狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    交流戦

     (セ・パ交流戦、楽天4-0中日、3回戦、楽天2勝1敗、14日、楽天生命)楽天がこのカード2勝1敗とし、今季初めて本拠地3連戦での勝ち越しを決めた。先発した岸孝之投手(33)が8回109球4安打無失点と好投し6勝目(1敗)。節目の交流戦通算20勝をマークした。

     「吉見がすごくいいピッチングをしていた。それに乗っかって、だんだんよくなってきた」

     岸と吉見は1984年生まれの同い年。戦ってきたリーグこそ違うが、ともに10年以上もプロの第一線で戦ってきた好投手同士だ。年に1度あるかないかの投げ合いを「すごく楽しみにしていた」と岸。八回一死までは1-0と緊迫した投手戦が続き、「あっち(吉見)もよかったので、点をとられたくないと思って投げた」。意地と意地のぶつかり合いが見応えのある試合を作った。

     九回は守護神のハーマンにマウンドを譲り、昨年の移籍からは初となる本拠地での完封はおあずけとなったが、これで自身は5連勝。防御率は1・91でリーグトップだ。梨田監督は「安定している。素晴らしいピッチングを披露してくれた」と喜んだ。

    【楽天・岸、節目の交流戦通算20勝をマーク 同い年の中日・吉見との投手戦制す】の続きを読む

     毎年6月の風物詩となっている、日本生命セ・パ交流戦も中止の分を除くと、残り2カードになった。私が担当している楽天は、11試合を戦って、勝ったのは巨人にだけ。2勝9敗と大きく負け越して、苦しい戦いが続いている。

     今では年間18試合になった交流戦。1チームと戦うのは3試合とあって、調子のいいチーム、苦戦するチームと様々だが、球界関係者は数少ない楽しみを満喫する時期でもある。楽天で言うと栗原打撃コーチが、かつて4番を務めた広島に引退後初めて凱旋(がいせん)。打撃コーチとしては何とも言えない3戦1得点と、古巣に返り討ちとなってしまったが、広島ファンからの声援は選手以上だった。巨人戦でプロ5年目で初勝利をつかんだ古川は、1週間前のDeNA戦で初安打初打点の方が先。パのピッチャーでは極めて珍しい事態も生まれた。

     残念ながら、ファンの方々は見る機会が少ないかも知れないが、試合前練習の時間帯も、記者にとっては新しい発見も多い。顔見知りの先輩が相手チームにいれば、練習中にあいさつに行くのが球界の常識。高校や大学の先輩はもちろん、侍ジャパンで戦ったチームメート、古巣のコーチ…など、そのつながりは挙げたらきりがない。

     もちろん同一リーグ同士で行うことだが、交流戦は普段見ることが出来ない、カードとあって、何とも新鮮だ。17年WBCをともに戦った則本と坂本勇が笑って話し、藤田や渡辺直は古巣DeNA戦は大忙しだった。

     他にも、交流戦絶好調の田中は、巨人戦の取材に来ていた立大の先輩で日本テレビの上重アナウンサーと握手をして「めっちゃかっこよかったです」と感心。島井が、一目散に快足を飛ばして向かった先はなんと巨人・高橋由伸監督だった。聞けば沖縄の社会人チーム・ビッグ開発ベースボールクラブに所属していた時に巨人のキャンプや由伸監督の自主トレを手伝っていたという。人とのつながりは様々で、意外な組み合わせもあるもんだと、取材不足を思い知らされる毎日だ。

     2年に1度しかいけない地での試合とあって、名物料理を食べたり、知人に会ったりと心待ちにしている選手が多い交流戦。そういえば、仙台に来たつば九郎も大人気だった。かつては6試合×6チームの36試合だったが、半分の18試合になって希少価値が高まったからこそ、楽しめる部分も多いかも知れない。

     地元凱旋(がいせん)本塁打や、古巣からの初勝利―。交流戦ならではの、見所も多い。もっと見たい気もするが、少ないからこそ味わえる楽しみなのかもしれない。今年もそんな交流戦が残り1週間で終わってしまう。(記者コラム・安藤 宏太)

    【楽天・島井がなぜ由伸監督にあいさつに…交流戦の試合前練習で見つけた意外な人間関係】の続きを読む

    日本生命セ・パ交流戦:広島2-1楽天>◇9日◇マツダスタジアム

     楽天が接戦を落とし、借金が今季最多の18と膨らんだ。

    【写真】松山に逆転となる2点本塁打を浴びた則本

     先発のエース則本昂大が5安打2失点完投と好投したが、1発に泣いた。1点を先制した直後の7回裏、先頭の4番鈴木を四球で歩かせると、5番松山に逆転2ランを浴びた。外角直球をうまく逆方向の左翼に運ばれた一発に「(調子が)悪くなくても負けたら一緒なんで」と悔やんだ。

     梨田監督は「鈴木には大事に入ったのかな。警戒し過ぎたのかな。暑い中で走塁で頑張ってくれたし、打線があと2点ぐらい取っていたらね」と、最高気温30度の中で奮闘したエースをねぎらった。

     則本は6回1死から四球で出塁し、2死後に遊撃への内野安打で二塁に進塁していた。リクエストでリプレー検証が行われるほど、際どいタイミングとなるスライディングだった。さらに7回にも2死から打席が回った。三振だったが、準備時間が少ない直後に投球するという、交流戦ならではの、パ・リーグの投手にとって慣れていない打席が、投球に影響した可能性もある。

     打線は初回、先制の好機を逃していた。1死一塁から3番田中が浅い右飛を打ち上げた。ハーフウエーにいた一塁走者の茂木が戻りきれず、右翼手の鈴木から一塁の松山に送球が渡って併殺となった。茂木は「出過ぎてしまった。初回で大事なランナー。鈴木君の肩を考えたら、セカンドでアウトでも仕方なかった。流れを切ってしまった。自分の判断ミスです」と反省した。相手先発はジョンソンで、ロースコアの展開が予想されていただけに、痛いミスだった。

     ◇交流戦 ヤクルト3―2楽天(2018年6月2日 楽天生命パーク)

     11年以来7年ぶりに地元の仙台で登板したヤクルト由規は、最速150キロを計測するも5回途中2失点で勝敗つかず。

     2―0の5回2死二、三塁、田中に左中間へ同点の2点適時打を許して「あそこ(5回)を切り抜けられたら良かった」と悔しがった。それでも13年の右肩手術を乗り越えて以降、初となる地元のマウンドで大歓声も浴び、家族も観戦。「自分の中ではホームみたいな気持ちで投げた。たくさん声援をいただいた」と感謝した。

     楽天にとって交流戦は、重要な期間となる。交流戦期間の勝ち星はその後のペナントレースを大きく左右するだけに、勝ち越すことはもちろん、ひとつでも多くの貯金を稼いでおきたいところだ。だが、初戦のDeNA戦(横浜)を終えたところですでに大きく後れを取ってしまった。

     5月29日の試合でパ・リーグの負けは楽天のみと、最も避けたかった状況を招いてしまう。さらに試合も8回表に1点差に迫りながらその裏、6失点と勢いを断ち切ってしまったのだ。何としてもこの状況を打破していきたいところ。そのためには攻撃陣の奮起が必要不可欠だろう。

     なぜなら投手はセ・リーグ本拠地では慣れないバッティングをしなければならない。DH制がないことは投手にとって有利と言えそうだが、エース・則本昂大はそこを警戒する。「できれば立ちたくない」と苦笑するほど、打席に立つときの恐怖は大きく、その中で送りバントなど、「成功させて当然」と思われがちな仕事もこなさなくてはならない。

     さらに、「相手がピッチャーだと、打ち取って当然、という雰囲気がありますから。それはちょっとイヤですよね」と続けた。投手を打席に迎えても、気が抜くことができないのだ。

     それだけに、得点をできるだけ多く取ってその負担を減らすことが重要となる。実際に昨年の交流戦で楽天は81得点(71失点)をマーク。1試合平均4.5得点と打ち勝つ試合が多かった。今年も失点をカバーできるだけの得点を稼がなければ厳しい戦いとなる。

     そこで期待がかかるのはペゲーロだ。昨季の交流戦では4本塁打、12打点と少し物足りないが、今季は4月終了時点で5本だった本塁打が5月の交流戦前までで7本を積み重ねるなど、調子を上げている。

     首位をひた走った昨季と打って変わって苦しみ続ける楽天だが、6勝19敗1分けと大きく負け越した3、4月に比べ、5月は交流戦前までに11勝10敗と盛り返してきた。その裏にペゲーロの復調も大きく関係しているだろう。勝負の夏に向け、この18試合で一気に上位との距離を縮めていきたいところだ。

     セ・パ交流戦開幕会見に楽天・茂木も出席。開幕2戦目となる30日に対戦が予想されるDeNA・今永打ちを宣言した。

     茂木と今永はともに大卒3年目の同学年。1番での起用が濃厚な茂木は、プレーボール直後に対戦することが濃厚で「真っすぐをはじき返したい」と予告した。チームは最下位に沈むが、交流戦は3年連続勝ち越し中。上位との差を縮めるべく「いい流れに乗って、浮上をするきっかけを作りたい」と気合を入れた。

    このページのトップヘ