狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    一周忌

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/05(土) 12:06:12.28 ID:b9mydC7Y0
    B38A74F9-B38A-4E3B-834E-ACCA9E4EEF31
     
    星野仙一さん(2014年1月21日撮影)
    <We love baseball>

    2018年は、星野さんがいなくなってから初めてのシーズンだった。あの人が死ぬなんて…一周忌を迎えても、何かの作り話な気がしてしょうがない。西武担当として国内を飛び回ったが「ここ、監督と来たなぁ」と思い出される場所がいくつもあった。

    何度も通ったメットライフドーム。ネット裏の階段を上り下りする。「負けると、これがつらい」とボヤいていたっけ。腰痛がひどくなってからは、こっそり観客用のエレベーターを使っていた。

    3月30日、札幌で迎えた日本ハムとの開幕戦の朝。あえて、楽天の定宿であるホテルに泊まった。担当記者とお茶会をしていたテラスに立つ。まだ寒い。それでも、隣のビルに描かれた壁画の男性は相変わらず、豪快にビールを飲んでいる。監督は見るたび「おっさん、寒くないんか」と笑っていた。

    7月14日、熊本でのオールスター第2戦。熊本駅に降り立った。九州学院のグラウンドを借りた練習日。明大の先輩で、大洋でプレーした松岡功祐さんの母校で「あの人の引退前に対戦して、ヒットを打たれた。『星野、ありがとう! ありがとう!』て叫びながら走っていった。先輩、そりゃないよ」と苦笑いしていた。

    熊本駅では、タクシー待ちの列で楽天の安部井本部長と会った。「昔、熊本で試合しましたよね。星野監督のこと、思い出しちゃって。今年は、そんな場所がいっぱいあります」と声をかけた。 
    「僕もそうです。このビルの前に立って、電話で星野さんに怒られたな、とか思い出します」と返ってきた。笑っているような、泣いているような、優しい顔だった。

    存在しなくなって、一層存在を感じる。圧倒的な存在感は、喪失感の裏返しだろう。似た感情を抱いたままの人は数え切れないと思う。【古川真弥=11~14年楽天担当】

    引用元: 星野さん亡くなって1年…一層増す圧倒的な存在感

    【星野さん亡くなって1年…一層増す圧倒的な存在感 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/05(土) 11:58:18.81 ID:b9mydC7Y0
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190104-00000258-sph-base
    昨年1月4日に亡くなった星野仙一氏の一周忌に半旗を掲げ、黙とうをささげる楽天の球団職員(カメラ・片岡 泰彦)
     楽天球団副会長だった故・星野仙一氏(享年70)の一周忌を迎えた4日、ゆかりのある楽天、中日、阪神が各地で故人をしのんだ。

     明大の後輩でもある楽天の島内が恩人に6年ぶりの日本一をささげることを誓った。楽天生命パークの室内練習場。自主トレで汗を流した島内は、星野さんへの思いを聞かれ、神妙な面持ちで口を開いた。
    「僕を本当に変えてくれた方なので、すごく感謝しています。今年こそ日本一という結果につなげたいですね。やってやろう、という気持ちは強いです。もっと稼ぎたいですし」

     入団3年目の14年。当時監督だった星野さんにカミナリを落とされた。「おまえは何のために野球をやっとるんや! もっとがめつくやれ!」。その言葉に目が覚めた。
    「前の年にガムシャラにやって年俸が上がったことで、現状に満足してしまっている自分がいたんです。そういう気持ちを奮い立たせてくれた、僕にとってはすごくプラスな方なんです」。当時3000万円だった年俸は今季、7800万円まで上がった。

     また、球団の仕事始めとなったこの日は、楽天生命パークに半旗を掲げて球団職員が黙とうをささげた。立花陽三球団社長(47)は本社業務で不在だったが「2013年以来の日本一に向けて、星野さんの『闘う気持ち』『お客さまを大切にする気持ち』を継承しましょう」という訓示が代読された。(片岡 泰彦)

    引用元: 【楽天】島内、恩人・星野さんに6年ぶり日本一ささげる



    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/04(金) 23:03:51.41 ID:xK1F25MW0

     84393F21-4607-41D1-9A1F-7DF76CDFF419
    中日の年賀式であいさつをする与田監督(撮影・前岡正明)
    中日与田剛監督(53)が闘将の愛情継承を誓った。4日に球団年賀式に出席し、約150人の関係者を前に新年のあいさつ。「誰に何と言われようと、優勝の2文字を目指して戦っていきたい。中日という文字をこれまで以上に見る機会が増えた。
    逆から見ると、日本の中心と取れる。野球界の中心として、精いっぱい戦いたい。ユニホームを脱がされるまで、はいつくばって戦う」と、8年ぶりのリーグ制覇に力を込めた。

    この日は、元中日監督だった星野仙一氏の一周忌。「ああいう方の教えを我々教え子が引き継げる。当然、星野さんにはなれない。怖いイメージがあるが、一番教わったのは愛情。選手やファンへの愛情を持っていた。思いをしっかりつないでいきたい」と話した。
    与田監督がドラフト1位で中日に入団した時の指揮官が星野氏だった。1年目の開幕戦で守護神に抜てきし、新人王と最優秀救援投手賞に導いてくれた忘れられない恩師だ。師匠が見せた愛情を継承することを誓った。

    しかし、鉄拳は引き継がない。15年オフに楽天球団副会長だった星野氏から投手コーチ就任を要請された。「(鉄拳も辞さない)星野流でいいですか」と確認すると「それはあかん」と、師匠から直々に却下。
    「選手が悪いことをしたら、叱る。でもそこは星野流じゃなく、やさしくします」と鉄拳封印を宣言した。「選手や子どもは宝物と星野さんが言ってたことが印象に残っている」。年末年始は千葉県内の自宅で、選手の映像やデータを確認した。キャンプインまで約1カ月。与田監督は、師匠の愛情を胸に、低迷するチームの再建に全力を注ぐ。

    引用元: 与田監督「優勝の2文字」恩師星野氏の一周忌に誓う

    【与田監督「優勝の2文字」恩師星野氏の一周忌に誓う 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/04(金) 14:00:30.18 ID:xK1F25MW0
    no title


    <楽天仕事始め>半旗が掲げられた球場で星野仙一さんの命日に黙とうする楽天球団職員(撮影・吉田 剛)
     楽天は4日、球団仕事始めを迎えた。この日は、昨年1月4日に急逝した故・星野仙一副会長の命日。楽天生命パークには半旗が掲げられ、球団職員60人がグラウンド内で黙とうを捧げた。

     球団コーポレート本部・岡田朋城本部長は、職員に向けて「昨年は星野副会長の良い報告ができなかった。今年こそ、良い報告ができるように一丸となって頑張っていきましょう」と話した。

    引用元: 故・星野仙一さん命日 楽天生命パークに半旗 球団職員60人が黙とう

    【故・星野仙一さん命日 楽天生命パークに半旗 球団職員60人が黙とう 】の続きを読む

    このページのトップヘ