狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    入団交渉

    20181118s00001173255000p_view

    <楽天・渡辺仮契約>ユニホームに袖を通し、ガッツポーズの渡辺(撮影・島崎忠彦)

     楽天からドラフト6位で指名された明大・渡辺佳明内野手(21)が18日、都内で入団交渉に臨み、契約金3000万円、年俸750万円で合意した。

     横浜市在住の渡辺は政治経済学部ゼミ卒論で「DeNAベイスターズで横浜をどう活性化するのか」をテーマに提出予定。プロ入りへ12球団やメジャー本拠地の振興策を調べていたが、楽天も球団挙げて取り組んでいるため、卒論に仙台市を書き加える予定だ。「海外みたいに子どもが遊べる場所、テーマパークがある」と本拠地の観覧車を例に挙げた。

     祖父は横浜高の元監督である渡辺元智氏。「おじいちゃんに一番長く教えてもらっている。だから横浜卒業生でよりいい成績を残して、おじいちゃんがすごいことを証明したい」。そのためにもまずは開幕1軍が条件。「東京六大学では首位打者を獲れた。プロの世界でも首位打者を目指したい」。

     同席した後関昌彦チーフスカウトは「まずはショートでやってほしい。1軍で活躍を期待しています」と発言。その上で「肩はウチの山崎(17年ドラフト3位)より強いと思う。あとは140試合を乗り切るプロの体力をつけること。飛ばすことより、体の芯を強くしてほしい」と課題を掲げた。

    gol18111719040004-p1

    楽天7位指名の立正大・小郷裕哉外野手は、契約に合意し、ユニホームを着てガッツポーズ(撮影・赤堀宏幸)
     楽天はドラフト7位で指名した
    立正大小郷裕哉外野手(22)と17日、東京都内で契約交渉を行い、契約金2700万円、年俸700万円(金額いずれも推定)で合意した。

     攻守走三拍子揃った外野手として期待される小郷は、「初めての契約で、プロとして自覚しないといけないと思った。同じ外野手で辰己選手(立命大)が1位指名で入るし、先輩の田中(和基)選手が活躍しているので、会ったことはないが、負けないようにがんばりたい」と意気込みを話した。

    20181116-OHT1I50179-L

    楽天のユニホームに袖を通し、笑顔を見せる鈴木(右)(左は宮越スカウト)
     楽天のドラフト8位・
    鈴木翔天(そら)投手(22)=富士大=が16日、岩手・盛岡市内のホテルで契約金2500万円、年俸700万円で契約に合意。同じ北東北大学リーグの左腕としてしのぎを削ってきた、巨人のドラフト1位・高橋優貴投手(21)=八戸学院大=に負けない活躍を誓った。開幕1軍を目標に掲げ、1年目から勝負する。

     穏やかな笑顔のままで、鈴木は少しだけ言葉を探した。北東北大学リーグで同じ左腕として競ってきた、巨人の1位・高橋に話題が及ぶと「4年間、切磋琢磨(せっさたくま)してきたので、励みになっている。負けたくないですね」。ドラフト1位に対して、自身は8位と大きく水をあけられたが、プロで重ねていく実績で負けるつもりはない。

     評価に影響を与えた左肘痛も、もう不安はない。3年秋のリーグ戦で完全試合を達成し名を上げたが、左肘痛で4年春は全休。秋も本調子と言えるところまでは、上がってこなかった。それでも、現在の状態については「肩も肘も万全です」とキッパリ。「まずは開幕1軍を目指して、ローテに入っていけたら」と1年目から高い目標を設定した。

     球団側も即戦力の評価だ。担当の宮越徹スカウト(40)は「元々、素晴らしい投手。自分の力を発揮してくれたら、1年目から勝負できる。スピードが出れば塩見のような、出ない日は辛島のような投球ができる。器用さを持っているし、タイプが決まってないのも伸びしろだと思う」。ローテを担う自軍の2人の左腕に例えながら、絶賛した。

     近年、山川、外崎、多和田と西武に活躍選手を送り出している富士大。同期の佐藤龍世内野手(21)も西武に7位で指名され「(佐藤とは)対戦してみたいし、絶対抑えます(笑い)。山川さん、外崎さんはジャパンにも入っているすごい選手。いつか対戦したい」と富士大―西武の黄金ライン撃破を狙う左腕。まずは1年目から、偉大な先輩たちと同じ1軍の舞台に立つ。(山口 泰史)

     ◆鈴木 翔天(すずき・そら)1996年8月19日、横浜市生まれ。22歳。南本宿小3年からソフトボールを始め、万騎が原中時代は瀬谷シニアでプレー。向上高では3年春夏の神奈川県大会で準優勝。富士大進学後は、3年秋のリーグ戦で完全試合を達成した。184センチ、77キロ。左投左打。家族は両親と兄、姉。

    20181115-OHT1I50176-L
    投球フォームを披露する弓削
      楽天のドラフト4位・弓削(ゆげ)隼人投手(24)=SUBARU=は15日、群馬・太田市内で契約金5000万円、年俸1000万円で契約合意した。メジャーを代表する左腕ランディ・ジョンソンのような、スケールの大きな投手になることを誓った。(金額はいずれも推定)

     球団旗を掲げたボードが低く見えた。193センチの大型左腕・弓削は、笑顔で楽天のユニホームに袖を通した。「サインして気が引き締まる思い。実感がわいてきました。ランディ・ジョンソンと言われるので、スケールの大きな投手になれるように頑張ります」。メジャー左腕史上最多、5度のサイ・ヤング賞に輝いた“ビッグ・ユニット”を目標に掲げた。

     大きな転機だった。昨年、スリークオーターからオーバースローに変更。しかし、うまくいかず今年4月に元に戻した。その際、何度も見た動画がジョンソン。「大柄で横から投げる。意識して、参考にさせてもらいました。リリースポイントとか。大きいと上から投げがちだけど、横から手の長さを生かしている。それが自分にはまった」。プロへの道が開けた。

     対戦したい打者には、ソフトバンクの主砲で侍の主力・柳田を挙げた。「日本シリーズを見ても、ソフトバンクの打線はすごい。その強力打線と対戦したい。特に柳田選手。強打者と対決したい」。日米野球でも猛威をふるう柳田にも、真っ向勝負を挑む心構えはできている。

     同席した後関昌彦アマスカウトグループマネージャー(55)は「左投手はウチの長年の課題。先発でも中継ぎでも、戦力になると期待感を持って指名している」と即戦力の期待を寄せた。「プロに入ってもゴールじゃない。1軍で勝てる投手になりたい」と語った弓削。東北の地で、“和製ランディ”の異名を定着させる。(山口 泰史)

     ◆弓削 隼人(ゆげ・はやと)1994年4月6日、栃木・田沼町生まれ。24歳。吉永小で野球を始め、田沼東中では佐野シニア所属。佐野日大高では2年春からベンチ入り。日大では中日・京田と同級生だった。卒業後、SUBARUでプレー。最速は149キロでスライダー、カーブ、フォークなどを操る。193センチ、105キロ。左投左打。

    20181113-OHT1I50146-L

     契約交渉終了後にユニホームを着て、笑顔で投球フォームを披露する則本佳樹

     楽天から育成ドラフト2位で指名された、社会人野球のクラブチーム、山岸ロジスターズの則本佳樹投手(24)が13日、静岡・島田市内で支度金200万円、年俸250万円で契約合意した。

     楽天の則本昂大投手(27)を兄に持つ佳樹。これまで兄が着ている姿を見続けてきた楽天のユニホームに初めて袖を通し「まさか楽天のユニホームに袖を通すとは思ってもいなかった。すごくうれしいことなので、これから期待に応えられるように頑張って行きたい」と満面の笑顔を見せた。

     則本は言わずと知れた楽天、日本を代表するエース右腕。これからはチームメートとしてしのぎを削ることになる。6年間で75勝している兄に「兄は超えるべき目標だと思っているので、肩を並べて投げられる選手になりたい」と宣戦布告すると、「(兄と比べられる)プレッシャーは当然あるけど、比べられて当然ですし、そのプレッシャーが僕のエネルギーになると思っているので、それをバネにやっていきたいと思います」と力強く言い切った。

     担当した山田スカウトも「タイプ的には兄とは逆でパワーと言うよりは、変化球のキレとストレートの質で勝負するタイプ。150キロでなくても、140キロ前後で打者が空振りやファウルになる質、キレや伸びのあるボールを目指して欲しい」と期待を寄せていた。

     ◆則本 佳樹(のりもと・よしき)1994年5月14日、滋賀県生まれ。24歳。大滝小3年の時、多賀少年野球クラブで野球を始めた。北大津高3年夏に甲子園出場も先発した1回戦の滝川二戦で9回途中5失点(自責2)で敗退。近大では右肘手術などの影響で、登板はわずか1試合。昨年、山岸ロジスターズに入団。最速は145キロ。174センチ、76キロ。血液型A。右投左打。家族は両親と兄2人。

    20181112-OHT1I50098-L

     キャッチャーらしく送球のポーズをする太田

     楽天のドラフト2位・太田光捕手(22)=大商大=が12日、大阪市内で契約金7000万円、年俸1200万円で契約合意した。

     ユニホームにも初めて袖を通し「写真で見ないと分からないけど、かっこいいですね」と笑った太田。「正式にこういった形で話をして頂いて、これからいよいよプロとしてやっていくんだなという実感が出てきました」とプロ野球選手としての第一歩を踏み、心を躍らせた。

     大商大では1年から捕手の定位置をつかみ、4年春には5割2分2厘と脅威の打率を残して関西六大学の首位打者にも輝いた。攻守に高いポテンシャルを持ち、即戦力として期待される扇の要に長島スカウト部長は「1年目からバリバリ、レギュラー争いをして、嶋選手を脅かす存在になってほしい」と期待。12月には34歳となり、長年楽天を支えてきた正捕手・嶋を超える存在となるべく太田は「その期待に応えられるように一生懸命頑張っていきたい」と決意を新たにした。

     ◆太田 光(おおた・ひかる) 1996年10月14日、岡山・倉敷市生まれ。22歳。小学2年から「西浦(せいほ)少年野球」で始める。連島(つらじま)中では「倉敷ドリームボーイズ」でプレー。広陵高では3年夏の甲子園で1回戦敗退。大商大では1年春に最優秀選手、4年春に首位打者、ベストナインを4度受賞。お笑いコンビの爆笑問題・太田光とは読みが「ひかる」と「ひかり」で1文字違い。177センチ、75キロ。右投右打。家族は両親と兄、妹。

    D26DDCFD-8643-4499-A579-E8504F4B956E

    辰己涼介(中央)にユニホームを着せる愛敬尚史スカウト(左)と帽子をかぶせる長島哲郎スカウト部部長(撮影・奥田泰也)

    楽天からドラフト1位指名を受けた立命大・辰己涼介外野手(21)が、京都市内で入団交渉に臨み、契約金1億円、年俸1500万円でサインした。

    自主トレの合間に、楽天の本拠地・仙台をリサーチしたそうで「とりあえず、仙台は寒そう。牛タンを食べてみたいです」と笑顔で話した。

    「走攻守全てでアピールして新人王を狙いたい」と目標を語った。(金額は推定) 

    このページのトップヘ