狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    地元

    1: 風吹けば狗鷲 2020/03/05(木) 17:22:52.53 ID:cOfinN0GF

    2: 風吹けば狗鷲 2020/03/05(木) 17:23:15.52 ID:cOfinN0GF
    no title

    楽天対DeNA 2番手の楽天牧田(撮影・大野祥一)

    3: 風吹けば狗鷲 2020/03/05(木) 17:23:19.57 ID:cOfinN0GF
    <オープン戦:楽天4−0DeNA>◇5日◇静岡

    米大リーグのパドレスから3年ぶりに日本球界に復帰した牧田和久投手(35)が、871日ぶりに日本のマウンドに帰ってきた。
    地元静岡での凱旋(がいせん)登板を1回1安打無失点で終えた。
    3点リードの6回から登板。先頭のDeNA百瀬に中前打を許したが、続く神里を121キロの外角高め速球で遊ゴロ併殺に仕留めた。
    2死から新外国人のタイラー・オースティン外野手(28=ブルワーズ)と対戦。88キロのカーブに126キロの速球を組み合わせ、三ゴロに打ち取った。
    日本での登板は、西武時代の17年10月16日、CSファーストステージ第3戦の楽天戦以来となった。
    右肩の張りで初実戦が遅れたが「すごく緊張した。結果はどうであれ、今の現状でバッター相手にどれだけ投げられるかを見たかった。まあまあですが、もっと強い球を投げたい」と振り返った。

    引用元: 楽天牧田871日ぶり日本のマウンド「すごく緊張」

    【楽天牧田871日ぶり日本のマウンド「すごく緊張」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/03/03(火) 20:05:27.53 ID:MApkv9m200303
    no title
    楽天対DeNA 2回裏楽天無死、右前打を放つ鈴木(撮影・大野祥一)

    <オープン戦:楽天4-2DeNA>◇3日◇草薙球場

    静岡・小山町出身でロッテからFAで加入した楽天鈴木大地内野手(30)が「5番三塁」で凱旋(がいせん)出場した。新型コロナウイルスの影響で無観客の中、バットでは2打数1安打に2四球とチャンスメークに貢献。守備でも三塁と一塁で軽快な動きを見せ、20日のオリックスとの開幕戦(楽天生命パーク宮城)へ向け、順調な仕上がりを披露した。

    乾いた打球音だけが響いた。2点を追う2回。先頭で打席に立つと、DeNA先発ピープルズの真ん中に入ってきたナックルカーブをたたき一、二塁間を鋭く破った。後続が3安打を放ち同点に追いついた。7回には三嶋に9球を費やさせ、四球を選ぶしぶとさも見せた。4打席で3出塁し「完璧とは言えないけど、ヒットも出て内容は良かった」と振り返った。

    引用元: 楽天鈴木大地が凱旋2の1「世の中が…」無観客思う

    【楽天鈴木大地が凱旋2の1「世の中が…」無観客思う】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/29(日) 10:10:25.33 ID:5/ScqqNzd
    no title

    兄・昂大と合同自主トレを行うことを明かした楽天・則本佳

    引用元: 【楽天】則本が則本に弟子入り…弟・佳樹、兄・昂大と合同自主トレで支配下狙う

    【【楽天】則本が則本に弟子入り…弟・佳樹、兄・昂大と合同自主トレで支配下狙う】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/12/12(木) 21:47:35.89 ID:SgZCVidU01212
    no title

    “直球質問”に楽天からヤクルト移籍の嶋が苦笑い「ナゼ中日を選ばなかったのか」その答えは…
    花束を受け取るヤクルトの嶋
     楽天からヤクルトに移籍した嶋基宏捕手(34)が12日、岐阜市の「じゅうろくプラザ」で行われた「ぎふベースボールフォーラム2019」に登場し、地元に近いナゴヤドームでの活躍を誓った。


     岐阜県海津市出身の嶋は司会者の「何でドラゴンズを選ばなかったのか」との直球質問に「地元のプレッシャーがあったので」と苦笑。「ナゴヤドームに来る機会も増える、お互いにいい試合をして最後にヤクルトが勝つ」と宣言した。

     この日今年の漢字が発表されたのを受け、来年の漢字を「新」と設定。「新しいチームになるし、自分にとっても新しいスタートなので」と説明した。

    引用元: “直球質問”に楽天からヤクルト移籍の嶋が苦笑い「ナゼ中日を選ばなかったのか」その答えは…

    【“直球質問”に楽天からヤクルト移籍の嶋が苦笑い「ナゼ中日を選ばなかったのか」その答えは… 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/21(月) 21:00:08.62 ID:GUyGR/YL0
    地元・中日が嶋獲得へ動く 楽天で3年間“共闘“ 与田監督が高評価「非常にピッチャーを育ててくれるキャッチャー」
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191021-00010039-chuspo-base

    no title

    ドラゴンズが獲得に向け本格調査に乗り出す楽天の嶋
     中日が、楽天を自由契約になる嶋基宏捕手(34)の獲得調査に乗り出す。21日に嶋が自由契約となることを楽天に了承されたことを受け、調査する方針を固めた。捕手は今季も確固たるレギュラーを確立できなかった中、嶋の豊富な経験と実績はやはり魅力。ヤクルト、ロッテなども関心を示しているとみられ、中日も本格的に検討していく。


     捕手は来季に向け、層を厚くしていきたいポジションの一つ。正捕手不在はここ数年の悩みとなっており、今季もレギュラーを確立できなかった。期待された加藤が最多の92試合に出場したが、リードを含めた守備も、打率2割2分8厘だった打撃も課題が多く、定位置をつかめなかった。新人の石橋も12試合に起用したが、まだまだこれからの選手。今季1軍で出場した大野奨、木下拓らも含め、激しい競争をさせなければいけないポジションなのだ。

     そんな中で、嶋が自由契約になった。今季は故障もあり、プロ13年目で最少の57試合出場にとどまったが、体が万全ならレギュラー候補になってくる。また、経験も実績も豊富な嶋が間近にいることは、若い捕手らにとってもプラスになる。

     楽天コーチ時代に3年間チームメートだった与田監督も、嶋の力はよく分かっている。この日の午後、嶋の自由契約が決定したという報道が流れた後、本紙の取材に対し「非常にピッチャーを育ててくれるキャッチャー。ここ数年はけがもあったが、楽天にいた時も3年間、嶋の力で勝ったり、若いピッチャーを育ててきたりしたのを見てきた。後は球団と本人がどういう意思かとなる」と語り、あらためて実力を評価していた。

     嶋は岐阜県出身で、中日とっては地元の選手にもなる。いずれにせよ今後、本格的に検討を重ねていく。

    引用元: 楽天退団の嶋、中日が獲得か

    【楽天退団の嶋、中日が獲得か 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/08/09(金) 17:27:08.02 ID:1bSEGxqw0
    no title

    現役時代、ソフトバンクで活躍した摂津正氏【写真:藤浦一都】


    引用元: 元鷹・摂津正氏、FA取得時に考えた楽天移籍「2013年の日本一がなかったら…」

    【元鷹・摂津正氏、FA取得時に考えた楽天移籍「2013年の日本一がなかったら…」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/07/18(木) 09:17:27.74 ID:E62rR1zY0
    no title

    オリックス対楽天 4回表楽天1死二塁、辰己は適時三塁打を放つ(撮影・渦原淳)

    <オリックス3-7楽天>◇17日◇京セラドーム大阪

    逆転の楽天が息を吹き返した。ドラフト1位ルーキーの辰己涼介外野手(22)が4回に右中間へ同点の適時三塁打を放つなど、2安打1打点、全打席出塁と地元関西で躍動。15日の初戦に続く今季23度目の逆転勝ちで6カードぶりの勝ち越しを決めた。後半戦を上々の形で滑りだし、19日からは仙台で首位ソフトバンクを迎え撃つ。
        ◇   ◇   ◇
    肩口から入ってくるカーブを捉えた辰己の打球が、グングン伸びた。球団新記録の1試合7発が飛び出した6月14日の広島戦で本塁打を放って以来の長打は、貴重な同点打。「詰まりましたけど、いい対応ができました。久しぶりにタイムリーが打てて良かった」。続く茂木の適時打で決勝のホームを踏んだ。8回の右中間二塁打を含め、全4打席出塁と上位につなぐ9番の役割を全うしてみせた。
    5月からスタメンに定着。球界トップレベルの強肩と広大なカバーエリアを備える中堅守備で何度も味方を救い、チームトップの9盗塁をマークするが「前半戦は悔しさしかありません」と首を振る。1カ月前に2割6分を超えていた打率は、試合前の時点で2割3分5厘。
    交流戦終盤には「僕、将来子どもができてもプロ野球選手にはしないと思います」と漏らしたこともあった。結果を残し続けなければ居場所を失う過酷な世界であることをあらためて実感。神経をすり減らしながら「でも、僕が野球を嫌いになることはない」と歯を食いしばってきた。

    引用元: 楽天辰己「関西すこ🥰」地元で三塁打&全打席出塁

    【楽天辰己「関西すこ🥰」地元で三塁打&全打席出塁 】の続きを読む

    このページのトップヘ