狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    土地

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/02(土) 02:41:07.14 ID:LVj8n8qK0
    no title


     2017年2月に閉店したさくら野百貨店仙台店(仙台市青葉区)跡地のビルと土地の一部が既に売買されていたことが28日、分かった。買い取ったのは、かつて仙台店の運営会社エマルシェ(同)の経営権を握っていた投資ファンド、東北リテールマネジメント(東京)。建物の解体と一体的な再開発が目的とみられる。
     仙台店は八つのビルで構成され、6オーナーが所有する。匿名組合が出資する最大のオーナー、さくら野DEPT仙台合同会社(東京)のビルと土地は全体の約8割を占める一方、中央部の土地は別のオーナーが所有していたため、東西に分断された状態だった。
     関係者によると、仙台店跡地の売買は18年11月下旬に行われた。東北リテールが取得したビルと土地は中央部にあり、さくら野DEPTの所有地を分断していた。
     東北リテールに売却したオーナーは登記簿上、1940年代から中央部のビルと土地を所有していた。取引額は非公表だが、地元不動産関係者によると、土地評価額で数億円に上るという。
     別の経済関係者は「今回の取引で東西の土地がつながった。東北リテールとさくら野DEPTは事実上、一体化した関係にある」と指摘する。
     さくら野DEPTは15年3月、エマルシェに未払い賃料など計約10億円の支払いと建物明け渡しを求め提訴したが、16年3月に急きょ和解した。さくら野DEPTが示した和解条件は、東北リテールがエマルシェの経営権を握ることだったとされる。
     東北リテールは16年2月に設立され、エマルシェの全株式の8割を取得。同年4月、東北リテール関係者の男性がエマルシェ社長に就任した。男性は半年後の同年10月に退任したが、東北リテールがエマルシェの経営権を握った状態が続いたままで仙台店は閉鎖した。
     地元の不動産関係者は「さくら野DEPTにとっても、今回の不動産取得のメリットは大きい。東西分割状態で再開発しても土地の価値は半減する。東西がつながることで、再開発を希望するデベロッパーとの交渉で強気に出られるのではないか」と分析する。

    引用元: 【朗報】仙台駅前の元さくら野のビル、ついに再開発開始か

    【【朗報】仙台駅前の元さくら野のビル、ついに再開発開始か 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/10/26(水) 17:48:15.36 ID:Dy7QDQJM0
     「オコエ計画」で月まで到達する。楽天オコエ瑠偉外野手(19)が25日、仙台市内の球団事務所で12球団で今季最初の契約更改交渉を行い、現状維持の1200万円でサインした。ルーキーイヤーの今季は51試合に出場。
    打率1割8分5厘、1本塁打6打点4盗塁とロケットスタートは決まらなかったが、来季以降の成長を約束。将来は月に土地を購入したいと“スケールMAX”な夢を語った。(金額は推定)



     でっかい夢を打ち上げた。オコエは現状維持という評価に「そんな簡単に(年俸が)上がる世界ではない」と納得の表情を浮かべ、「しっかりと(貯金を)ためていきたい。寮なので、ためられるうちにためていきたい」と堅実な人生設計を披露。
    しかし、将来の夢を問われると「月に土地を買うことですかね。限られた人しかできなさそうだから」。言い切ると、笑った。

     「オコエ計画」の青写真は着々と描かれている。今季1軍出場は51試合。課題を問われ「バッティングはまだまだ」と打率1割8分5厘に終わった打撃が課題と自己評価。
    オフにはウインターリーグへ参加して実戦経験を積み、また肉体改造を行うとした。「全体的にスピードが出る筋肉を落とさずに体を強化したい。強くて速いがベスト」と143試合に耐えられる体を作り上げていく。

     月へ走る。守備に関しては1軍、2軍でも高いレベルでできたと確信。打球判断で踏み出す1歩目の速さなど「守備と走塁は自分が思っていた以上にチームに貢献できた」と手応えを口にする。しかし走塁は「細かい盗塁の技術をつけたい」と向上を約束した。

     お手本は先輩だ。過去に盗塁王を獲得した松井稼、聖沢から勉強中。「聖沢さんはプレーを見て的確に助言をくれる。稼頭央さんは練習前に一緒になると話してくれる」と一流への技術を学ぶ。
    今季53盗塁したオリックス糸井や引退した巨人鈴木のように「成功率を上げたい」と限られた人への成長を掲げた。

     6月18日のDeNA戦では「オコエ1号」となる初本塁打も打ち上げた。「来季は今季以上の成績を最低でも残さなきゃと思う。今季以上に1軍の試合に出るのを目標にやっていきたい」と意気込む。小さな1歩を大きな1歩に。オンリーワンの夢へ、月面歩行のように軽やかに歩む。【島根純】

     ◆月の土地 米国のルナエンバシー社が1エーカー(約1200坪)を2700円で販売している。購入すると月の土地の権利書、月の憲法、土地所有権の宣言書のコピーなどが送られてくる。米国人のデニス・ホープ氏(ルナエンバシー社CEO)が1980年に販売を開始した。
    今では世界で130万人以上、日本では15万人以上が所有。著名人ではメグ・ライアン、トム・ハンクス、福原愛、福山雅治、香取慎吾らが所有していると言われている。

    引用元: オコエの夢「月の土地買う」

    【オコエの夢「月の土地買う」 】の続きを読む

    このページのトップヘ