狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    中継ぎ

    ◆ソフトバンク4―6楽天(25日・福岡ヤフオクドーム)

     侍ジャパン・稲葉篤紀監督(45)の12球団視察第2弾はソフトバンク―楽天戦(ヤフオクD)。国際舞台で切り札になるリリーフ左腕に着目した。侍組の楽天・松井の現状はどう映ったか。

     8回から登板した松井は1死後、中村晃を二ゴロ、柳田との侍対決を空振り三振で制した。今年は不調で守護神からセットアッパーに配置転換されたが、稲葉監督は「悪い時にどうするかが大事。ソフトバンクの左の2人をしっかり抑えられた」と復調ぶりを見届けた。

     11月の日米野球に加え、10月のU―23W杯(ニカラグア)でも指揮を執る。「監督経験が重要。投手交代だったり、自分自身の勉強をしたい」と試合中盤以降の継投を主眼に置く。「大王」の異名を取る台湾・ラミゴの王柏融(ワン・ボーロン)ら「アジアには左の強打者が多い」。ベンチ入りが24人に限られそうな五輪では、「左のリリーフは重要になってくる」。イニング途中からもOKな救援専門の左キラーが、アジア勢撃破のカギを握る。

     22歳で実績もある松井にかかる期待は大きい。楽天勢では変則サイドの高梨も貴重なワンポイントで食い込む余地がある。

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     全てが凝縮されている、重みのある言葉だった。楽天久保は「また野球が出来る。契約してもらえる。本当に、そこですね。楽しくやっていきたい」と満面の笑みで話した。5日に支配下登録された。昨季からテスト入団で楽天に加わるも、9月に「右第4、5手血流低下」と診断され、同10月に戦力外を受けた。今季は育成選手として再出発。プロ16年目のベテランは故障を完治させ、背番号「091」から「91」を勝ち取った。

    【写真】笑顔でランニングする楽天久保

     松坂世代の37歳。巨人時代に同僚だったBC栃木・村田の話題になると、さらに言葉に力を込めた。

     久保 良かったですよね。もちろん彼らの活躍が刺激になるし、野球が出来ることの幸せというものを感じますよね。

     ともに第一線でやってきた間柄だからこそ、分かるものがある。そんな表情だった。「僕らも、もう若くないので。明るく元気に頑張りたい」と続けた。既に現役を引退した元ヤクルト新垣、元日本ハム多田野などもいれば、久保や村田、ソフトバンク和田のように現役を続ける選手も多数いる。

     限りある時間。1日、1日の過ごし方が、未来を左右する。そんなことを考えさせられる言葉だった。【楽天担当 栗田尚樹】

     ◇パ・リーグ 楽天5―2オリックス(2018年5月12日 京セラD)

     楽天が4月19、20日以来、今季2度目の連勝を飾った。

     松井が3点リードの8回に登板。リードした展開での中継ぎは今季初だが「8回を投げる時間を無駄にしたくない」と小谷野に四球を与えたが、後続を打ち取った。史上最年少での通算100セーブにあと「2」と迫るが、今季はすでに3敗。梨田監督は「ショック療法というか、調子が戻れば戻す」と暫定でハーマンを守護神に指名。松井も「野球人生を振り返ってプラスにしたい」と前向きだ。

     最下位に低迷する楽天にあって、明るい要素もある。5日に育成契約から支配下登録され1軍に昇格した37歳右腕、久保裕也投手の存在だ。5日の試合前練習後には報道陣の待つ球場内通路で「いえーい!!帰って来ましたー!!」と大きな声で喜びを表現した。

     昨年は中継ぎで27試合3勝1敗6ホールドの成績を残したが、9月に右手の薬指、小指に血行障害の症状が出て登録を抹消された。10月には戦力外通告を受け、育成選手として再契約。11月には手術を受けたが「血管が詰まっていたら、開かなければいけなかったが、血管に手を付けずに済んだ」と最悪の事態は免れた。

     約1カ月の投げられない時期はあったが、昨年末には投球を再開。キャンプは2軍となったが、リハビリと調整を重ね、再び支配下登録を勝ち取った。「本当は開幕前に(1軍に)上がれたら良かったが、そんなにうまくいく訳もなく。でも比較的早い段階で1軍に呼んでもらえたので精一杯頑張りたい」と意気込んだ。

     いわゆる松坂世代。初勝利を挙げた中日・松坂には「頑張ってるなと思った」と刺激を受けている。既に中継ぎで2試合に登板し防御率は3・00だが、比較的安定した投球を披露している。練習着の袖の番号はまだ、育成時代の「091」。「0」を自らニッパーで取ろうとしたがうまくいかず「刺繍が二重になってるんですよ。しぶといです」笑う37歳。袖の「0」は取れなくても、チームの浮上のために身を粉にして奮投する姿を見れば、誰もが育成選手だったことは忘れるはずだ。(記者コラム・黒野 有仁)

    【楽天の“松坂世代”久保 チームの浮上へ奮闘 5日に育成契約から支配下登録】の続きを読む

    【楽天】福山、同点の延長10回に4失点「僕が試合を崩してしまった」

    ◆楽天3―7ロッテ=延長10回=(25日・楽天生命パーク)

     楽天・福山博之投手(29)が、同点の延長10回にロッテ打線に4安打を浴びて4点を失い、勝ち越しを許した。11試合目の登板で今季初黒星を喫した福山は「みんなが粘ってくれたのに、僕が試合を崩してしまって申し訳ないです」と頭を下げた。

     「ブルペンの状態はよかったと聞いていたけど」と梨田監督。ブルペンを担当する森山投手コーチも「ブルペンは絶好調だった」と証言した。

     だが、昨季防御率1・06と抜群の安定感を見せた福山はここまで11試合で防御率6・57。1死二塁で荻野に対してボールが頭部付近にすっぽ抜けて暴投となる珍しいシーンもあった。ここまで守護神・松井も9試合中6試合で失点と調子に乗れず、4年連続65試合以上登板の鉄腕・福山も不安定。指揮官も「(救援陣を)しっかり整備しないといけない」と頭を抱えていた。

    【【楽天】福山、同点の延長10回に4失点「僕が試合を崩してしまった」】の続きを読む

    【楽天】青山、今季初の1軍合流 ブルペンから悪い流れ断つ

    ◆楽天―ロッテ=雨天中止=(24日・楽天生命パーク宮城)

     楽天の青山浩二投手(34)が24日、今季1軍初合流。降雨のため、ロッテ戦(楽天生命)が中止となり、登録は見送られたが、25日に昇格する予定だ。ここまで借金8と波に乗れないチームに、通算500試合登板を誇るベテランが落ち着きをもたらす。

     満を持して1軍の舞台に戻ってきた。ファームでは7試合に登板し1勝0敗、防御率1・29。チェンジアップ、カットボール、縦スラなど球種も増えたが「真っすぐが良くなってきているから、そこは手応えがある。低めに、思った高さにいくようになってきた」とうなずいた。

     刺激を受ける対戦もあった。19日のイースタン・リーグ日本ハム戦(森林どり泉)、延長10回2死二、三塁で清宮を迎えた。ファウルで粘られたが、14球目のフォークで左飛。その翌日に清宮が、2軍でのプロ初本塁打を放ったこともあり「いい練習相手になったんじゃないですか」と笑ったが、「そこから状態は上がってます」と自信ものぞかせた。

     チーム状態については「かみ合っていないな、と。流れが悪い」と、我慢のときであることを強調。「いけと言われたところでいくだけ。結果を出して、より多く投げられるようにしたい」と話した右腕が、ブルペンからチームに安心感を与える。(山口 泰史)

    【【楽天】青山、今季初の1軍合流 ブルペンから悪い流れ断つ】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/04/16(月) 11:35:13.76 ID:KSXP6BMx0
    ついに覚醒か

    引用元: 楽天濱矢 防御率1.35奪三振率9.45与四球率0.00WHIP0.75

    【楽天濱矢 防御率1.35奪三振率9.45与四球率0.00WHIP0.75 】の続きを読む

    このページのトップヘ