狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    仙台

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    特別な感情は湧かなかったという。

    今季限りで現役を引退する西武松井稼頭央外野手(42)だ。

    まだクライマックスシリーズが残っているが、6日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)がレギュラーシーズンとしては日米通算25年間のラストゲームだった。試合前に聞いた。

    「今日は、特にね。この前のホーム3つ。あれだけの声援を頂いたからね」

    9月27日に引退会見を開いた。その日からのソフトバンク3連戦(メットライフドーム)では、松井が登場するたびに場内は割れんばかりだった。幸いだったのは、同3連戦の後は札幌、千葉、そして最後に福岡とビジターで回れたこと。行く先々で、相手チームのファンからも拍手で迎えられ、歓声で送り出された。

    1つだけ心残りがある。

    「仙台がね。7年間、お世話になったからなあ。雨で中止になってれば、またやれたのになあ、なんて思ったけど、そううまくはいかないね」

    引退会見した日の前カード、9月24、25日は仙台で今年最後の楽天戦だった。チームメートには意思を伝えていたが、まだ公にはしていなかった。スタンドの声援は相変わらずだったが、2試合のうち、どちらかが雨で流れていれば…。10月に振り替えられたであろう試合では、引退を明らかにした身で、もう1度プレーできた、という、ささやかな願いだった。

    日本球界に復帰した11年、当時の星野監督の熱烈オファーを受け、楽天を選んだ。7年の間、さまざまなことがあった。大震災。日本一。最下位。思い出は尽きない。昨オフ、コーチ打診を断り、現役続行を求め町を後にした。

    単身赴任だった。試合後のご飯が楽しみだった。よく通ったのは、近所のトンカツ屋さん。

    「おいしかったなあ。大将が、僕が記録を出すたびにお祝いしてくれた」

    西武は松井に対し、来季はコーチ専任でオファーする見込みだ。選手とは違う形になるが、仙台を訪れる機会は、すぐに訪れそう。

    「また、何かの形で行けたらね」

    杜(もり)の都との再会を楽しみにしている。【西武担当 古川真弥】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00354050-nksports-base

    1: 風吹けば狗鷲 2018/09/07(金) 17:37:41.73 ID:uVHOdd2B0
    おすすめ教えてや
    出来れば西口がええ
    善次郎って店でええか?

    引用元: 仙台の牛タンに自信ニキ

    【仙台の牛タンに自信ニキ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/11(日) 21:33:39.66 ID:zESe79qy0
    10年そこそこでちゃんと根付いた

    引用元: 冷静に考えたら日ハムとか楽天って凄くね

    【冷静に考えたら日ハムとか楽天って凄くね 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/08(木) 04:12:03.57 ID:8jX4gcac0
    20年前は雪国してたよな
    no title

    引用元: なぜ宮城はまるで雪が積もらなくなったのか

    【なぜ宮城はまるで雪が積もらなくなったのか 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/27(土) 09:35:04.47 ID:07ePbvwr0
    ええんか?

    引用元: ワイ、夏から仙台に飛ばされそう

    【ワイ、夏から仙台に飛ばされそう 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/25(木) 23:26:58.49 ID:lc7UAVbA0
    6ときわ亭(ホルモン焼肉)
    8やまや(リキュール店)
    5そばの神田(立ち食いそば)
    D利久(牛タン)
    2半田屋(大衆食堂)
    3ひがしやま(焼肉)
    7ダイシン(ホームセンター)
    9ぼんてん(海鮮居酒屋)
    4ずんだ茶寮(ずんだ餅)
    P仙台っ子ラーメン(家系ラーメン)

    引用元: 仙台チェーン店で打線くんだ

    【仙台チェーン店で打線くんだ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/23(火) 22:12:58.60 ID:gPwI+cwc0
    no title

    なんか恥ずかしい

    引用元: 楽天岸さん、登板時に毎回出身校を晒される

    【楽天岸さん、登板時に毎回出身校を晒される 】の続きを読む

    このページのトップヘ