狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    古巣

    1: 風吹けば狗鷲 2017/05/20(土) 23:53:05.34 ID:XBHuhxrQ0
     それにしても、マギーの打棒が止まらない。開幕から「5番・三塁」に定着し、打率3割4分、6本塁打、27打点。特に5月は4割4分、2本塁打、11打点(19日現在)と目覚ましい活躍だ。
    その理由をマギーは「しっかり打つべき球を打っているし、打球がいいところに飛んでいるだけ」と謙虚に話したが、もちろん別の理由もある。

     2013年に在籍し、現在はパの首位を快走する楽天の存在だ。研究熱心なマギーは日々の相手チームだけでなく、
    リーグを問わず他の試合をチェックすることを日課とし「(巨人戦以外の)5試合全部カバーしているけど、やっぱり楽天の試合を見るのは気持ちが入ってしまうね」という。
    しかも、ペゲーロやウィーラーといった助っ人たちよりも「一緒にプレーした選手たちが活躍していると自分にも刺激になるんだよ」と本紙に明かしていた。

     則本や美馬、銀次、藤田、辛島…といった日本一の喜びを分かち合った仲間たちへの思い入れはやはり格別なものがあるようだ。
    くしくも、楽天がパの最下位(8位)に沈んだオープン戦はマギーの打棒もサッパリで、規定打席到達者の中では38人中37位の打率1割4分8厘と低迷。
    それが開幕後の楽天の快進撃とともにマギーの調子も上昇カーブを描いている。そうした“楽天パワー”が好調を支える一因になっている。

     楽天とは30日から始まる交流戦の1カード目(Koboパーク)で激突する。「もちろん対戦するとなれば、気持ちは別のものになる」。何とも頼もしい限りだ。

    引用元: 【朗報】巨人マギー、絶好調の要因は“楽天パワー” 

    【【朗報】巨人マギー、絶好調の要因は“楽天パワー”】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/04/24(月) 08:13:32.28 ID:htKblV450
    2016
    楽天8-16ソフトバンク

    2017
    楽天4-2ソフトバンク

    引用元: 細川が移籍してからソフトバンクがマジで楽天に勝てなくなった件 

    【細川が移籍してからソフトバンクがマジで楽天に勝てなくなった件】の続きを読む

    97B7608E-2FF9-444D-92C8-8962C5232142-2224-000002B65DAED66D_tmp


    1: 風吹けば狗鷲 2017/03/11(土) 17:09:12.00 ID:10vTMgwr0
    日刊スポーツ 3/11(土) 16:33配信

    <オープン戦:オリックス6-0巨人>◇11日◇ほっともっと神戸

     巨人ケーシー・マギー内野手(34=タイガース)が東北への変わらぬ思いを明かした。東日本大震災から6年を迎えたこの日、試合前に両軍による黙とうが行われた。13年に楽天に在籍し、日本一に輝いた助っ人も瞳を閉じ、神妙な面持ちで祈りをささげた。

     マギー 当時は来日してすぐに被害の大きかった小学校を訪問した。周りの家も流されていた光景は今でも忘れることはできない。まだ、たくさんの苦しんでいる方がいると思う。野球を見ることで、その数時間はつらい思いを忘れることができるかもしれない。僕個人だけじゃなくて、野球選手はそう見られていると意識して、これからもプレーを続けていく。

     試合では7回2死までオリックス投手陣に完全投球を続けられたが、右中間への二塁打を放った。この試合、チーム唯一の安打で相手の快挙達成から免れた。「開幕に向けて1打席1打席を無駄にしないように、引き続き明日からも続けていく」と冷静だった。

    引用元: 【ぐう聖】巨人マギー、東北への思い「忘れることはできない」 

    【【ぐう聖】巨人マギー、東北への思い「忘れることはできない」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/03/02(木) 20:30:18.29 ID:11/JUwOn0
    no title

    西武戦に先発した楽天・岸孝之投手
     楽天にFA移籍した岸孝之投手(32)の実戦初登板はホロ苦デビューとなった。2日、練習試合の西武戦(SOKKEN)に先発。開幕投手を務めることが決まっている右腕だが、2回5安打3失点と結果を残す事は出来なかった。

     古巣相手の試運転で課題と収穫が入り交じった。初回は1死から渡辺直、浅村に連打を浴びたが、全て直球で無失点。2死一、二塁で木村文からは外角低めの直球で空振り三振も奪った。
    だが、変化球を混ぜた2回には制球が安定せず、3安打2四球で3失点。悔しさをにじませながら「きょうはバッターに対して投げられたのが一番。コントロールがよくなかった。(状態は)まだ3、4割」と冷静に振り返った。

     だが、首脳陣からの信頼は不変。梨田監督が「この時期に投げているので十分だと思う。不安は全くない」と言えば、与田投手コーチも「全く心配はいらない」と約1か月後となった開幕へ向けて順調であることを強調した。

    https://youtu.be/Yq7xmh2ig7s


    引用元: 【楽天】岸、古巣との実戦初登板でホロ苦デビュー…2回3失点も梨田監督「不安は全くない」 

    【【楽天】岸、古巣との実戦初登板でホロ苦デビュー…2回3失点も梨田監督「不安は全くない」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/28(火) 12:00:54.50 ID:h6U92TUs0
    no title

    投球練習する岸
    Photo By スポニチ

     楽天の開幕投手を務める岸が、古巣相手に新天地デビューする。3月2日に行われる西武との練習試合(清武)に先発することが決定。
    2イニングを投げる予定で、この日、宮崎市のアイビースタジアムの室内ブルペンで48球を投げ込んだ右腕は「久しぶりの実戦なので、試合の雰囲気や感覚を味わいたい」と語った。西武は菊池が先発予定で、主力では浅村らも出場見込み。
    「楽しみは楽しみ」としながらも「(古巣を)意識することはない。投げるからには、どこであれ打たれたくない」と、あくまでも平常心で臨む。

     開幕投手については「移籍1年目なのに光栄。則本も投げたかったと思う。そういう思いを持って投げたい」と改めて意気込みを語った。3・31を見据え、いよいよ「楽天の岸」が実戦マウンドに立つ。 (黒野 有仁)

    引用元: VS古巣で楽天の岸デビュー「楽しみ」も意識せず平常心で 

    【VS古巣で楽天の岸デビュー「楽しみ」も意識せず平常心で】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/29(日) 14:22:44.68 ID:KjEfLX8s0NIKU
    no title

    自主トレでノックを受ける西武・渡辺=17日

    no title

    西武のファン感謝イベントで、ファンとタッチを交わす岸。渡辺の言葉に促され、参加を決めた
    拡大写真
     本格的な球春が近づくと、今季も健在か気になるベテラン選手が何人かいる。かつての東北楽天を支えた功労者ならなおのこと。新人の2007年から正遊撃手として4季活躍し、09年に初のクライマックスシリーズ進出に貢献した渡辺直人内野手(西武)は、今年37歳になる。

    <衰え知らぬ意欲>
     プロ11年目の渡辺は22日まで、千葉県館山市で自主トレーニングをした。東北楽天で同僚だった井野卓捕手(ヤクルト)らと一緒。走り込みで両脚が張っていても、内野ノックでは機敏な動きを見せた。「まだまだ守れるでしょ」
     10年12月にチーム事情から金銭トレードで横浜(現DeNA)に移った。11年、二塁手に定着して当時のKスタ宮城であったオールスター戦に出場した。
    13年途中に西武に移籍した後はベンチを温めることが増えたが、内野全てを守れる器用さと、状況に応じた巧打にベテランの味がある。昨季も70試合出場ながら打率3割9厘を記録した。「最低、昨年並みの働きはしたい」と意欲は衰えない。
     東北楽天の若手のリーダー格だった渡辺の電撃的な移籍が決まった際、新選手会長の嶋ら3選手が契約更改後の記者会見で泣いて別れを惜しんだ。記憶に刻まれているファンは多いだろう。
     西武から東北楽天にフリーエージェント(FA)移籍を決めた岸は昨年11月23日、西武プリンスドームであったファン感謝イベントに出て、ファンにお礼の言葉を述べた。退団することで批判にさらされることも覚悟していた。もともと参加する考えだったが、気持ちに踏ん切りがつかない部分もあった。背中を押したのが渡辺だった。

    <6年前の心残り>
     イベントの半月前、渡辺が親しくしていた岸と本拠地周辺のロードワークに出ると、「移籍を決めました」と明かされた。FA交渉直前で渡辺が慰留できる余地はなかったが、岸から相談された。
     「退団する自分が(感謝イベントに)参加していいのでしょうか」
     「いなくなるのは俺だってさみしいが、お前が決めたこと。それならば、世話になった方々やファンにはきちんと感謝をしなくてはいけないよ」
     渡辺は諭した。6年前、突然の移籍で周囲に十分にあいさつする余裕がなかった時の心残りが頭をよぎったのだろう。この言葉に促され、岸は行事に出てファンに別れを告げ、温かく送り出された。
     それから2カ月が過ぎた。館山市の渡辺の練習場所に、近くで自主トレ中の岸が訪れた。新年のあいさつを済ませた後、渡辺は「やっぱりさみしいな。難敵ができちゃった」と苦笑い。「でも勝負どころではしっかり打つ」と再び練習に励んだ。(金野正之)

    2: 風吹けば狗鷲 2017/01/29(日) 14:23:27.59 ID:KjEfLX8s0NIKU

    引用元: <E番ノート>西武渡辺 移籍の岸の背中押す

    【<E番ノート>西武渡辺 移籍の岸の背中を押す】の続きを読む

    このページのトップヘ