狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    右眼球中心性漿液性脈絡網膜症

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/07(木) 18:47:20.91 ID:/KzNQUk10
    no title

    4日、二軍で別調整する今江(撮影・三島 英忠)

     1月末に右目の異常を訴え、2軍で調整を続けている楽天・今江年晶内野手(35)が、近く実戦復帰する見通しとなった。キャンプイン直前に「右眼球中心性漿液性脈絡網膜症」と診断され、沖縄・久米島キャンプには途中合流。
    その後も2軍で調整を行っていたが、平石監督は「打つ方も走る方も、動きに対する制限なくやれている。目の不安はほぼなさそうなので、近々2軍の本隊に合流して試合にも出てもらう」と説明した。

     5日にはシート打撃で打席に立つなど、順調に回復している。指揮官は同日に今江と電話で話したことを明かし「目はスポーツにおいて非常に重要なので心配していた。声を聞いたら元気すぎるぐらいだった。一安心です」と安堵(ど)の表情を浮かべた。

    引用元: 楽天・今江 近く実戦復帰へ 右目は順調回復 平石監督「不安ほぼなさそう」

    【楽天・今江 近く実戦復帰へ 右目は順調回復 平石監督「不安ほぼなさそう」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/04(月) 18:56:49.86 ID:BALY802w0
    no title

     練習を再開した今江
     視界がぼやけるなどの症状が出る「右眼球中心性漿(しょう)液性脈絡網膜症」と診断されていた楽天・今江年晶内野手(35)が4日、沖縄・久米島の2軍キャンプに合流した。

     今江は沖縄・久米島で1軍キャンプスタートの予定だったが、1月29日の練習後に右目の違和感を訴え、仙台市内の病院で検査。その後は仙台で経過観察を行っていた。

     この日は室内練習場でネットスローやティー打撃など、軽めのメニューを消化した今江。「全体の練習には参加できなかったが、久米島に来てチームに合流できたことは良かった。目のために焦らずにやっていきたい」と話していた。

     平石監督は「まずは不安を取り除いてほしいので、しっかりと治すこと。本人はもどかしいかもしれないけど治ってからでも(練習量は)できる。軽くでも動けるということなので、その辺は一歩前進」とベテランの合流を喜んでいた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190204-00000113-dal-base

    引用元: 楽天・今江が2軍キャンプに合流 右目違和感から復帰「焦らずにやりたい」

    【楽天・今江が2軍キャンプに合流 右目違和感から復帰「焦らずにやりたい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/04(月) 11:04:48.37 ID:BALY802w0
     楽天は4日、右目の異常でキャンプ合流を見合わせていた今江年晶内野手(35)が、沖縄・久米島の2軍キャンプに合流したと発表した。当面は別メニューで、右目の様子を見ながらできる範囲で体を動かしていくという。


     今江はキャンプ地入り前日の1月29日に「普段と見え方が違う」と右目の不調を訴え、仙台市内の病院で診察を受けたところ「右眼球中心性漿液(しょうえき)性脈絡網膜症」と診断された。原因、全治ともに不明で、その後は仙台で経過を観察していたが、3日に久米島入りしたという。


    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20190204-OHT1T50069.html

    引用元: 【楽天】原因不明の右目異常の今江が2軍キャンプに合流

    【【楽天】原因不明の右目異常の今江が2軍キャンプに合流 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/30(水) 17:30:28.85 ID:TlsL1vudr
    20190130s00001173259000p_view


    楽天は30日、今江年晶内野手(35)が右目の異常によって沖縄・久米島の1軍キャンプ合流を見合わせたと発表した。
    今江は29日に「普段と見え方が違う」と右目の不調を訴え、仙台市内の病院で診察を受けたところ「右眼球中心性漿液(しょうえき)性脈絡網膜症」と診断されたという。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000113-sph-base

    引用元: 【悲報】楽天今江、目の網膜が逝く

    【【楽天】ベテラン・今江が原因不明の右目の不調を訴えてキャンプ合流を見合わせ】の続きを読む

    このページのトップヘ