狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    兄弟

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/17(日) 11:01:32.71 ID:oJpBmgDk0
    no title


    まずは支配下登録を目指す則本佳
    ◆育成2位・投手 則本佳樹(24)=山岸ロジスターズ=

     顔も投球フォームも、兄・昂大(28)とうり二つだ。兄は入団から6年連続で2ケタ勝利(通算75勝)を挙げるエースに成長。
    今年も開幕投手の最有力候補だ。佳樹は「まさか楽天に入団するとは思わなかった。すごくうれしい事なので、これから期待に応えられるように頑張っていきたい」と意気込みを語った。

     声までもがそっくりだが、投球スタイルは異なる。150キロ超の剛速球でねじ伏せる昂大とは異なり、直球は140キロ台。ツーシームを軸に、変化球を低めに集めて打たせて取るタイプだ。
    まずは支配下登録を目指す立場だが、目標は大きい。「兄は越えるべき目標だと思っている。肩を並べて投げられる選手になりたい」と力を込めた。

     昂大は2軍スタートとなった弟について、チームのあらゆる関係者から情報を集める意向を示唆。「何かあったら、すぐに言いたいと思います」。陰ながらも、厳しく見守る考えだ。

     野球を始めた小学3年から、いつも兄と比較されてきた。佳樹は「そのプレッシャーが僕のエネルギーになると思っているので、それをバネにやっていきたいと思います」と闘志を燃やす。偉大なエースの背中に、必ず追いつく。(高橋 宏磁)

    引用元: 【楽天】新戦力 則本佳樹、偉大な兄は「超えるべき目標」

    【【楽天】新戦力 則本佳樹、偉大な兄は「超えるべき目標」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/09(水) 20:27:54.47 ID:KNck/ON60
    no title

    楽天育成2位則本佳樹(左)、兄の昂大の投球フォーム

    楽天育成2位指名の則本佳樹投手(24=山岸ロジスターズ)が、兄の昂大そっくりの投球フォームを披露した。

    合同自主トレ初日を終え「報道陣の方もたくさんいて最初は緊張しましたが、楽しかったです」と笑顔。フォームについては「まねしているつもりはないんですけど、ずっと参考にしてきたんで、自然と似てきちゃったのかもしれません」と自己分析していた。

    引用元: 激似!楽天則本佳樹、兄そっくりの投球フォーム披露

    【激似!楽天則本佳樹、兄そっくりの投球フォーム披露 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/06(日) 14:55:19.07 ID:1cNQa/Ys0
    no title

    則本佳は兄昂大も使った犬鷲寮「2号室」でリラックスした様子(撮影・足立雅史)
    楽天育成2位の則本佳樹投手(24=山岸ロジスターズ)が、兄も暮らした“出世部屋”から成り上がる。5日、新入団10選手のうち一番乗りで仙台・泉犬鷲寮に入寮。
    割り当てられた2号室はエースである兄の昂大や松井が過ごしてきた部屋とあって「気分的にうれしさはある。出世部屋と呼ばれる流れに乗っかれるよう、まずは支配下を目指して頑張りたい」と誓った。

    基本的に投手から投手、野手から野手という部屋割りの流れがあり、ドラフト1位の辰己涼介外野手(22=立命大)は昨季新人王の田中が入っていた8号室。
    「(兄から)『たぶん同じ部屋ちゃうか?』と言われていた」と笑ったように、兄弟の縁にも配慮して則本佳に栄えある一室が引き継がれた。真っ先にベッドへ広げた「マニフレックス」のマットレスは、兄が若手の頃に使っていたもの。退寮後は球場に置いてあったというが「マットレスは大事。こだわった方がいい」と気前よく送ってくれた。

    実家での年末年始も兄の忠告通り体は動かしていた。最低限の荷物だけを持ち込み「この部屋は寝るだけで十分。娯楽は捨ててきました」。グラブには「雑草の如く」と刺しゅうを入れた。少年野球の監督から卒団時に送られた言葉を、いま一度かみしめたかったからだ。
    「雑草は、踏まれても踏まれても起き上がってくる。そういう気持ちでやれよ、と」。旺盛なハングリー精神で、兄とはひと味違うサクセスストーリーを紡いでいく。【亀山泰宏】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00437205-nksports-base

    引用元: 楽天則本弟に兄暮らした出世部屋「流れに乗っかる」

    20181113-OHT1I50146-L

     契約交渉終了後にユニホームを着て、笑顔で投球フォームを披露する則本佳樹

     楽天から育成ドラフト2位で指名された、社会人野球のクラブチーム、山岸ロジスターズの則本佳樹投手(24)が13日、静岡・島田市内で支度金200万円、年俸250万円で契約合意した。

     楽天の則本昂大投手(27)を兄に持つ佳樹。これまで兄が着ている姿を見続けてきた楽天のユニホームに初めて袖を通し「まさか楽天のユニホームに袖を通すとは思ってもいなかった。すごくうれしいことなので、これから期待に応えられるように頑張って行きたい」と満面の笑顔を見せた。

     則本は言わずと知れた楽天、日本を代表するエース右腕。これからはチームメートとしてしのぎを削ることになる。6年間で75勝している兄に「兄は超えるべき目標だと思っているので、肩を並べて投げられる選手になりたい」と宣戦布告すると、「(兄と比べられる)プレッシャーは当然あるけど、比べられて当然ですし、そのプレッシャーが僕のエネルギーになると思っているので、それをバネにやっていきたいと思います」と力強く言い切った。

     担当した山田スカウトも「タイプ的には兄とは逆でパワーと言うよりは、変化球のキレとストレートの質で勝負するタイプ。150キロでなくても、140キロ前後で打者が空振りやファウルになる質、キレや伸びのあるボールを目指して欲しい」と期待を寄せていた。

     ◆則本 佳樹(のりもと・よしき)1994年5月14日、滋賀県生まれ。24歳。大滝小3年の時、多賀少年野球クラブで野球を始めた。北大津高3年夏に甲子園出場も先発した1回戦の滝川二戦で9回途中5失点(自責2)で敗退。近大では右肘手術などの影響で、登板はわずか1試合。昨年、山岸ロジスターズに入団。最速は145キロ。174センチ、76キロ。血液型A。右投左打。家族は両親と兄2人。

    261245B3-F26D-4416-B9DE-A7CE415BC945

     ◇
    プロ野球ドラフト会議(2018年10月25日)

     プロ野球のドラフト会議は25日に東京都内で開催され、楽天の則本昂大投手を兄に持つ山岸ロジスターズ・佳樹投手は楽天に育成2位で指名された。

     則本佳は北大津、近大から山岸ロジスターズへ。出身の北大津では甲子園出場も果たした。切れのあるストレートが持ち味で、近大に在学中は「気持ちを全面に出すスタイルは兄に影響を受けました」とコメントしていた。

     今季NPBでプレーした兄弟選手は田中広輔(広島)・俊太(巨人)、上本博紀(阪神)・崇司(広島)、高濱卓也(ロッテ)・祐仁(日本ハム)の3組だった。 【楽天 則本の弟・佳樹を育成で指名 兄弟で同一球団所属に】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/11(水)19:43:18 ID:FTb
    大谷翔平、松井裕樹哥倆好 站一起現「最萌身高差」
    http://sports.ettoday.net/news/594731
    no title

    no title

    引用元: 台湾記者「大谷翔平と松井裕。兄弟である2人は「現時点最も萌える身長差。」」

    【台湾記者「大谷翔平と松井裕。兄弟である2人は「現時点最も萌える身長差。」」】の続きを読む

    このページのトップヘ