狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    大塚光二

    ◆報知新聞社後援 第67回全日本大学野球選手権最終日 ▽決勝 東北福祉大6―2国際武道大(17日・神宮)

     東北福祉大(仙台六大学)が国際武道大(千葉県大学)を下し、前回優勝の04年以来14年ぶり3度目の優勝を決めた。

     初回に4番・深江大晟内野手(4年=八戸学院光星)の左越え2ランで先制。

     同点とされた直後の2回には、吉田隼外野手(4年=国士舘)の左前適時打などで3点を勝ち越した。

     ナインの手で3度、宙に舞った元西武の大塚光二監督(50)は「めちゃくちゃうれしいです! 4年生がよく頑張ってくれた。感謝しかないです!」とナインをたたえた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180617-00000183-sph-base

    【【大学選手権】東北福祉大が14年ぶりV 国際武道大を6-2で下す】の続きを読む

     ◇第67回全日本大学野球選手権 準決勝 東北福祉大7―3慶大(2018年6月16日 神宮)

     東北福祉大が慶大を逆転で破り、14年ぶりの決勝進出を決めた。

     打っては3回にDH・大西の先制ソロに始まり3発11安打。大塚光二監督は「郡司君は素晴らしい捕手。彼の配球から攻略しようと思った。3本とも配球を読んで打った本塁打でしょう」。

     エース津森が5回途中から好救援を見せるなど投手陣も奮闘。87年決勝で敗れた慶大にリベンジを果たし、当時決勝のマウンドに立った元楽天スカウトの上岡良一氏はスタンドで見届け、「津森は僕に投げ方が似ていると言われるんです。背番号16もついでくれて、リベンジしてくれた。こんなにうれしいことはない」と喜んだ。

     大塚光二監督は慶大の大久保秀昭監督との元プロ監督対決も制した。「まさかこんなにホームランが出るとは。ノーヒットで相手に3点取られるとも思わなかったし、いろんなことが起きた。でも選手は経験を積んでいるので、冷静に地に足を着けて試合ができたと思う」と振り返った。頂点まであと1つ、全力でつかみにいく。

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/07/03(金) 15:30:00.60 ID:tJh7GnN+H.n
    元西武の大塚光二氏(47)が、母校・東北福祉大(仙台6大学)の次期監督として最有力候補に挙がっていることが1日、明らかになった。

    東北の雄としてプロ野球界にも多くの人材を輩出している同大だが、最近は4季連続で全国出場を逃すなど低迷。
    成績不振の責任を取って山路哲生監督(49)が辞意を示した模様で、6月に行われた東北大学選手権では、村瀬公三助監督(47)が代行監督を務めていた。

    山路監督の辞意を受け、大学側は後任の人選に着手。
    今年から東北福祉大の非常勤講師に招かれ、一般学生にソフトボールを教えている大塚氏に白羽の矢を立てた模様だ。
    http://www.nikkansports.com/m/baseball/news/1500571_m.html?mode=all

    引用元: 大塚光二、東北福祉大の監督就任が濃厚

    【大塚光二、東北福祉大の監督就任が濃厚】の続きを読む

    このページのトップヘ