狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    作戦コーチ

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/13(日) 10:41:21.15 ID:AVt6laYE0
    20191012-00000224-sph-000-6-view

     楽天が、野村克則2軍バッテリー兼守備作戦コーチ(46)を来季から1軍に昇格させる方向で調整していることが12日、分かった。チームは来季、ヘッドコーチを置かない方針で、戦略・作戦部門のコーチに就く見込み。


     2軍監督から昇格する三木肇新監督(42)とはヤクルト時代からの盟友で、今季は石井GMに請われ、そろって移籍。2軍で名コンビぶりを発揮し、チームを球団創設15年目で初のイースタン制覇に導いている。

    かつて楽天も指揮した父・克也氏(84)から受け継いだ野球理論に定評があるほか、明るい性格でベンチ内に活気をもたらすことも期待されそうだ。


     また、2軍監督に今季まで中日で内野守備走塁コーチを務めていた奈良原浩氏(51)を招へいすることも分かった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191012-00000224-sph-base

    引用元: 楽天カツノリ、一軍作戦コーチへ

    【楽天カツノリ、一軍作戦コーチへ 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/02(金) 13:16:05.55 ID:YEFpVB0V0.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151002-00000018-tospoweb-base


     西武が作戦面を担当する来季のコーチに、今季限りで楽天を退団する橋上秀樹ヘッドコーチ(49)を招聘することが1日、分かった。

     橋上氏はヤクルトでの現役時代、知将・野村克也監督の下でID野球を学び、2005年の楽天創設年から二軍外野守備・走塁コーチに就任。07年からは恩師・野村監督の下でヘッドコーチに昇格し、12年からは巨人の一軍戦略コーチ、打撃コーチとして手腕を振るいチームの3連覇に貢献した。

     6年ぶりの楽天復帰となった今季は三木谷オーナーの現場介入問題の余波を受け、大久保監督とともにチームを去ることが決定している。

     今季の西武は2年目の森友哉捕手(20)がブレークし、秋山翔吾外野手、中村剛也内野手(32)、ルーキー・高橋光成投手(18)の3人で計4度の月間MVPを獲得しながら、結果は首位に20ゲーム差以上離された3位争いとチグハグなチーム成績を余儀なくされた。前半戦は最大11の貯金を抱えて優勝争いを展開しながら、7月15日から球団ワーストの13連敗。また日本ハム・大谷翔平投手(21)にパ5球団最多の5勝を献上するなど、ベンチは選手個々の技量任せでチームとしての戦略が見えない無策ぶりをさらした。

     そこで作戦面での補強として橋上氏に白羽の矢を立て、周辺調査を水面下で開始していた。球団は今季最終戦となった1日のオリックス戦(京セラ)前に居郷球団社長が田辺監督の来季続投を発表。今後は17年の潮崎政権誕生が既定路線となっている。橋上氏は本紙の直撃に「何も正式な話は聞いていないが、名前を出してもらえることは光栄なこと」と語るにとどめたが、西武は橋上氏の楽天での最終戦となる6日ロッテ戦(コボスタ宮城)終了を待って正式オファーを出すことになる。

    引用元: 【朗報】西武 楽天退団の橋上ヘッドを招へい

    【【朗報】西武 楽天退団の橋上ヘッドを招へい】の続きを読む

    このページのトップヘ