狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    一次キャンプ

    1: 風吹けば狗鷲 2020/02/09(日) 23:53:19.15 ID:qPuVF8nS0
      楽天は9日、沖縄・久米島での1次キャンプを打ち上げた。野手は打撃練習などを行い、投手はブルペン投球などで汗を流した。


     三木肇監督(42)はチームの9日間を総括。「(キャンプの)点数はいらないかな。〇か×かで言ったら〇です。理由は選手がしっかり自主トレをしてきてくれた中で、本当に元気良くいろんなことに前向きに取り組んでくれてすごく良かった」と評価した。

     また、1次キャンプMVPについては「1人1人個性があるから全員気になったんですけど、強いて挙げるなら1年目の黒川ですかね」と高卒ドラ2を選んだ。

     チームはこの日沖縄本島へ移動。10日の休養日を挟み、11日から金武町で2次キャンプがスタートする。

    引用元: 【楽天】三木監督、久米島キャンプ総括「〇か×で言ったら〇」MVPはドラ2・黒川

    【【楽天】三木監督、久米島キャンプ総括「〇か×で言ったら〇」MVPはドラ2・黒川】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/02/09(日) 14:38:59.09 ID:X13Mt6nod

    2: 風吹けば狗鷲 2020/02/09(日) 14:39:32.52 ID:X13Mt6nod
    no title

    久米島キャンプを打ち上げ一本締めするキャプテンの楽天茂木(手前)(撮影・滝沢徹郎)

    4: 風吹けば狗鷲 2020/02/09(日) 14:39:50.74 ID:X13Mt6nod
    楽天は9日、沖縄・久米島での1軍1次キャンプを打ち上げた。
    午前9時から練習を開始。野手はシートノック、打撃練習、新外国人のJ・T・シャギワ(29=ドジャース)ら数投手がブルペン投球を行うなど約2時間半のメニューをみっちりと消化した。
    手締めのあいさつは今季からキャプテンに就任した茂木が務めた。「久米島キャンプお疲れさまでした。久米島の皆さま、ホテル関係者の皆さま、球場関係者の皆さま、監督、コーチ、スタッフ、たくさんの応援してくださった皆さま、本当にありがとうございました。皆さまのおかげで充実したキャンプを過ごせたと思います。
    選手の皆さまもお疲れさまでした。ですが、ここで終わりではありません。金武町に移ってから実戦が始まります。リーグ優勝、日本一へ向けてみんなで、チーム一丸で優勝目指して戦っていきましょう!」と意気込みを口にし、一本締めした。

    5: 風吹けば狗鷲 2020/02/09(日) 14:40:08.77 ID:X13Mt6nod
    三木監督は9日間の1次キャンプを終え「天気にも恵まれて選手もしっかり元気にできたのでよかった。主力、新人が入って、こちらとしては向かう方向をしっかり出して選手にいろんなことを求めている途中。選手もしっかり理解してくれているのかなと思う。金武町での実戦でいろいろと確認していきたい」と振り返った。
    「MVPは?」と問われると「みんな気になったけど強いて挙げるなら黒川」と高卒ルーキーをピックアップ。
    「どんな感じでやるのかなと思っていたが、高卒で想像以上にこんなにできるんだ、という感想。まだまだ課題はたくさんありますけど、しっかりチームとして鍛えていかないといけない」と期待を込めた。
    金武町での1軍2次キャンプは11日からスタート。13日の練習試合日本ハム戦(名護)から実戦が始まる。

    引用元: 楽天三木監督「MVPは黒川」1次キャンプ打ち上げ

    【楽天三木監督「MVPは黒川」1次キャンプ打ち上げ】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/01/22(水) 23:38:25.78 ID:5qGHiByZ0
    no title

    NPB12球団監督会議を終えて会場を出る楽天の三木監督(撮影・浅見桂子)
    no title

    NPB12球団監督会議に出席する楽天の三木監督(撮影・浅見桂子)

    楽天三木肇監督が昨季と同じく、沖縄・久米島での1次キャンプで紅白戦を行わない考えを明かした。

    東京五輪の影響で昨季より9日早い、3月20日の開幕となるが「慌ててやってもいいことはない。試合はないけど、実戦に近い形の練習は増えていくと」とサインプレーや攻撃のオプション拡大に重きを置く。初実戦は沖縄・金武2次キャンプが始まる2月11日以降となる。

    引用元: 三木監督「慌てても…」沖縄1次キャンプ紅白戦なし

    【三木監督「慌てても…」沖縄1次キャンプ紅白戦なし】の続きを読む

    このページのトップヘ