狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    中継ぎ起用

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/06(金) 17:08:02.86 ID:swDKPkmI0.net
    今季から中継ぎに転向した松井は、2-4の9回に4番手として登板。先頭の今浪を変化球で空振り三振に仕留めると、続く荒木は直球で空振り三振。最後は、昨年、セ・リーグトップの193安打をマークした山田をフルカウントから空振り三振に切って取った。

     オープン戦は3試合に登板して自責ゼロ。2月28日のソフトバンク戦では連打と味方の失策絡みで2点を失ったものの、防御率は0.00のままだ。
    no title

    引用元: 松井祐樹のリリーフが成功している件

    【松井祐樹のリリーフが成功している件】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/06(金) 08:13:22.10 ID:/613p1z10.net
    デーブ監督に秘策第2先発制「2人で5回もある」
    http://cf-origin-bitisle-www.nikkansports.com/baseball/news/1442726.html
    楽天が科学的根拠に基づいた第2先発投手を置く。
    5日、倉敷マスカットスタジアムで練習した大久保博元監督(48)は、
    チーム戦略室の山本一郎アドバイザー(42)らと約3時間にわたり話し合い、今後の方針を確認した。
    第2先発以外でも、細かなデータに基づき、役割や強化策を決めていく予定。科学の力を味方につける。

    マスカットスタジアムの一塁側監督室から出てきた大久保監督は、チーム戦略室の面々との話の内容を説明した。
    「選手によっては2人で5回を任せる形になる。第2先発をつくる上で、どういう組み合わせがいいのか、話をしました」。
    今後のチームの戦い方や、出して欲しい資料などについて話を重ねるうちに、第2先発の必要性に行き着いた。
    no title

    引用元: デーブ、科学的根拠に基づいた第2先発制を導入

    【デーブ、科学的根拠に基づいた第2先発制を導入】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/05(木) 23:42:34.16 ID:bNIygFmD0.net
    楽天の大久保新監督が中継ぎの起用法について、画期的なプランを披露した。
    「中継ぎはローテーション制にしたい。8人を2つに分けて、4人が2週間、目いっぱい放ったら2軍に落として、
    下から4人上げる。そうすれば1年間、楽に回る」。いわば中継ぎの「ターンオーバー制」。
    中継ぎの負担を軽減して常にフレッシュな状態で登板させたいという狙いだ。

    試合では早めの継投で、どんどん投手をつぎ込む。かつてプロゴルファーを目指し、トーナメントの出場経験もある指揮官は、その理由をゴルフに例えた。
    「前半10オーバーで回ったら、後半10アンダーでは回れない。それと同じでマウンドで修正するというのは、なかなかできない。だったら代えて相手にハマる投手を投げさせた方がいい」。
    西武の打撃コーチ時代にアーリーワークを真っ先に実践するなど、球界の常識にとらわれない柔軟な発想の持ち主だけに、投手起用にも独自の考えを明かした。
    今季の防御率はリーグ5位の3・97。中継ぎのローテーション制という新たな発想で、日本一になった昨季のような強力投手陣を再構築する。

    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/20/kiji/K20141020009135490.html

    引用元: 楽天中継ぎ「ターンオーバー制」へ

    【楽天中継ぎ「ターンオーバー制」へ】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/03(火) 12:23:57.08 ID:HvRJRTL400303.net
    デーブ「球数が少なくなるから」

    そうなのですか?
    no title

    引用元: デーブ「むしろ松井裕を壊さない為に中継ぎ」

    【デーブ「むしろ松井裕を壊さない為に中継ぎ」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/10/20(月) 05:52:28.98 ID:NWwEEF/A.net
    楽天の大久保新監督が中継ぎの起用法について、画期的なプランを披露した。
    「中継ぎはローテーション制にしたい。8人を2つに分けて、4人が2週間、目いっぱい放ったら2軍に落として、
    下から4人上げる。そうすれば1年間、楽に回る」。いわば中継ぎの「ターンオーバー制」。
    中継ぎの負担を軽減して常にフレッシュな状態で登板させたいという狙いだ。

    試合では早めの継投で、どんどん投手をつぎ込む。かつてプロゴルファーを目指し、トーナメントの出場経験もある指揮官は、その理由をゴルフに例えた。
    「前半10オーバーで回ったら、後半10アンダーでは回れない。それと同じでマウンドで修正するというのは、なかなかできない。だったら代えて相手にハマる投手を投げさせた方がいい」。
    西武の打撃コーチ時代にアーリーワークを真っ先に実践するなど、球界の常識にとらわれない柔軟な発想の持ち主だけに、投手起用にも独自の考えを明かした。
    今季の防御率はリーグ5位の3・97。中継ぎのローテーション制という新たな発想で、日本一になった昨季のような強力投手陣を再構築する。

    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/10/20/kiji/K20141020009135490.html

    引用元: 楽天中継ぎ「ターンオーバー制」へ

    【楽天中継ぎ「ターンオーバー制」へ】の続きを読む

    このページのトップヘ