狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    募金活動

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/25(土) 20:02:18.13 ID:UO2wlVJ80
    no title

    試合前、TOHOKU SMILEデーの募金活動を行う楽天の塩見(左)と美馬(撮影・足立雅史)


    楽天は「東北スマイルデー」として開催された25日のオリックス11回戦(楽天生命パーク)の試合前に東日本大震災復興支援を目的とする募金活動を実施した。
    この日は美馬、塩見、古川、新人の渡辺佳と小郷が参加。集まった45万2535円は「東北スマイルプロジェクト」の第4弾となる宮城・名取市への「こどもアスレチック(仮称)」寄贈に充てられる。

    引用元: 楽天「東北スマイルデー」で東日本大震災の募金活動

    【楽天「東北スマイルデー」で東日本大震災の募金活動 】の続きを読む

     「楽天-オリックス」(11日、楽天生命パーク宮城)

     楽天・平石洋介監督代行(38)、栗原健太打撃コーチ(36)、嶋基宏捕手(33)、美馬学投手(31)、枡田慎太郎外野手(31)、塩見貴洋投手(29)、オリックス・福良淳一監督(58)、アンドリュー・アルバース投手(32)が参加し、試合前に西日本豪雨の被災地支援の募金活動を行った。

    【写真】平石監督代行「イーグルスも震災のときに痛みを味わった」

     山形で開催した10日に続き、この日も球場正面で来場者に募金を呼びかけた。嶋は「特に倉敷市は自主トレや秋季キャンプでお世話になっている場所でもありますし、募金をすることによって、被害に遭われた方に、少しでも何か協力できると思い、やらせていただきました。我々野球選手は、プレーをすることで元気を与えていきたいと思います」と、被災者を思いやった。


    7abb54c0ad141ae259013a48a8c729fc_1531210452_2
    試合前に西日本豪雨の被災者支援の募金活動を行った楽天・平石監督代行、オリックス・福良監督(左)
     「楽天-オリックス」(10日、山形きらやかスタジアム)

     楽天・平石洋介監督代行(38)、岡島豪郎外野手(28)、オリックス・福良淳一監督(58)、増井浩俊投手(34)が、試合前に、西日本豪雨の被災者を支援するため募金活動を行った。

     球場正面に立ち、来場者に募金を呼びかけた平石監督代行は「我々は映像でしか分からないが、苦労されている方がたくさんいらっしゃる。イーグルスも東北の球団で、震災のときに痛みを味わった地域。簡単なことは言えないが、できることをさせて頂きたい」と神妙に話した。

     秋季キャンプ地の岡山県倉敷市でも大きにな被害を受けており、「テレビを見ましたが、大変なことになっている。知り合いの方には連絡しましたが、これ以上、被害が広がらないことを祈ります」と話した。 

    1: 風吹けば狗鷲 2017/09/22(金) 01:25:14.57 ID:oKIrEguU0
    楽天は21日、オリックス戦終了後のKoboパーク正面で、梨田昌孝監督(64)をはじめコーチ陣、選手、計35人が参加し、メキシコ地震の被災者支援のための募金活動を行った。夜遅くにもかかわらず、ファンの列は絶えなかった。
    この日、メキシコ出身のアマダーとクルーズが、母国のため募金活動を球団に直訴。2人の意思に球団、監督、コーチ、選手も賛同し、実現した。
    アマダーは、大きな被害を受けたメキシコシティで7年間を過ごしたといい、「住み慣れた街が破壊された映像を見て、悲しかった。何かできることがあればしたいと思った」。
    大勢のファンの募金協力に「こんなにたくさんのファンが集まってくれるなんて想像していなかった。国籍が違う人たちがメキシコのためにこんなに集まってくれて、感謝しかない」と神妙に話した。
    クルーズは「メキシコは今、大変なことになって、20万人以上が苦しんでいる」と故郷を思いやり、「国は違えど、同じ人間。助け合うことが大事。
    特に東北の方々は、東日本大震災で大変な思いをされた方が多い。たくさんの方に募金していただいて、協力しあうことが大事だと感じた」と感謝した。

    2: 風吹けば狗鷲 2017/09/22(金) 01:25:27.92 ID:oKIrEguU0

    引用元: 楽天がメキシコ地震で募金活動 助っ人が母国のため直訴、試合後に35人参加 

    【楽天がメキシコ地震で募金活動 助っ人が母国のため直訴、試合後に35人参加】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/10/30(日) 20:51:16.79 ID:DokPE3KW0
     楽天・オコエ瑠偉外野手(19)が30日、コボスタ宮城で堀内謙伍捕手(19)とともに、台風被害を受けたキャンプ地・久米島を支援するための募金活動を実施した。

    no title


    募金活動を行い、子どもファンを笑顔であやす楽天・オコエ(中央)=コボスタ宮城

     秋季練習最終日となったこの日、約400人のファンが列をつくり募金を行った。ファンひとりひとりと握手をしたオコエは「自分たちが使っている、これからもお世話になる場所なので、少しでも貢献したいです」と話した。

     この秋季練習期間中に、計6度の募金を行ったが、合計で52万1979円が集まり、球団が久米島に直接寄付する。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161030-00000061-dal-base

    引用元: 楽天 オコエ、堀内が久米島支援の募金活動 合計約52万円が集まる 

    【楽天 オコエ、堀内が久米島支援の募金活動 合計約52万円が集まる】の続きを読む

    このページのトップヘ