狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    地元


    1B54E79B-1D59-40B1-A73F-6408CCC6593A

    9回2失点、プロ初完投で4勝目を挙げた藤平(カメラ・今西 淳)


    ◆ロッテ2―7楽天(17日・ZOZOマリン)

     楽天・藤平尚真投手(19)が9回3安打2失点の好投でプロ初完投勝利を挙げた。9回114球、3安打2失点で自己最多の4勝目をつかんだ。21日に20の誕生日を迎える右腕は「10代最後の登板でこういう投球ができた。最高です」と声を弾ませた。

     前回9日の登板途中から制球を安定させるために試したセットからの投球に手応えを得た。今回も初回からセットで投げ続けた作戦が奏功。4回に本塁打などで2点を失った以外は相手打線を封じ込めた。

     6回に先頭・岡に二塁打を許したが、その後の平沢、中村、井上を3者連続空振り三振に仕留めるなど要所を締めた。

     平石監督代行も「2点を取られた後によく粘った。行けるところまで行かせたいと思っていた」と一人で投げ抜いた若き右腕を褒めたたえた。

     9月初旬。休みを利用して千葉の実家に帰省した際にはこれまで挙げた3つのウィニングボールを両親と祖父母に一つずつプレゼントした。普段から誰よりも応援してくれる最愛の家族への気持ちの表れだった。

     心優しき19歳はこの日も試合後に観戦に訪れていた父・武美さん(43)と母・直美さん(44)に記念のボールを手渡した。武美さんは「今年、僕が見た試合は2軍も含めて4回負けていた。やっと勝てた」と喜んだ。父の不安も払拭した孝行息子。笑顔で手を振り、球場を後にした。 


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000245-sph-base 
    【【楽天】藤平、家族にささげたプロ初完投勝利】の続きを読む

    20180827s00001173226000p_view

    群馬・前橋市出身の楽天岡島選手会長

     楽天の岡島豪郎外野手(28)が28日に故郷・前橋(上毛新聞敷島球場)で開催される西武戦へ意気込みを見せた。

     「打ちたいですね。両親とか親族が応援に来てくれるって聞いてますし」。群馬・関東学園大付―白鴎大から11年ドラフト4位で楽天に入団。
    高校3年夏は群馬大会3回戦で敗退したが「確か敷島でも戦った記憶があるんですけど…。楽しかった」と振り返った。きょう27日はナインとともに、こちらも「懐かしい」高崎城南球場で軽く調整。チームは3連敗中だが、選手会長としても首位・西武に一泡吹かせる。


    AEE31B67-16EF-402B-8CE3-18B17381C0E7

    ティー打撃をする田中


     楽天が田中和基外野手(23)の誕生日記念グッズを発売することが26日、分かった。誕生日グッズを発売するのは球団史上初。2年目でレギュラーをつかみ、人気急上昇の現状に対応したもので、21日の西武戦(メットライフ)で放った逆転満塁弾を記念したTシャツが目玉となる。田中はこの日、楽天生命パークで行われた全体練習に参加。27日からのソフトバンク戦(ヤフオクD)へ向けて、福岡へ移動した。


     急騰する人気に、球団も動いた。ユニホーム、タオルなど通常の田中グッズは、完売が相次ぎ生産が追いつかない状況。ファンからの田中グッズへの要望も、数多く寄せられていたという。この状況に、球団は8月8日の24歳の誕生日に合わせ、球団史上初となる「誕生日記念グッズ」の発売を決定した。

     誕生日グッズの中心となるのが21日の西武戦(メットライフ)、2点を追う8回に右打席で放った逆転満塁弾を記念したTシャツだ。田中にとって人生初のグランドスラムであることに加え、チームを今季初の5連勝に導く価値ある一発であることも選ばれた理由。このTシャツ以外にも、複数の誕生日グッズが企画されている模様だ。

     球団の期待に応えるためにも、田中は地元での爆発を狙っている。27日からは生まれ育った福岡でのソフトバンク戦。今季初の地元凱旋となった5月25日からの3連戦では、13打数5安打、2本塁打、3打点と結果を残し、一気に中堅の定位置をつかんだ。「最初のころはタイムリーとか打ったら、後輩が『すげー』とか言ってくれてたけど、最近は反応がなくて寂しい」と苦笑い。改めて目の前で、雄姿を見せるつもりだ。

     後半戦に入り、相手のマークも厳しくなってきたが、不安はない。「引っ張りのヒットが出てるのはいいこと。去年はインコースを攻められてたけど、今年はそれを狙うこともできはじめた。幅が出てきた」と自信をのぞかせた背番号25。バットの勢いに乗り、人気もさらに加速させる。

    20180712-OHT1I50150-L

    イースタン2番手で登板した楽天・近藤
     フレッシュオールスターゲーム2018 ウエスタン選抜―イースタン選抜(12日・弘前)

     楽天のドラフト1位・近藤弘樹(23)は、フレッシュオールスターのイースタン選抜2番手として2回に登板し無安打1四球無失点に抑えた。坂倉(広島)を空振り三振、石垣(中日)を遊飛に抑えた。続く島田(阪神)には四球を与え出塁を許したたが、捕手・古賀(ヤクルト)が二盗を阻止した。「もうちょっと投げたかった。(ウエスタン選抜打線は)振れてますよね。ブンブン振っていました」と話した。

     フレッシュ球宴の試合前、球場では西日本を襲った豪雨災害の犠牲者へ黙とうが捧げられた。広島出身の右腕は、地元の後輩や友人の自宅も土砂災害などの被害に遭っており「僕がいないときに大きな災害が来て。4年前(2014年の豪雨による広島市の土砂災害)も大学(岡山商科大)にいった直後だったので。その場にいなくて、もどかしい気持ちがある。頑張って良いニュースを届けられたらなと思います」と沈痛な表情で話した。

    20180616_nishimaki_tm-560x373

    楽天・西巻賢二【写真:高橋昌江】

     幼少期に楽天ジュニアでプレーし、高校時代を仙台で過ごした青年が、杜の都で勇躍するその日に向けてイースタンで研鑽を続けている。楽天の西巻賢二内野手が2軍で遊撃手として活躍を見せ、高卒1年目ながら1軍でも出場機会を獲得してみせた。物おじすることなく奮闘する若鷲の存在は、不振に苦しむチームにとっても未来に向けて明るい材料のひとつとなるはずだ。

    【動画】攻守に才能を発揮! 高卒新人・西巻が魅せる野球センス!

     仙台育英高校で主将として活躍した西巻は、2017年のドラフト6位で楽天から指名を受けてプロ入りを果たす。福島県出身の同選手にとってもお膝元となる東北の球団で、プロ野球選手としての第一歩を踏み出していく形となった。

     西巻は入団会見で自身のアピールポイントを「守備力」と語り、「その守備の中でも判断力や、とっさの動きに注目していただきたいです」と、いわゆる”野球脳”についての自信を垣間見せていた。担当の上岡良一スカウトも「高校生の中でもトップクラスの守備力です。野球をよく知っている、いわゆる野球センスが優れているというところが彼の一番の特長です」と語ってその野球センスを絶賛しており、知性の高さが大きな武器のひとつであると形容できそうだ。

     プロに入ってからも物おじしない姿勢を見せ、プロ入り直後の1軍キャンプでも存在感を発揮。開幕1軍こそ果たせなかったが、2軍では60試合に出場して規定打席にも到達し、打率.228ながら5本塁打を放って小柄な体に秘めたパンチ力も証明している。

     守備面でも高卒1年目とは思えない落ち着きを見せ、遊撃手として前評判通りの活躍を披露している。6月半ばには早くも1軍昇格を勝ち取り、打席に立つ機会こそなかったものの、2試合に出場して貴重な経験を積んでいる。

    楽天ジュニア出身の選手が楽天のユニホームを着るのは史上初

     地元の仙台育英高校で3年間を過ごした西巻だが、小学6年時には楽天ジュニアでプレーした経験を持っている。上岡スカウトが「初めて楽天ジュニア出身の選手が、楽天イーグルスの本当のユニホームを着るので、そういった本人のうれしさもあると思います」と話した通り、楽天ジュニア出身の選手がイーグルスに入団するのは史上初。順調に実力をつけて主力へと成長を遂げれば、地元出身の生え抜きスターとしてファンの熱い後押しを受ける姿も容易に想像できるはずだ。

     たびたび落ち着きを称賛される、知性は日常生活でも生かされているようで、ルービックキューブを2分弱で全面揃えられるという意外な特技も持っている。嶋や茂木をはじめ、リーダーシップを備えた選手が多い楽天にあっても、西巻が野球脳と知力を兼備した次代のリーダーとなりうる資質は十分だろう。

     背番号「67」は、自身と同じく東北出身の銀次が2011年まで背負った番号でもある。入団会見の場で背番号を知ったという西巻は「やっぱりこれまで色々な方々がつけてきた背番号なので、恥のないように、しっかり責任と自覚を持って頑張っていきたいと思っています」とコメントしており、押しも押されもせぬ主軸へと成長した先輩同様の活躍を見せられるか注目されるところだ。

     167センチと小柄ながら随所で野球センスを感じさせる俊英は、高校時代と同様に走攻守のすべてでチームを背負って立つ存在となれるだろうか。ドラフト6位という立ち位置でのプロ入りではあったものの、秘めたるスター性は十分。高校時代に惜しくも到達できなかった栄冠を、同じく仙台を本拠地とする楽天にもたらすための戦いはまだ始まったばかりだ。  【杜の都一筋でプレーする高卒新人 野球センス溢れる楽天・西巻にかかる期待】の続きを読む

     楽天の高卒5年目、古川侑利(22)が通算15試合目の登板にして待望のプロ初勝利を挙げた。先発した5日の巨人戦で5回1失点の好投。6安打3四球と走者は出したものの、臆することなく腕を振った。奪った三振は8。ケレンのない投球で、チームの交流戦初勝利を呼び込んだ。

    「ゲームセットの瞬間?いやあ、本当に心の底からうれしかったです。(5年目での初勝利は)本当、長かったです。本当にやっと勝てて、プロ野球選手になれたなという気持ちです」

     2013年のドラフト4位で入団。高卒1年目に一軍デビューを果たしたが、2年目に右ヒジと肩を痛めて苦しんだ。3年目の16年は6試合、4年目の昨季はすべて先発で5試合に登板したものの、白星が遠かった。

    「それでも、地元では大ヒーローです。13年夏に絶対的なエースとして母校の有田工(佐賀)を創部114年目にして初の甲子園に導いた。初戦で大垣日大(岐阜)から“歴史的1勝”、地元は大いに沸いた。

     出身の武雄市からは20年ぶり4人目のプロ野球選手ということもあって、自身の名前を冠した『古川侑利杯少年野球大会』が創設されたり、オフに市長と対談したりと、地元の期待を一身に背負っている。待望の初勝利を挙げて、今年のオフはやっと胸を張って凱旋できますね」(地元マスコミ関係者)

     昨年12月には、年上の一般女性とクリスマスイブ入籍。3年半の交際を経て伴侶となった新妻に「早くプロ初勝利をプレゼントできるように頑張ります」と誓っていた。

     この日も、ウイニングボールをどうするか? と聞かれ、「まずは奥さんに見せて、その後は実家に送ります」と即答。最後まで笑顔が絶えなかった。

     ◇交流戦 ヤクルト3―2楽天(2018年6月2日 楽天生命パーク)

     11年以来7年ぶりに地元の仙台で登板したヤクルト由規は、最速150キロを計測するも5回途中2失点で勝敗つかず。

     2―0の5回2死二、三塁、田中に左中間へ同点の2点適時打を許して「あそこ(5回)を切り抜けられたら良かった」と悔しがった。それでも13年の右肩手術を乗り越えて以降、初となる地元のマウンドで大歓声も浴び、家族も観戦。「自分の中ではホームみたいな気持ちで投げた。たくさん声援をいただいた」と感謝した。

    このページのトップヘ