狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    大当たり

    1: 風吹けば狗鷲 2017/07/17(月) 13:18:32.70 ID:mnliRjyM0
    楽天の助っ人選球眼は糞とは何だったのか

    引用元: ペゲーロ .299 20 60 ウィーラー .288 19 51 ハーマン 33試合2勝0敗23H1S 防1

    【ペゲーロ .299 20 60 ウィーラー .288 19 51 ハーマン 33試合2勝0敗23H1S 防1.99】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/07/07(金)12:13:26 ID:vCM
    ウィーラー .292(277-81) 18 45
    ペゲーロ  .289(277-80) 18 56
    アマダー  .216(208-45)  8 27
    ええやん

    2: 風吹けば狗鷲 2017/07/07(金)12:14:17 ID:vCM
    楽天の総打点は322
    うち外国人選手三人の合計は128
    ほぼ四割を占めとるね
    完全にチームの柱や

    引用元: 楽天が強い理由って外国人選手が大当たりしたからだよな

    【楽天が強い理由って外国人選手が大当たりしたからだよな】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/05/30(火) 23:47:02.28 ID:gFY9+o4fd
    古参の関係者が、柵越え連発のフリー打撃を見てつぶやいた。「あれだけ『振れない』と悩んでいた。時間がかかるものですね」。創設時から得点力不足が弱点。
    11年に就任した星野監督が「パワーが足りない。今のパでは勝てない」と断を下した。不動の4番・山崎武司を構想から外し、うんとスケールの大きな打線を組む-。強く振れる選手の獲得と、振るための指導。2つの命題に着手した。

    ぶれずにまい進した。外国人の補強はパワーを最優先。監督を務めた大久保博元氏を12年の打撃コーチに招聘(しょうへい)し、
    2年前には梨田監督の就任に合わせ、フルスイングが代名詞だった池山コーチを呼んだ。ドラフト戦略にも攻めの姿勢を前面に出し、コツコツと土壌を整備した。

    この日のスタメン野手は、外国人の大砲3枚と守備の名手藤田を除いて生え抜き。体とスイングの強さにこだわって指名したドラフト3位以下の面々だ。
    打者の左右やタイプがかぶっても目をつぶり、競争をあおる材料にした。茂木は3位指名を受けた15年は、育成を含めた9選手のうち投手が1人だけ。他球団から「偏ったドラフト」と言われようが信念を貫いた。

    教えにも芯が入っている。直球を強振する好球必打。空振り三振を恐れない。“いてまえ”近鉄をルーツに持つ梨田監督が指針を掲げ、浸透させている。
    2軍戦の前、フリー打撃のラスト2球に「1死三塁」「1死満塁」の状況を設定。転がすのではなく、思い切りかち上げる飛球を打たせてゲームに入る。
    20日ロッテ戦で、ファームから昇格して初スタメンで決勝本塁打を放ったドラフト3位の田中が好例。迷いなく振れる集団に変貌を遂げた。

    梨田監督は言った。「開幕から先発に不安があったが打線の援護でかみ合ってきた。交流戦は優勝するつもりで」。打てる根拠がある。まず本拠地で巨人。力を披露する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-01831372-nksports-base

    引用元: 【楽天】パワー打線求めたドラフト、助っ人戦略 

    【【楽天】パワー打線求めたドラフト、助っ人戦略】の続きを読む

    このページのトップヘ