狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    中畑清

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/13(水) 19:28:04.13 ID:wD6t0FOJ0
    no title



    <楽天キャンプ>中畑清氏(左)と談笑するオコエ(撮影・三島 英忠)
     ◇楽天春季キャンプ(2019年2月13日)

     スポニチ本紙評論家の中畑清氏が、キャンプ地訪問でセ、パ12球団を制覇した。

     宮崎から鹿児島経由で沖縄入りし、その足で楽天の金武キャンプに足を運んだ。日本ハムは国頭での2軍キャンプを訪問しており、精力的に動き回る中畑氏は「今日で全て回ったよ!」と笑顔で話した。

     楽天キャンプはあいにくの雨にグラウンドが使用できなかったが、中畑氏は打撃ケージ横で平石監督とともに選手に熱視線。オコエには下半身を使った打撃フォームを熱血指導し、新加入の浅村とあいさつを交わすなどした。

     視察を終えた中畑氏はファンと記念撮影に収まるなど最後まで笑顔でサービス。「平石監督からは、新戦力を含めて(期待の選手の)名前がポンポン出てきた。実戦でガンガン使っていくはずだし、楽しみだね」と話して球場を後にした。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190213-00000140-spnannex-base

    引用元: 【朗報】中畑清さん、オコエを熱血指導

    【【朗報】中畑清さん、オコエを熱血指導 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/08/27(月) 16:35:46.16 ID:e+eJgKmu0
    https://youtu.be/CoaVt6seivY


    テレ東で「吉田くんは1位と決めてる」「私は”まだ”監督じゃないんだけれども」と口を滑らす

    なお楽天新GM石井一久もスカウト会議で一位吉田を決定した模様
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00312106-nksports-base
    この日、行われたスカウト会議にも出席。今夏の甲子園でブレークした金足農(秋田)の吉田輝星投手(3年)について問われると
    「素晴らしい投手。甲子園でさらにたくましくなった。1つ勝つごとに、球の質、マウンドの立ち姿が良くなった。秋田から東京に着く前に仙台の駅があるので、立ち寄ってほしい。
    是非、東北の方でプレーしてほしいと思います。こればかりはご縁なので、分かりませんが」と独特の口調でラブコールを送った。

    引用元: 楽天中畑監督&ドラ1楽天吉田爆誕かwywywywywywywywywywywywywywyw

    【楽天中畑監督の可能性&ドラ1吉田輝星か】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/06/20(水) 12:19:24.63 ID:MHhWtnIz0
    「候補として浮上するのが、監督としての現場復帰に意欲を燃やす前DeNA監督の中畑清さんです」とは、さる放送関係者。

    「中畑さんは福島出身で、東北地方では絶大な人気がある。DeNA監督時代は、前身の横浜時代に4年連続最下位だったチームの再建に取り組んだ。
    持ち前の明るさと発信力でファンサービスを徹底、閑古鳥が鳴いていた横浜スタジアムにファンが殺到するようになった。
    グラウンドでは選手を『元気を出せ、覇気を出せ、あきらめるな』と鼓舞し続けた。今の楽天に足りないところを埋められる存在といえます」

    さらに、さる楽天OBは、「メジャーやヤクルトなどで投手として活躍した石井一久さんも候補に挙がっている」と、こう続ける。

    「楽天でのプレー経験はありませんが、野村監督時代の楽天が、当時ヤクルトからFA宣言した石井さんの獲得に乗り出した経緯がある。
    引退後は解説者として楽天を訪問した際に、三木谷オーナーと顔を合わせてもいる。オーナーは、日米で活躍を果たし、引退後に吉本興業に入社するなど独特の個性を持つ石井さんを高く評価していると聞きます。
    昨年、『ポスト梨田』の調査が行われた際にも、後任候補として名前が挙がっています」

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000028-nkgendai-base

    引用元: 楽天次季監督に中畑清と石井一久

    【楽天次季監督に中畑清と石井一久 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/06(火) 12:21:57.93 ID:Gogdff470
    no title

    同郷のルーキー、楽天育成ドラフト2位の松本京志郎を激励する中畑氏
     東京から着ていったコートが脱げない。楽天がキャンプを張る久米島を訪れた3日。気温は15度あっても小雨交じりの曇天で海風が強い。震えながら6年前を思い出したよ。DeNA監督就任1年目の宜野湾キャンプ。いきなりインフルエンザにかかった。あのときの寒さに似てるんだ。

     その久米島で心温まる出会いがあった。内野手の内田靖人、西巻賢二、外野手の八百板卓丸。我が故郷、福島県出身の3人があいさつに来てくれた。福島県出身のプロ野球選手は少ない。子供の頃に覚えているのはオール常磐から1968年ドラフト3位で巨人に入った矢部祐一さん。1軍出場は5試合でも、地元出身の選手が巨人にいるってだけで誇らしかった。

     福島県人が同じチームに3人いるだけで驚いていたのに、同じ久米島で練習する2軍にあと2人いるという。投手の横山貴明と育成ドラフト2位で今年入った内野手の松本京志郎。会いに行ったよ。

     なまりを共有する同県人。話すのはみんな初めてだと思っていたら、歌舞伎役者みたいな名前の松本には声を掛けたことがあったらしい。私が現役時代から矢吹町で開催している「中畑清旗争奪ソフトボール大会」に出場した小学5年生の彼に「間(タイミング)がいい。頑張ればプロ野球選手になれるぞ」と話したという。

     それが現実となり、こうして再会できたのだからドラマだよ。矢吹町と同じ西白河郡の西郷村生まれで高校は矢吹町にある光南に通った京志郎。地元中の地元の後輩だ。

     右投げ左打ち。1メートル72と小柄だけど、体全体を使ってバットを振り抜く力がある。しっかり振り込んで160キロ近い速球に振り負けないスイングを身に付ければ、シュアでパンチ力もある若松勉さんのような打者になる可能性を秘めている。

     福島県人のプロ野球選手は現在8人。そのうち5人までが東北を拠点とする楽天にいるってのは凄いな。九州出身者を積極的に獲っているソフトバンク同様、地域密着のチームづくり。うれしいじゃないの。

     新たな楽しみを与えてくれたキャンプ地での出会い。同郷の諸君、期待してるからね。頑張っぱい!(スポニチ本紙評論家・中畑 清)

    引用元: 【中畑清 キヨシスタイル】福島県人 楽天・松本との“再会”に感激

    【【中畑清 キヨシスタイル】福島県人 楽天・松本との“再会”に感激 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/03(土) 15:44:34.66 ID:zO8uo9wc0
    no title

    引用元: オコエ、キヨシとツーショット.ww.ww.ww.ww.ww.ww

    【オコエ、キヨシとツーショット.ww.ww.ww.ww.ww.ww 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 投稿日:2016/04/29(金) 10:03:30.94 ID:Ri7k6yQZM.n
    13:55~16:00
    プロ野球~京セラドーム
    オリックス×楽天
    中畑清
    ▽オリ姫集結!
    野球観戦が変わる新機シャッターカム導入!!
    楽天はエース則本が先発
    驚異の奪三振王ほえる

    引用元: テレ東、とんでもないカードを地上波中継

    【テレ東、とんでもないカードを地上波中継】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/25(日) 16:19:13.86 ID:/WxKERgGa.net
    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151025-00964507-sspa-soci
    昨年、大久保新監督が誕生した際には、たとえば星野氏のような厳格なタイプの指揮官ではなく
    親しみのあるニュータイプの指揮官としての期待もあった。
    だが、実は楽天からはそうした姿勢は求められていなかったとも話す。

    「球団からはデーブ大久保ではなく大久保博元として威厳ある態度を取ってほしいと言われていました。
    『デーブ』という呼び方ひとつでも考えてほしいと。でも、内心ではDeNAの中畑(清)監督を見て
    めちゃめちゃうらやましいと思っていました。僕はどちらかと言えば、あのタイプ。
    言いたいことを言ってしまうから敵が増えるのもわかっているんです。
    ただ、そろそろ皆さんに好かれたいと思いながら監督をやっていたらクビになりました(笑)」
    no title

    杜の都仙台を代表する広瀬川で黄昏る大久保博元さん

    引用元: デーブ「中畑みたいなキャラでいく」楽天「ダメです

    【デーブ「中畑みたいなキャラでいく」楽天「ダメです】の続きを読む

    このページのトップヘ