狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    人口

    1: 風吹けば狗鷲 2020/01/21(火) 17:16:45.13 ID:1N7Mz+0z9
    仙台市の2019年の人口動態で出生数が死亡数を1270人下回り、3年連続の自然減となったことが16日、分かった。18年の自然減は506人で減少幅は約2.5倍に拡大した。転入数が転出数を上回る社会増はあったが、人口増加数は12年ぶりに2000人を割り込んだ。今後、同じ規模で自然減が拡大した場合、21年には人口減少局面に突入する可能性がある。

     市によると、出生数と死亡数の推移はグラフの通り。19年は出生7861人、死亡9131人だった。18年比で出生が634人少なく死亡が130人多くなり、自然減は764人に拡大。出生が8000人を下回ったのは、丙午(ひのえうま)の影響を受けて落ち込んだ1966年以来となる。
    .

     出生数は2014年から減少、死亡数は13年から増加が続く。17年に初めて出生が死亡を下回り96人の自然減となった。減少数は18年に大きくなり、19年は落ち込みがさらに加速した。
    .

     区別の自然動態は、青葉699人減(18年は469人減)、宮城野161人増(333人増)、若林27人増(95人増)、太白323人減(144人減)、泉436人減(321人減)。青葉、太白、泉で減少幅が広がり、若林と宮城野で増加幅が小さくなった。
    .

     19年の社会動態は県内の他市町村への転出が鈍化したため、18年を199人上回る2745人増だったが、自然減と相殺した全体の人口増加は565人少ない1475人にとどまった。2000人を下回ったのは07年以来となる。
    .

     今後、19年と同じペースで毎年764人ずつ自然減が大きくなり、2700人の社会増が維持されたと仮定すると、21年には人口が減少に転じるとみられる。
    .

     市政策企画課の松田智子課長は「自然減の拡大は今後も続くだろう。若い世代が働きたい、子育てしたいと思える施策を展開し、どれだけ社会増を維持できるかが課題だ」と指摘する。

    1/21(火) 14:30配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00000015-khks-soci
    no title

    引用元: 【宮城】仙台市人口21年にも減 19年の自然減加速は2.5倍に

    【【宮城】仙台市人口21年にも減 19年の自然減加速は2.5倍に】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/08/07(水) 17:01:17.36 ID:+pqKxTHiM
    https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201908/20190807_13020.html

     仙台市の推計人口が1日時点で109万34となり、109万を初めて突破したことが6日、分かった。東日本大震災後に続く近隣自治体からの転入増加が主な要因。
    市の将来人口推計では、2020年度ごろをピークに減少に転じるとみられ、右肩上がりの人口増は間もなく終息する。
     市によると、7月の人口動態は出生688人、死亡715人で27人の自然減となった一方、転入5550人、転出4811人、その他の減9人と730人の社会増だった。
    差し引き703人の増加となり、109万人を超えた。
     8月1日時点の区別人口は青葉31万1125、宮城野19万6476、若林13万8366、太白23万586、泉21万3481。男女別は男が53万32、女が56万2となった。
     1989年の政令市移行後の市人口の推移はグラフの通り。
     泉市、宮城県宮城町、同県秋保町との編入合併を経て人口91万で政令市の歩みを始め、99年5月に100万の大台を突破。震災後の2011年11月に105万を超え、12年12月に秋田県を上回った。
    15年10月に108万に到達し、18年11月には山形県を抜いた。
     30年間、増加の一途だった市人口も今後は減少局面に入る。17年以降、少子高齢化に伴う自然減が年々拡大し、社会増を上回るのも時間の問題とされる。泉区は5区で最も早く人口減少に転じている。
     市政策企画課の松田智子課長は「地元企業の成長支援や企業誘致、子育てしやすいまちづくりに力を入れ、若い世代の定着を促す取り組みも進め、影響を最小限に抑えたい」と話す。

    引用元: 仙台市の人口が109万人突破!これもう大都会だろ

    【仙台市の人口が109万人突破!これもう大都会だろ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/08/07(水) 13:28:00.00 ID:ZkLGaxGR0

    2: 風吹けば狗鷲 2019/08/07(水) 13:28:44.15 ID:ZkLGaxGR0
     仙台市の推計人口が1日時点で109万34となり、109万を初めて突破したことが6日、分かった。東日本大震災後に続く近隣自治体からの転入増加が主な要因。
    市の将来人口推計では、2020年度ごろをピークに減少に転じるとみられ、右肩上がりの人口増は間もなく終息する。
     市によると、7月の人口動態は出生688人、死亡715人で27人の自然減となった一方、転入5550人、転出4811人、その他の減9人と730人の社会増だった。
    差し引き703人の増加となり、109万人を超えた。
     8月1日時点の区別人口は青葉31万1125、宮城野19万6476、若林13万8366、太白23万586、泉21万3481。男女別は男が53万32、女が56万2となった。
     1989年の政令市移行後の市人口の推移はグラフの通り。
     泉市、宮城県宮城町、同県秋保町との編入合併を経て人口91万で政令市の歩みを始め、99年5月に100万の大台を突破。震災後の2011年11月に105万を超え、12年12月に秋田県を上回った。
    15年10月に108万に到達し、18年11月には山形県を抜いた。
     30年間、増加の一途だった市人口も今後は減少局面に入る。17年以降、少子高齢化に伴う自然減が年々拡大し、社会増を上回るのも時間の問題とされる。泉区は5区で最も早く人口減少に転じている。
     市政策企画課の松田智子課長は「地元企業の成長支援や企業誘致、子育てしやすいまちづくりに力を入れ、若い世代の定着を促す取り組みも進め、影響を最小限に抑えたい」と話す。

    引用元: 仙台市人口が109万突破 8月1日時点、今後は減少局面に

    【仙台市人口が109万突破 8月1日時点、今後は減少局面に 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/08(土) 18:03:49.11 ID:2HP4dfQQ0
    都道府県別人口増減率

    1位 秋田県   -1.47% ←★東北★
    2位 青森県   -1.22% ←★東北★
    3位 岩手県   -1.12% ←★東北★
    4位 和歌山県 -1.08%
    5位 高知県   -1.06%
    6位 山形県   -1.04% ←★東北★
    7位 長崎県   -0.99%
    8位 徳島県   -0.99%
    9位 福島県   -0.99% ←★東北★

    no title

    https://www.stat.go.jp/data/jinsui/2018np/index.html

    引用元: 【悲報】東北地方の人口

    【【悲報】東北地方の人口 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/20(木) 13:39:36.51 ID:Dy8TG3Wd0
    https://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201812/20181220_13020.html
    no title

    仙台市の推計人口が11月1日時点で108万9283となり、山形県の108万9161を上回ったことが19日、分かった。
    10月から仙台市は614人増え、山形県が645人減少したため逆転した。仙台市の人口は既に秋田県を上回っており、東北の仙台一極集中の傾向がさらに強まった。

    引用元: 【悲報】山形県の人口、ついに仙台市を下回ってしまう

    【【悲報】山形県の人口、ついに仙台市を下回ってしまう 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/08/30(木) 11:36:46.64 ID:AjwFemIJ0
    い わ き 市



    どこやねん

    引用元: 彡(゚)(゚)「東北で一番大きいのは仙台やろうけど、2番目はどこなんやろ。人口順調べたろ」

    【彡(゚)(゚)「東北で一番大きいのは仙台やろうけど、2番目はどこなんやろ。人口順調べたろ」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/07/12(水) 21:42:00.16 ID:2NAvuzuP0
    no title


    まぁ単なる目標だけど
    仙台市長候補も公約に人口150万人を掲げてる
    ちなみに今は108万人

    引用元: 仙台市の人口、150万人へ。神戸市を抜いて福岡市に次ぐレベルの都市となるか

    【仙台市の人口、150万人を目指す。神戸市を抜いて福岡市に次ぐレベルの都市となるか】の続きを読む

    このページのトップヘ