銀次、枡田、阿部が名付けられた「泥んこ3兄弟」とは違う、「いい波4兄弟」が楽天を引っ張っていく。

    引用元: 楽天引っ張る新人4人衆「監督のファインプレー」

    【楽天引っ張る新人4人衆「監督のファインプレー」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/30(木) 14:19:09.92 ID:+3/vbUWZ0
    上げてきたな

    引用元: ここ一週間の楽天ドラ1辰己 打率.350出塁率.435長打率.600 OPS1.035

    【ここ一週間の楽天ドラ1辰己 打率.350出塁率.435長打率.600 OPS1.035 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/22(水) 12:13:51.02 ID:qaINU3X7d
    no title

    打撃練習の合間に談笑する小郷裕哉(右)と渡辺佳明(2019年3月6日撮影)

    引用元: 楽天7位小郷と6位渡辺に期待、練習中激突から復活

    【楽天7位小郷と6位渡辺に期待、練習中激突から復活 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/20(月) 12:15:43.83 ID:0OAMZLT6d
    no title

    降格も貴重な経験となった
     復調を感じさせる一発だった。5月6日の西武戦(メットライフ)、1点を追う3回だった。初めて二番で起用された辰己涼介が、本田のカットボールをバックスクリーンへ運んだ。ドラ1ルーキーのプロ初アーチが反撃の口火となり、チームは8点を奪って勝利。連敗を4で止めた。

     外れ1位とはいえ、巨人、阪神、ソフトバンクと4球団が競合した逸材。春季キャンプでは攻守走で光るものを見せ、開幕一軍入りを果たした。だがプロの世界は甘くなかった。打率.208と不振にあえぎ、4月22日に二軍落ち。平石洋介監督は期待を込めて「打撃だけ(が課題)ではない」と語った。

     二軍にいたのは10日間。「悔しかったけど力がないと再確認できた。少しでもレベルアップできた」。ほぼ連日、居残ってバットを振った。打撃はもちろん、走塁も一から鍛え直した。

    「自分の打撃を見失っていた」。意識したのは、中堅や逆方向への強い当たりだ。バックスクリーンへの一撃は、確かな自信につながる。「自分のポイントに来た球をミスせず打てた」と笑った。

     43打席目で一発は出たが、16試合に出場し盗塁は1つだけ。50メートル走を5秒7で駆け抜ける快足の持ち主としては、物足りない。平石監督は「今は余裕がある。ヒットが出て、気持ちも楽になったのではないか。プロの世界で、打率はメンタルが左右されるからね」とさらなる活躍を予想した。「原石」が今後どんな輝きを放つのか、楽しみにしたい。

    引用元: 楽天・辰己涼介 レベルアップできた10日感/本領発揮はこれからだ!

    【楽天・辰己涼介 レベルアップできた10日感/本領発揮はこれからだ! 】の続きを読む

    このページのトップヘ