狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    一軍

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/29(火) 13:10:39.56 ID:PyvN4sok0
    一軍
    no title

    二軍
    no title

    引用元: 楽天の来季コーチングスタッフ発表

    【楽天の来季コーチングスタッフ発表 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/13(日) 10:41:21.15 ID:AVt6laYE0
    20191012-00000224-sph-000-6-view

     楽天が、野村克則2軍バッテリー兼守備作戦コーチ(46)を来季から1軍に昇格させる方向で調整していることが12日、分かった。チームは来季、ヘッドコーチを置かない方針で、戦略・作戦部門のコーチに就く見込み。


     2軍監督から昇格する三木肇新監督(42)とはヤクルト時代からの盟友で、今季は石井GMに請われ、そろって移籍。2軍で名コンビぶりを発揮し、チームを球団創設15年目で初のイースタン制覇に導いている。

    かつて楽天も指揮した父・克也氏(84)から受け継いだ野球理論に定評があるほか、明るい性格でベンチ内に活気をもたらすことも期待されそうだ。


     また、2軍監督に今季まで中日で内野守備走塁コーチを務めていた奈良原浩氏(51)を招へいすることも分かった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000224-sph-base

    引用元: 楽天カツノリ、一軍作戦コーチへ

    【楽天カツノリ、一軍作戦コーチへ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/06(日) 10:57:35.42 ID:U9xnOnLZ0

    引用元: オコエCS初アーチ 責任を自覚した新幹線代とは

    【オコエCS初アーチ 責任を自覚した新幹線代とは 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/27(金) 00:09:05.98 ID:BM4ImaMz0
    no title

    楽天対西武 勝利の風船が舞う中、勝利球を受け取る楽天由規(撮影・足立雅史)
    <楽天7-1西武>◇26日◇楽天生命パーク

    楽天由規投手(29)が481日ぶり、移籍後初めて1軍マウンドに上がった。

    仙台が、東北が、待っていた。6点差の9回、悲鳴に近い歓声が球場を包んだ。マウンドに上がったのは背番号63、楽天のユニホームに身を包んだ由規。
    育成契約から支配下契約を勝ち取り、ようやくたどり着いたことをファンは知っていた。ヤクルト時代の昨年6月2日に楽天生命パークで投げて以来の復活登板。試合前、平石洋介監督は「生きざまを見せてほしい」と送り出した。

    初球から全開だった。代打愛斗に外角低め148キロ直球。判定はボールだったが続けた。147キロ直球でファウル、146キロ直球でファウルを奪い、追い込んだ。
    1球、149キロ直球は外れたが、5球目、135キロ高めのスライダーで空振り三振を奪った。

    「1球投げたらイメージと違った球がいった。でも技術的にどうこうはできないので、気持ちでいくしかないと。ファウル、空振りをしてくれて、良い方向に進んだと思う。ホッとしてます。
    原点に返って、気持ちで抑えるというのを久々に体で感じた。野球選手として忘れちゃいけないことだなと思いました」。生まれ育った故郷で、野球選手としての闘争心に火が付いた。

    だからこそ、押し込んだ。続く木村はカウント2-2から150キロ直球で一ゴロ。最後の熊代は2球で追い込み、147キロ外角高めの直球で空振り三振に仕留めた。全13球中、直球が10球。最速は150キロを計測した。1回無安打無失点2奪三振。
    試合を締めると、球場中から大きな拍手が起こった。「地元のパワーというか、大きな声援をいただいた。浸りたかったですね」とファンの声が力になった。

    仙台生まれの右腕が最終戦で見せた力投。「CSに向けて、チームに好影響を与えられたら。こういうところで投げさせてもらった。今後に生かしていきたい」。復活の足跡を堂々と記した。

    引用元: 楽天由規が481日ぶり、移籍初1軍登板で3人斬り

    【楽天由規が481日ぶり、移籍初1軍登板で3人斬り 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/17(水) 01:27:40.42 ID:C3ie9C8y0
    no title

    イースタンリーグ楽天対日本ハム 2番手で4回無安打無失点と好投した楽天弓削


    <イースタン・リーグ:楽天7−0日本ハム>◇16日◇ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉

    楽天新人の弓削隼人投手が、1軍デビューとなった4日以来の登板で、4回無安打と貫禄の投球を見せた。
    「1軍の経験が生きて落ち着いて投げられた」。デビュー戦では5回途中、あとアウト2つの場面で降板、直後に2軍行きを伝えられた。
    「本調子ではなかったので、2軍でしっかりトレーニングしていこうと思った」とプラスにとらえた。再昇格には「なかなか入るスキはないですけど、食い込めるよう準備したい」と頼もしい表情を見せた。
    https://news.biglobe.ne.jp/sports/0416/nsp_190416_7396528995.html

    引用元: 楽天弓削「1軍経験生きた」どっしり貫禄4回無安打

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/11(木) 22:26:00.98 ID:UFNSllAV0
    no title

    楽天小野郁(2019年2月4日撮影)


    楽天小野郁投手(22)が11日、1軍に合流した。
    キャンプ1軍スタートも、序盤でインフルエンザに感染して離脱を余儀なくされた。昨季イースタン・リーグでセーブ王となり、今季も2軍では抑えに固定。石井貴2軍投手コーチから助言を受け、これまであまり使ってこなかったフォークの精度を磨いてきた。
    当面はビハインドの展開での登板が見込まれ「中継ぎの状態がいい中で呼んでもらった。任されたところをしっかりゼロで抑えて、信頼を勝ち取っていきたい」と気合を入れた。

    引用元: 楽天小野1軍合流に気合「信頼勝ち取っていきたい」

    【楽天小野1軍合流に気合「信頼勝ち取っていきたい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/01(月) 21:16:26.78 ID:epVbLXi50
    no title

    楽天・釜田佳直【写真:荒川祐史】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00334173-fullcount-base

    イースタン・リーグ日本ハム戦(鎌ケ谷)では6回無安打無失点と好投を見せる


     昨年6月に右肩と右肘の手術を受けた楽天・釜田佳直投手。一歩、一歩、復帰への道を進み、3月24日のイースタン・リーグ日本ハム戦(鎌ケ谷)では6回無安打無失点と好投した。1軍のマウンドを目指す現在の思いを聞いた。


    「いつ、どうなるかは分からないので常に気は張っていますが、体、元気ですね」

     そう語る声には張りがあった。楽天の8年目右腕・釜田の声だ。

     昨年6月25日、釜田が受けた手術は「右肩ベネット骨棘切除術および後方関節包解離術」と「右肘クリーニング術」。復帰まで6ヶ月と診断された。最初はわずかだった痛みが「もう、手術しないと投げられない状態」と言うほどで決断した。

    「手術をしなければそのまま終わっている。手術をやってみてどうなるかも、やってみないとわからないと思ったので、後悔はなかったです。それから、なぜ、そうなったのかという原因をしっかり突き詰めて手術に臨めたので良かったなと思います」

     釜田の右肘は曲げ伸ばしがしづらい。その分、投球後のフォロースルーで逃がせられなかった力で肩に負担がかかったという。

    「肩に骨棘ができて、関節の袋に擦れるわけですよ。それが炎症して硬くなってきます。結局、肩の可動域も全然、なくなった。投げに行く時も痛いし、止まる時にも痛い。だんだん、痛みがひどくなってきて、これは手術をやるしかないな、と思いました」

    引用元: 見えてきた1軍 「後悔はしていない」楽天・釜田が手術を受けて得られたこと

    【見えてきた1軍 「後悔はしていない」楽天・釜田が手術を受けて得られたこと 】の続きを読む

    このページのトップヘ