狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    大船渡高校

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/16(水) 20:42:49.04 ID:1/vhgcV90

    3: 風吹けば狗鷲 2019/10/16(水) 20:44:05.33 ID:1/vhgcV90
    no title

    <プロ野球各球団スカウト会議>会議を終え報道陣の質問に答える楽天・石井GM(撮影・沢田 明徳)
     楽天は16日、都内でドラフト前日の会議を行った。ドラフト1位指名候補は、高校通算55本塁の東邦・石川昂弥内野手(3年)と最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希投手(3年)の高校生2人に絞り込んだ。

     中日が石川の1位指名を公言しており、佐々木も西武、ロッテ、日本ハムなど複数球団による競合となる。石井GMは「どちらにしてもくくじ引きになる。2人ともなかなか出てこない選手。最終判断はあした(当日の17日)になる」と話した。

     くじ引きについては「あまり責任を負いたくないので、募集しようかなと思っていて…。でも、僕が引くことになると思います。もし、引くなら右(手)の方がいいかな」と“大役”を買って出る考えを示した。

    引用元: 楽天 ドラフト1位は東邦・石川か大船渡・佐々木 くじ引き担当は石井GM

    【楽天 ドラフト1位は東邦・石川か大船渡・佐々木 くじ引き担当は石井GM 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/04(金) 19:38:35.93 ID:Fmxp0pI/0
    no title

    大船渡・佐々木との面談に訪れた楽天宮越スカウト(撮影・金子真仁)
    国内プロ希望を表明した大船渡(岩手)の最速163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)が4日、楽天の訪問を受けた。東北担当の宮越スカウトが同校を訪れ、50分近く面談を行った。

    2日に会見で国内プロ志望をあらためて表明した佐々木のもとには、3日にロッテ、ヤクルトが訪れ、楽天で3球団目となった。面談後、報道陣に対応した宮越スカウトは「素直で、どこにでもいる普通の高校生だなという感じです」と佐々木の印象を話した。

    楽天は、8月末のU18高校日本代表壮行試合では石井GMも視察し「何十年かに1人の逸材でしょう」と高く評価していた。地元東北の逸材を追い続けた宮越スカウトもこの日「ドラフト1位候補の1人として、うちがどうのこうのより、日本球界としてどう育てていくか」と、そのスケールへの魅力を口にした。

    佐々木からの質問もあったと説明しながら「中身はあまり言えないです。本人のことなので」と具体的なやりとりを明かすことはなかった。大雨の中、当初予定より長くなった面談時間からは、そこに熱気があったことをうかがわせた。週明け7日以降も、各球団の“大船渡詣で”は続く見込みだ。【金子真仁】

    引用元: 楽天が佐々木朗希を訪問「どこにでもいる高校生」

    【楽天が佐々木朗希を訪問「どこにでもいる高校生」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/08/26(月) 21:57:24.61 ID:mFvPFk3a0

    2: 風吹けば狗鷲 2019/08/26(月) 21:57:43.99 ID:mFvPFk3a0
    no title

    高校代表-大学代表戦を視察に訪れた楽天石井GM(撮影・横山健太)

    3: 風吹けば狗鷲 2019/08/26(月) 21:57:49.36 ID:mFvPFk3a0
    <U18W杯壮行試合:高校日本代表5-5大学日本代表>◇26日◇神宮
    U18W杯(30日開幕、韓国・機張)に出場する高校日本代表が26日、大学日本代表との壮行試合を行い、大船渡・佐々木朗希投手(3年)が先発。
    1回を12球、2奪三振で無安打無失点に抑え、最速156キロをマーク。
    楽天・石井一久GM(45)が、昨年9月就任以来初めてアマチュアの試合を視察した。大船渡の佐々木を見て「相変わらずいい球を投げている。
    真っすぐに変化球もいい。何十年かに1人の逸材でしょう」と好評価をしながらも、指名に関しては「もう少しチームで議論をしたい」と慎重な姿勢を見せた。
    地元東北の選手指名への期待も大きい。「日本の宝。みんなが望むところでしょうね」と話した。

    引用元: 楽天石井GMが佐々木視察「何十年かに1人の逸材

    【楽天石井GMが佐々木視察「何十年かに1人の逸材 】の続きを読む

     ◇第100回全国高校野球選手権岩手大会2回戦 大船渡11―2盛岡三(2018年7月10日 岩手県営)

     第100回全国高校野球選手権記念大会(8月5日から17日間、甲子園)の地方大会は10日、22大会で153試合が行われた。岩手大会では大船渡の佐々木朗希(ろうき)投手(2年)が2回戦の盛岡三戦に「1番・投手」で出場。自己最速の154キロを計測し、11三振を奪って2失点完投。打っても3安打と投打で活躍した。

     岩手県営球場がいきなりどよめく。初回、先頭打者への初球に153キロ。自己最速タイを計測した佐々木朗は2球目も153キロを投げ込んだ。いずれもボール。「最初は力が入らず、高めに浮いて思うように投げられなかった」と振り返ったが、強くしなやかな腕の振りから放たれたボールはうなりを上げた。

     1―0の2回、スライダーを先頭の佐々木莉に同点ソロを浴びた。「(人生で)初めてホームランを打たれた。悔しい」。闘争心に火が付いた。次打者に154キロを2球続けた。いずれもボールとなり「スピードじゃない」と首を振ったが、自己最速を1キロ更新した。岩手県営球場は、12年夏に同じ岩手県出身の大谷が花巻東3年時に岩手大会準決勝で160キロを叩き出した場所だ。その大谷でも2年時の最速は151キロで佐々木朗は上回る。

     1メートル89の大型右腕。昨夏から体づくりに取り組み、体重を増やすために1日6合のご飯を食べた。そのかいあって体重は10キロ増え、81キロに。春の県大会1回戦では153キロを計測した。そして夏に向け、フォークを習得。この日の150キロ超えは36球を数えた。フォークを織り交ぜて緩急をつけ、11個の三振の山を築き、シード校の盛岡三を圧倒した。

     50メートル5秒9の快足を誇り、1番を任される2年生は「つなぐこと」を意識。3回に右前打で出塁し、5連打2得点の火付け役となった。7回にも左前打、8得点で試合を決めた9回にも中前打を放った。大谷をほうふつさせる二刀流劇場。投げては142球の熱投で2失点完投、打っても3安打を放ち「3年生と勝ててうれしく思います」と喜んだ。

     まだ2年生だが、プロも3球団が夏初戦を視察。地元・東北の楽天・宮越徹スカウトは「本物。来年は155キロを超えるんじゃ…。どこまで伸びるか分かりませんね」と驚きを隠せない。国保陽平監督は「まだまだここから」と言い、さらなる成長への期待を込めてエースながら背番号は20だ。100回の記念大会に出現した新怪物。佐々木は最後にこう言った。「甲子園に出場して、甲子園最速(156キロ)を投げたい」。その先には大谷が高校時代に出した160キロを見据えている。 (武本 万里絵)

    【【岩手】大船渡 佐々木朗希 高2の大谷超えた自己最速154キロ 楽天スカウト「本物」】の続きを読む

    このページのトップヘ