狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    三者凡退

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/27(金) 00:09:05.98 ID:BM4ImaMz0
    no title

    楽天対西武 勝利の風船が舞う中、勝利球を受け取る楽天由規(撮影・足立雅史)
    <楽天7-1西武>◇26日◇楽天生命パーク

    楽天由規投手(29)が481日ぶり、移籍後初めて1軍マウンドに上がった。

    仙台が、東北が、待っていた。6点差の9回、悲鳴に近い歓声が球場を包んだ。マウンドに上がったのは背番号63、楽天のユニホームに身を包んだ由規。
    育成契約から支配下契約を勝ち取り、ようやくたどり着いたことをファンは知っていた。ヤクルト時代の昨年6月2日に楽天生命パークで投げて以来の復活登板。試合前、平石洋介監督は「生きざまを見せてほしい」と送り出した。

    初球から全開だった。代打愛斗に外角低め148キロ直球。判定はボールだったが続けた。147キロ直球でファウル、146キロ直球でファウルを奪い、追い込んだ。
    1球、149キロ直球は外れたが、5球目、135キロ高めのスライダーで空振り三振を奪った。

    「1球投げたらイメージと違った球がいった。でも技術的にどうこうはできないので、気持ちでいくしかないと。ファウル、空振りをしてくれて、良い方向に進んだと思う。ホッとしてます。
    原点に返って、気持ちで抑えるというのを久々に体で感じた。野球選手として忘れちゃいけないことだなと思いました」。生まれ育った故郷で、野球選手としての闘争心に火が付いた。

    だからこそ、押し込んだ。続く木村はカウント2-2から150キロ直球で一ゴロ。最後の熊代は2球で追い込み、147キロ外角高めの直球で空振り三振に仕留めた。全13球中、直球が10球。最速は150キロを計測した。1回無安打無失点2奪三振。
    試合を締めると、球場中から大きな拍手が起こった。「地元のパワーというか、大きな声援をいただいた。浸りたかったですね」とファンの声が力になった。

    仙台生まれの右腕が最終戦で見せた力投。「CSに向けて、チームに好影響を与えられたら。こういうところで投げさせてもらった。今後に生かしていきたい」。復活の足跡を堂々と記した。

    引用元: 楽天由規が481日ぶり、移籍初1軍登板で3人斬り

    【楽天由規が481日ぶり、移籍初1軍登板で3人斬り 】の続きを読む

    0EDDCAE2-3872-4BD5-BC4E-8ABAD7DB6836

    MLB対日本 9回、最後をきっちり締め握手を交わす松井裕樹(左)と甲斐拓也(撮影・清水貴仁)
    2018日米野球MLB選抜6-12日本>◇第2戦◇10日◇東京ドーム

    楽天松井裕樹投手(23)が9回から登板し、3人でピシャリと抑えた。先頭打者ピラーを直球で見逃し三振に仕留めると、続くテーラーを遊直、ロサリオと三ゴロと3者凡退で試合を締めた。

    「浮いた球は簡単にホームランにされてしまうので、高さに気をつけて投げられました。投げる場所に関係なく、チームのために投げたい」と話した。 

    このページのトップヘ