狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    売り出し中

    8A798FE7-4937-412B-BE85-E0E123B1D80B

    田中は新生楽天を牽引する存在だ


    梨田前監督の辞任を受けて平石洋介監督代行(38)を据えた楽天。逆襲のキーマンはプロ2年目の韋駄天、田中和基外野手(23)だ。


     19日の横浜DeNA戦(横浜)に「1番・中堅」で先発。5打数4安打の大活躍で、なんとそのうち3本が内野安打。6回には左前適時打も放ち、「純粋にうれしい」とはにかんだ。

     西南学院高から立大を経て入団したスイッチヒッター。学生時代は医者を目指したこともあるほど文武両道を貫き、今はチーム1、2を争う「雑学王」。「野球以外のことを聞いても大体のことは知ってますね。あんなプロ野球選手、見たことないです」(某選手)

     昨季は51試合出場で打率・111、1本塁打、2打点。今季はここまで27試合で同・319、4本塁打、12打点。中堅の定位置を奪う勢いを見せており、平石代行も「打線を引っ張っていってくれている」と評す。

     褒めているのは身内だけではない。17日まで対戦した阪神・糸井嘉男外野手(36)も「アイツはマジでヤバい。(オリックスの吉田)正尚みたいになるぞ」と興味津々で、「振るのも強いし足も速い。守備もうまいね」と絶賛する。

     これを伝え聞いた田中は「本当ですか? 大変光栄ですし、ありがたいです」と最敬礼。糸井は走攻守そろった外野手として目標となりそうなタイプだが、「雲の上の方なので…自分はまだまだ」とあくまで謙虚だ。

     チームは平石代行就任後2試合連続の2ケタ安打で6月初の連勝。固定できなかったセンターラインの一角を狙う韋駄天が新体制の「顔」になるか。(山戸英州)
    【楽天逆襲のカギ握る韋駄天・田中 阪神・糸井も絶賛「アイツはマジでヤバい」】の続きを読む

    20180619-00000605-san-000-1-view

    1回、打者・茂木の時、一走の楽天・田中和基が盗塁=19日、横浜スタジアム(撮影・荒木孝雄)

    獅子奮迅の活躍ぶりを示すように、試合終了直後のユニホームは土で汚れていた。楽天2年目の田中が、1番打者として適時打を含む4安打2盗塁で勝利を牽引(けんいん)。「(4安打に)純粋にうれしいです」。23歳の若きリードオフマンは、充実感を漂わせた。


     先制点も田中の出塁から生まれた。一回、遊撃への内野安打で出塁すると、すかさず二盗に成功。その後1死三塁から野選で本塁に生還した。4安打のうち3安打が内野安打。「僕が盗塁できれば、いろんな攻撃パターンができる」と五回にも二盗を成功させた。立教大時代、50メートルが5秒8という俊足を生かした23歳に、平石監督代行も「プラン通りの攻撃ができた」とうなずいた。

     入団1年目の昨季、2軍監督として親身にアドバイスを送ってくれたのが平石監督代行だ。「良い意味でも悪い意味でも僕のことを知ってくれている」という恩師の期待に応えるべく、交流戦は全18試合に出場して打率・314をマーク。入団2年目で飛躍への足がかりをつかみつつある。

     平石監督代行の新体制以降、2連勝で交流戦を締めくくった楽天だが、チームの“借金”は18。重い現実が依然として横たわる。「ここからが大事」と平石監督代行。若手選手の活躍を突破口にチームの巻き返しを図っていく。(浅野英介) 【楽天2年目の田中、獅子奮迅の4安打2盗塁 50メートル・5秒8の俊足を発揮】の続きを読む

    左右どちらでも本塁打が打てるパンチ力が魅力

     走攻守の三拍子が揃う「5ツール・プレーヤー」になりうる可能性を秘めた逸材が、ついにその本領を発揮しつつある。楽天の田中和基外野手が好調で、「3番・中堅」として抜群の存在感を見せている。担当スカウトだった沖原佳典氏が「強肩、俊足、そしてなによりスイッチヒッターで右でも左でもホームランが打てることが彼の最大の魅力です」と語った高い素質をいよいよ開花させつつある田中は、勢いそのままに主力選手の座へと定着を果たすことができるだろうか。

    【動画】抜群の身体能力でチームを救った! センター後方の難しい打球を楽天・田中和基がスーパーキャッチ!

     西南学院高校、立教大学を経て2016年のドラフト3位で楽天から指名を受けてプロ入りした田中は、俊足と強肩を武器にルーキーイヤーから代走・守備要員として1軍で出場機会を得る。この年のハイライトとなったのは5月20日の千葉ロッテ戦。スタメン出場を果たしてプロ初安打を記録しただけでなく、延長12回に決勝2ランを放ってチームを勝利に導き、1年目から確かなインパクトを残してみせた。

     さらなる活躍が期待された今季は開幕1軍入りを果たしたものの、4打数無安打と結果を残せず4月5日に2軍降格となってしまう。しかし、5月下旬に1軍に再昇格してからは打撃面で長足の進歩がみられ、スタメンとして継続的に出場機会を確保。5月24日からの9試合中8試合でヒットを放ち、守備でも6月1日の試合で大飛球を見事につかんで併殺を完成させるなど存在感を発揮。攻守にわたる活躍によって自らの価値を証明し、中堅手のレギュラー定着に向けて突き進んでいる。

     5日の巨人戦では「1番・中堅」で4打数2安打の活躍を見せ5月26日から8試合連続安打を継続。それだけでなく、5月26日から6月1日にかけては5試合で4本塁打を放って長打力も証明。打順も当初は9番だったが、この大活躍を受けてクリーンアップの一角である3番を任されるように。徐々に周囲からの信頼も高まっていることをうかがわせており、一気にチームの主軸へと駆け上がっていきそうな勢いすら感じさせる。

    【楽天の未来を担う“5ツール・プレーヤー” 田中和基の勢いが止まらない】の続きを読む

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

     プロ2年目の楽天田中がブレークしている。3日時点で打率3割1分7厘、9打点をマーク。7試合連続で安打を記録するなど好調を維持する。ここ7戦で4発。181センチ、75キロと細身の体形ながら、持ち前のパンチ力を見せつけている。梨田監督は「もともと、彼はポテンシャルが高い選手だと思っている。ずっと期待していて、ずっとその期待を裏切られてきた」と独特な言い回しで、スイッチヒッターの田中の能力を評価している。


     ルーキーイヤーの昨季は51試合で、打率1割1分1厘、1本塁打、2打点だった。50メートル5秒台の俊足に加えて、チーム一の強肩が首脳陣の評価だった。田中は「それでは試合に出られない。打撃でアピールしないと、足が速いのはオコエもいるし、1発もある岩見も入ってきた」と危機感を募らせてきた。

     そこで春季キャンプから、打撃改造に取り組んできた。「まずは、バットに当てることから。少し寝かせて、より当てやすくするように」と地道に改善してきた。島内、オコエが故障中の状況で好調な打撃を買われて「3番」を任されるまでに成長した。楽天の田中と言えば、マー君ことヤンキース田中。強肩強打の外野手として、名前をさらに知らしめたい。【楽天担当 栗田尚樹】

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/14(月) 06:19:09.04 ID:dKVmNSnj0.n
    若いしそこそこ打ってるのに全然ワクワクしない
    なんでだろう
    no title

    2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/14(月) 06:20:19.69 ID:UXJkG6ta0.n
    HR一本でも出ればまた違ってくる

    引用元: 楽天の北川とかいう若手

    【楽天の北川とかいう若手】の続きを読む

    このページのトップヘ