狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    伝授

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/26(木) 09:05:15.25 ID:kG9qVyFr0
    no title

    CM撮影のために何度も投球モーションをする田中拡大写真
     ヤンキース・田中が、古巣・楽天の育成契約を含めた新人14選手との質疑応答で「エース学」を伝授した。Koboパーク宮城のクラブハウスで質問を受け付け、自らの考えを伝えた。

     「経験から“僕はこうだったよ”と話した。どう聞こえたかは分かりませんが」と田中。1年目はガムシャラ。2年目までは思うようにいかなかったが、3年目からコントロールを強く意識するようになったと、若手時代を振り返った。
    精神面では「試合の流れをしっかり読み、ここで抑えたら盛り上がるとか。そういうポジティブな気持ちも大事」などと説いた。

     田中と同じ高卒のドラフト1位右腕・藤平(横浜)は「田中さんのコントロールへの意識の高さ。またプラス思考は本当に勉強になったし、参考にします」と感激の面持ち。
    田中は3日間の古巣訪問を終え「次、戻ってくる時にはいい報告ができるよう頑張ります」と仙台を後にした。 (後藤 茂樹)


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000035-spnannex-base

    引用元: マー君の考え 古巣・楽天新人に伝授 若手時代振り返る 

    【マー君の考え 古巣・楽天新人に伝授 若手時代振り返る】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/23(月) 08:25:10.06 ID:VkVUbj/A0
    no title


    自主トレで捕球ポーズをとる新加入のベテラン細川
     楽天・細川亨捕手(37)が、楽天捕手陣の“教育係”になることを宣言した。22日、コボパークの室内練習場で自主トレを公開。「嶋(基宏)、足立(祐一)とかに経験してきたことをしゃべったり、自分が出た時にプレーを見せてあげれば、みんなのレベルアップにもなると思う。そこをやっていければいい」。
    西武、ソフトバンクで6度のリーグ優勝に導くなど、豊富な経験を後輩捕手に伝授していく考えだ。

     新天地で多くの選手や球団関係者にあいさつを受けたが、「誰にされたか分からないくらい、みんなにあいさつしてもらったので、全く覚えていないです」と苦笑い。
    これまでバッテリーを組んだことがある投手がほとんどおらず、「プライベートで食事に行くのが一番分かると思う」と投手陣にも積極的にグラウンドの外でも声をかけてコミュニケーションを取っていく。

     「日本一をつかみに行きたいと強く思っている」。オフの自主トレでも精力的に走り込みをこなし、まだまだ若々しさは健在。13年以来4年ぶりの日本一奪還へ、心強い扇の要が加入した。(安藤 宏太)

    引用元: 【楽天】細川先生、「捕手塾」で嶋に足立に経験伝えます 

    【【楽天】細川先生、「捕手塾」で嶋に足立に経験伝えます】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/01/28(水) 08:56:00.99 ID:jCA9ixcC0
    楽天・松井裕にマー君直伝のスプリット「2球だけは完璧なボールだった」

    楽天・松井裕樹投手(19)が27日、“マー君直伝”のスプリットを新たな武器に、2年目の飛躍を誓った。コボスタ宮城の室内練習場で自主トレを公開。新球について「(完成度は)まだまだ厳しいけど、キャンプで練習して試合で使えるボールにしたい」と意気込んだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150128-00000010-dal-base

    引用元: 【朗報】松井裕樹、スプリットを覚える

    【【朗報】松井裕樹、スプリットを覚える】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/11/25(火) 07:08:15.83 ID:4I5eNVZd0.net
    楽天・松井裕 マー君スプリット習得だ プロ入り前に我流で挑戦も失敗の過去
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141125-00000005-dal-base

    マー君スプリットを学ぶ。楽天・松井裕樹投手(19)が24日、自主トレを一緒に行うヤンキース・田中将大投手(26)の得意球でもあるスプリットの習得をテーマに掲げた。

    引用元: 楽天・松井裕、マーからスプリットを教わる

    【楽天・松井裕、マーからスプリットを教わる】の続きを読む

    このページのトップヘ