狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    古巣

    松井と渡辺直 杜の都でファンの温かさに包まれた2人のベテラン

     ひんやりした空気を和らげる、やわらかな日差しと同じような温かさを感じた。4月14日、楽天生命パーク。ビジターだった西武の先発メンバーのアナウンスで、楽天ファンから大きな拍手と歓声が起きた。

     「8番、レフト、松井」。

     この球場での先発出場は昨年8月26日の日本ハム戦以来。ユニホームが変わったレジェンドに、古巣のファンは温かかった。「本当、うれしかったよね」。翌15日の練習終わりに、ファンの反応への感想を聞くと松井は、感慨深げにそう言った。
    主将も務め、13年には球団初の日本一へと導くなど7年間、在籍。現役続行を希望して15年ぶりに西武に復帰してから、初めてかつての本拠地を訪れた。初回、左翼の守備位置に向かいキャッチボールを終えると、古巣の応援席からの声援に頭を下げた。楽天が昨年売り出していた「マイヒーロータオル」の「7稼頭央」とデザインされたピンクとブルーのタオルを掲げていた楽天ファンも、少なくなかった。春先の球場で見ることができる、移籍選手に対する心温まる光景だった。

     くしくも、松井が楽天に加入した10年オフ。金銭トレードで横浜(現DeNA)に移籍し、その後、昨年まで西武に在籍していたのは渡辺直だ。前日13日に2番遊撃で先発出場。遊撃での先発出場は今季初めて。仙台での遊撃での先発出場は西武時代の16年4月2日以来だが、楽天のユニホームでは10年以来8年ぶりだった。

     渡辺直がプロ入りした07年から3年間、記者は楽天担当だった。当時、当たり前のように見ていた景色に少しセンチメンタルになったが、本人にそんな感慨はさらさらなかった。
    エース左腕・菊池を相手に、初回無死一塁からはバスターエンドランで左越え二塁打で3点の先制劇を演出。7回1死一塁でも、ランエンドヒットで菊池の宝刀スライダーに食らいついて何とか投ゴロにして、走者を進めた。5度の守備機会も難なくクリア。翌日「まだ、ショートやれるじゃん」と声をかけると「でしょ!」と胸を張るので笑ってしまった。
    西武時代、渡辺直と気が合った中村に聞けば「試合中に“もう、足が痛え”って言ってましたよ」というのが裏話。だが、戦力外になった古巣との今季初対戦で、胸に期すものもあったのだろう。

     野球人生が図らずも交差する松井と渡辺直。実は昨オフ、渡辺直が西武から戦力外通告を受けた後「やりたいと思うならあきらめない方がいい」と電話越しに励ましたのは松井だった。
    チームは入れ替わったが、ともにファンにとって大きな存在であることは変わらない。杜の都でファンの温かさに包まれた2人のベテラン。よきシーズンを、と祈っている。(記者コラム・春川 英樹)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180416-00000084-spnannex-base

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/10(土) 07:52:29.54 ID:yMudkExn0
    no title

    楽天時代の2010年、サヨナラ打を放ち大喜びする渡辺直人。楽天ファンの思い入れも強い選手だ。 photograph by Kyodo News
     背番号「26」に特別な想いはない。

     「何番でもよかった。空いている番号を選ばせてもらっただけですよ」

     そう言って、楽天の渡辺直人は顔をほころばせる。

     何よりも重要なのは、8年ぶりに古巣に帰ってこられたこと。久しぶりに足を踏み入れたKoboパーク宮城(現・楽天生命パーク宮城)のロッカー。泥まみれになりアピールを続けたキャンプ地・久米島……。プロ入りから4年間過ごした球団への愛着がじわり、じわりと自身の胸に押し寄せてくる。

     直人が、楽天に帰ってきた――。

     春季キャンプ。そこには、8年前と変わらない直人の姿があった。

     室内練習場を出るとサインを求めるファンが行列を作り、直人は最後のひとりまで丁寧に応じる。それは、彼にとって当たり前のファンサービスなのだろう。

     直人が静かに口を開く。

     「ライオンズ時代も、仙台で試合をするとたくさんのファンが声をかけてくれたから」

     今でも、直人は楽天への感謝の気持ちは忘れていない。むしろ、ますますその想いは強まっている。

    「やりきった」から「やりきりたい」への情熱。
     本音を言えば、昨年、西武を戦力外となった際に「やりきった」という感情が芽生えた。37歳。ベテランと呼ばれる直人にとって、それは「引退」の二文字を意味していた。

     その直人に、真っ先に声をかけたのが、古巣の楽天だった。

     心が震える。「やりきった」から「やりきりたい」へ――直人に情熱が沸き立つ。

     「プロ野球選手にとって理想なのは、最初に入った球団で終わることだけど、また呼んでもらって。年齢的にもここが最後になると思うと、『イーグルスに恩返しをしたい』という気持ちは強いですね」

     直人のこの言葉。ファンの琴線に間違いなく触れる。あの、「涙のトレード」から8年。誰からも愛された男が、再びクリムゾンレッドのユニフォームを着てプレーするのだ。

    「いつかまた、イーグルスに呼ばれる選手になる」
     2010年のオフ。横浜(現DeNA)へのトレードが決まった直後こそ、愛着あるチーム、ファンへの想いが涙となってあふれ出した。

     しかし、「いつかまた、イーグルスに呼ばれる選手になる」と、寂しさを抑制し、気持ちを切り替えた。「移籍先でも存在感を示す」。その気概が、直人の支えとなった。

     横浜では1年目の'11年から126試合に出場と主力の座を勝ち取った。'13年のシーズン途中には西武へ移籍したが、ここでも存在感を示す。とりわけ楽天戦には強く、'16年にはエースの則本昂大から9打数5安打と好成績を残すなど、直人の持ち味である粘り強い打撃は健在だった。

     守備でもセカンド、ショート、サードを守るユーティリティプレーヤーとしてチームから重宝された。

    引用元: 渡辺直人、涙のトレードから8年後。引退ではなく楽天復帰で「恩返し」。

    【渡辺直人、涙のトレードから8年後。引退ではなく楽天復帰で「恩返し」。 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/23(火) 17:50:52.79 ID:ZNWQsykg0
    no title

    先頭を切ってダッシュをするヤンキース田中(左から2人目)。左から松井、1人置いて、釜田、星トレーナー、則本(撮影・横山健太)

    3: 風吹けば狗鷲 2018/01/23(火) 17:51:36.86 ID:ZNWQsykg0
    ヤンキース田中将大投手(29)が23日、仙台市の楽天生命パーク室内練習場で自主トレを行った。


     毎年恒例となった古巣での練習。慣れ親しんだ環境でキャッチボール、ダッシュなどをこなした。

     質問に答える形で新入団選手とも接点を持った。「毎年、こういう環境でやらせていただいている。感謝します。新人にいろいろな事を聞かれたが、答えたことが正解ではない。『自分はこう』と伝えさせてもらった。探求心、向上心を持ってやってもらいたい」と話した。



    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180123-00107163-nksports-base

    引用元: 今年の田中組自主トレww.ww.ww.ww

    【今年の田中組自主トレww.ww.ww.ww 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/11(木) 15:09:42.10 ID:1CGJ9eNK0
    06年 D5位で中日入団
    13年 金銭トレードで楽天へ
    16年 戦力外で自由契約→落合の勧めで中日復帰
    17年 育成から支配下になるも同年戦力外
    18年 楽天ジュニアコーチとして復帰

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180111-00101803-fullcount-base

    引用元: 岩崎達郎、中日復帰したと思ったら楽天復帰

    【岩崎達郎、中日復帰したと思ったら楽天復帰2】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/12/15(金) 20:52:05.57 ID:EAXN4mzsd
    あるかも

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171215-00098209-fullcount-base


    no title


    2013年からの2年間、楽天でプレーしたアンドリュー・ジョーンズ氏【写真:福谷佑介】


    単独インタビューで古巣への“愛”を告白「楽天というのは特別な存在」
     メジャー通算434本塁打の実績を誇り、2013年からの2年間、楽天でプレーしたアンドリュー・ジョーンズ氏。来日1年目には、4番打者として楽天を球団史上初のリーグ優勝、そして日本一へと導いた。2年を過ごした日本を「愛している」と語っていたジョーンズ氏の中でも、楽天ゴールデンイーグルスは特別な存在。単独インタビューの中では、溢れんばかりの“楽天愛”も明かした。



     2014年オフに楽天を退団し、2016年1月に現役を引退した。現在はブレーブスでスペシャルアシスタントを務め、スプリングキャンプで選手の指導を行なったり、球団が注目している若手選手のチェックを行うなどしているという。

     日本を、そして楽天を離れてから約3年が経過した。それでも、2年間を過ごした古巣への愛着は、今も忘れることはない。「日本が大好きな自分にとって、楽天というのは特別な存在だよ。いまでも楽天の戦いぶりはチェックしているし、今年、もしプレーオフで勝ち上がって日本シリーズに出ていたら、日本シリーズを見るために日本に来るつもりでいたんだよ」。今季、クライマックスシリーズ・ファイナルステージまで進んだ楽天。仮にソフトバンクを倒し、日本シリーズに進出を決めていたならば、応援に駆けつける予定にしていたのだという。

     退団した後も、古巣とは良好な関係が続いている。

    「自分が何か力になれたらと思っていて、それについては球団のフロントとも、現役時代から実際に食事をしながら色々と話をしてきていたんだ。フロントの方には自分のことを良く知ってもらっているので、そういった話が出たりもしていた。初めて日本に来た外国人選手にアドバイスをするとか、選手側がアドバイスを求めたら、それを自分が助けてあげたいと思っているよ。実際に1週間、2週間くらい日本に滞在して手助け出来たら、というような話もしていたんだよ。日程が合わなくて実現はしていないけど、そういう意味でも楽天とは、今でもすごく密接な関係を保っている」

     ジョーンズ氏はこう語り「プレーしたのは2年だったんだけど、本当はもう1年プレーしたかったんだ。ただ家族と過ごす時間というのも必要な時期だったので、残念ながら2年で終わってしまったけど、球団との関係は今も続いているよ」とも話している。


    指導者としての復帰は「タイミングではある」も、正式オファーがあれば「もちろん考えたい」
     楽天ファンにとっても、ジョーンズ氏は1人の外国人助っ人以上の存在であるだろう。将来的には、指導者として楽天のユニホームに再び袖を通して欲しいと思う人も少なくないだろう。「楽天の監督になりたいという夢はないか?」との問いを投げかけてみると、「なんとなくだけど、そういうことを考えていないわけではないね」と答え、笑みを浮かべた。

     さらに「球団とのカジュアルな会話の中で『機会があればウチの選手にちょっとアドバイスしてほしい』とか、そういう会話もする中で、楽天という球団はアメリカで成績を残し、日本でもチームに貢献したという選手としての仕事を評価してくれている。どういう人間かというのもフロントの方々は理解してくれている。タイミングではあると思うんだけど、もし将来的に、正式にオファーとしてあれば、自分はもちろん考えたいと思うよ。ただ、今は、自分が出来る範囲内で力になれることがあれば、貢献したいなという感じだね」と続けた。

    「海外から来た選手が日本で活躍するためには、小さなことかもしれないけど、色々なことにアジャストしなきゃいけない。日本を経験した自分は、そういった選手にアドバイスできるかもしれないからね」と今後、楽天でプレーすることになる外国人選手への協力も惜しまない姿勢を強調したジョーンズ氏。球団史上初の日本一に導いた助っ人が、今度は指導者として東北地方に戻ってくる。そんな夢のようなストーリーが実現する日はやってくるだろうか。

    引用元: 【楽天】Aジョーンズさん 近々楽天フロント入り

    【【楽天】Aジョーンズさん 近々楽天フロント入り かも】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/12/01(金) 10:26:34.87 ID:KkCQe2Kg0
    no title

    楽天の入団会見に臨んだ渡辺直人【写真:高橋昌江】
    復帰会見で変わらぬ笑顔「本当に嬉しくて言葉になりません」
     チームメイトも涙した退団から7年。球団の草創期を支えた人気選手が、杜の都に帰ってくる。今オフ、渡辺直人内野手の楽天への復帰が決定した。
    「グラウンドの天然芝化など仙台の球場は色々と変わったようですが、東北のファンの皆さんの熱い応援は全く変わらないですね」と笑ったベテランの帰還を心待ちにしていたファンは、さぞ多かったことだろう。



     牛久高校、城西大学を卒業後、三菱ふそう川崎で遊撃手として活躍した渡辺は、2006年の大学生・社会人ドラフトで、楽天から5巡目指名を受ける。当時、創設2年目を終えたばかりの球団は選手層の薄さに悩まされていたこともあって、26歳のオールドルーキーには、即戦力の証である1桁の背番号「2」が与えられた。

     その大きな期待に応える活躍を見せ、渡辺はすぐにチームに欠かせない選手となっていく。両リーグの新人で唯一規定打席に到達し、打率.268、25盗塁と持ち味を発揮。
    翌年以降も高い出塁率を誇り、3年連続でチーム最多盗塁をマークした俊足などを武器に、高須洋介氏、山崎武司氏、鉄平氏らとともに草創期の楽天を支え続けた。その甲斐あって、専用のユニホームさえない中から出発したチームも徐々に上昇気流に乗っていき、2009年には球団史上初のクライマックスシリーズ進出を果たしている。

    引用元: 「楽天の役に立てる」―球団草創期を支えた渡辺直人が球団にもたらすもの

    【「楽天の役に立てる」―球団草創期を支えた渡辺直人が球団にもたらすもの 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/11/30(木) 16:40:44.67 ID:zzZ7Y3sS0
    no title


    西武を退団して7年ぶりに楽天に復帰した渡辺直人内野手(37)が30日、仙台市のコボパーク内で入団会見を行った。
    会見の冒頭では「ただいまです。ホームに返ってきたような気持ちです」と古巣復帰を喜んだ。

    背番号「26」のユニホーム姿も初披露。「感慨深いというか、感動しますね。うれしいです」と目を潤ませた。
    来季へ向けては「イーグルスは僕にとって特別なチーム。チームを離れても僕の中では気になるチームだった。
    出来ればもう一度ユニホームを着たいと思ってプレーして来た。言葉にならない、信じられないような気持ちだった。
    グラウンドに出れば年齢は関係ない。全力でやる姿を見てもらいたい」と東北のファンに約束していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171130-00000151-sph-base

    引用元: 【楽天】渡辺直人、7年ぶり古巣復帰入団会見「ただいまです」

    【【楽天】渡辺直人、7年ぶり古巣復帰入団会見「ただいまです」 】の続きを読む

    このページのトップヘ