狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    天敵

    6DCAFAD8-7905-452C-BB96-24D9D3B43077

    <西・楽>5回無死、今江が左越えにホームランを放ち笑顔でベンチに迎えられる(撮影・篠原岳夫)
    パ・リーグ 楽天7-2西武(2018年7月20日 メットライフ)

     楽天は今江&渡辺直の活躍で西武のエースである難敵・菊池を攻略した。

     まずは今江。0―0の5回、先制の7号ソロを左翼スタンドに叩き込んだ。「投手戦できていたし、連打は難しい。本塁打で点を取ってチームに流れを持ってこられて良かった」。そして「(菊池と)相性のいい(渡辺)直人さんに教えてもらいました。直人さんのおかげです」と付け加えた。

     今井は6回無死一、三塁でも右前適時打を放ち「渡辺直人打法です」と笑顔。「直人さんは(菊池の)ボールを見切っていた。どうやって打っているのか?」と、技術面のアドバイスをもらったという。

     さらに6回1死満塁の場面では、渡辺直自身が右中間に3点三塁打。「師匠」の貫禄を示したが「アドバイス?今江がうまく打ったんだよ。4番の仕事をきっちりね」と、こちらも笑顔で話した。 

    CBEC1459-9F6A-4D40-9014-3CBF13A6E302

    楽天塩見(右)とタッチを交わす平石監督代行(撮影・横山健太)
    <西武1-15楽天>◇29日◇メットライフドーム


     ようやく勝った。楽天が13連敗中だった西武菊池を攻略し、16年5月12日以来の白星を手にした。攻略ポイントを絞った打線が初回に先制し、4回には6本の長短打を集中し、5得点。見事に天敵を打ち崩した。投げては先発の塩見が6回途中まで無安打投球。投打ががっちりとかみ合い、首位を相手に大勝した。

    【写真】2点本塁打を放った田中を笑顔で迎える楽天ナイン

     とどめは、田中の1発だった。3点差とした4回2死二塁。菊池の高め146キロ直球を左中間スタンドの中段へぶち込んだ。この回、2死から5連打で一気に5点を追加。計10安打6得点のゴールラッシュで、相手エースを5回でKOした。平石監督代行は「大きいですね。悔しさもあったと思う」とかみしめた。

     やっと勝てた。屈辱の13連敗。16年5月12日を最後に、菊池から勝利を挙げられていなかった。前回対戦(5月4日)では5得点を奪ったが、勝ちを逃した。迎えた一戦。チームとしての決まり事は「右打者は外の高い、甘めの球。左打者は近め」。大まかな枠を絞る中で、球種、カウントは打者に任せた。

     ハマった。1点リードの4回。先頭銀次は内角150キロ直球をしばいた。2死一塁としたが、ペゲーロ、嶋はともに初球を捉えた。「ファーストストライクは積極的に打ちにいく」は、シーズンスタートから徹底していること。狙いと基本が融合し、天敵退治に効果的だった。

     初回は足が生きた。出塁した先頭の田中が、次打者の茂木の場面で何度も偽走。二盗を成功させ、左飛の間に三塁まで進塁。3番島内の犠飛で先制のホームを踏んだ。同代行は「いいピッチャー。じっとしていても点が入らない。そのプランもあった」と狙い通りだった。

     長かった。同代行は「凡打でも、あっさり終わらない。そういうところが良かった」。完璧に攻略してみせた。【栗田尚樹】

    1: 風吹けば狗鷲 2018/06/29(金) 21:26:12.89 ID:C7onj2ge0NIKU
    塩見初勝利!
    雄星攻略!
    打線大爆発!
    アマダー茂木銀次猛打賞!
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvvv:1000:512:----: EXT was configured



    楽天、打線爆発21安打15得点!“天敵”雄星を攻略 塩見が今季初勝利

     

    スポニチアネックス

    20180629s00001173359000p_view

     ◇パ・リーグ 楽天15―1西武(2018年6月29日 メットライフD)

     楽天は21安打15得点と打線が爆発。16年5月25日から13連敗中だった“天敵”西武・菊池に黒星を付けた。

     初回に先頭の田中が出塁し、1死三塁から島内の犠飛で先制。4回には嶋の2点適時打と田中の5号2ランなどで5点を奪い、開幕から無敗の菊池を攻略した。

     終盤も攻撃の手を緩めず、8回に島内の2号ソロやアマダーの適時二塁打などで一挙5得点。9回にも3点を奪い、21安打15得点の大勝で連敗をストップした。

     先発の塩見は初回から4回までパーフェクト投球。6回に秋山に初安打を許したが、7回を1失点に抑えて今季初勝利を挙げた。


    引用元: 楽天バァン大勝

    【楽天バァン大勝 】の続きを読む

    ◆ソフトバンク5―3楽天(17日・福岡ヤフオクドーム)

     楽天が天敵ともなっていたソフトバンク左腕・モイネロから40人目にしてようやく初安打を放った。

     昨年6月に支配下登録されたキューバ人左腕に対して、昨季は32打席対戦して安打は0(CSを除く)。今季も7日に3人が対戦してヒットは打てず、この日も7回途中から登板した左腕に対して4人から安打が出ることはなかった。そして迎えた2点を追う8回2死一塁。40人目の対戦となった島内が右前安打を放った。カウント1ボール、2ストライクと追い込まれながら135キロのチェンジアップをはじき返した島内は「たまたまですよ。球が速いピッチャーなので、なんとか一発で仕留められるようにと思った」と振り返った。

     島内の一打で2死一、二塁とチャンスを広げたが、続く茂木が初球を引っかけて二ゴロに倒れ、2点差を詰めることは出来なかった。

    【【楽天】天敵・モイネロから島内が40人目にしてようやく初安打】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/12/24(日) 05:27:19.54 ID:aTktnI9xpEVE
    もう、いじめないで! 楽天・梨田監督が23日、西武・菊池について言及した。今季、左腕には8敗を喫し「彼の16勝のうち、8つはウチから。本当はしてはいけないこと」と渋い表情。
    菊池がプロ入り後、ソフトバンクから白星を挙げていないことを指摘し「来年はソフトバンクにターゲットを絞ってほしいな」と、付け加えた。
    http://www.sanspo.com/baseball/news/20171224/gol17122405000001-n1.html

    引用元: 梨田監督「(菊池雄星の) 16勝のうち8つはウチから。本当はしてはいけないこと」

    【梨田監督「(菊池雄星の) 16勝のうち8つはウチから。本当はしてはいけないこと」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/10/13(金) 22:12:19.73 ID:UgsYjU7h0
    no title

    西武戦に向け、打撃練習で調整を図る茂木
     楽天の茂木栄五郎内野手(23)が、14日開幕のCS第1ステージ(対西武、メットライフ)で、リードオフマンとして突破口を切り開くことを誓った。12日は、コボパークで全体練習を行い、敵地へと移動。梨田昌孝監督(64)が、茂木、藤田一也内野手(35)の1、2番コンビで臨むことを示唆。小技も絡め、今季8戦8敗の天敵・菊池雄星投手(26)に挑む。

     敵地で戦うCS。茂木は両軍の先陣を切って、打席に立つ。「1打席目に『H』のランプがついたときには、その後、気楽に打席に立てている。短期決戦だし、1打席目に集中していきたい」と意気込んだ。梨田監督は「藤田も体調が上がってきているし、茂木は終盤休ませたりもした。1、2番はそう(1番茂木、2番藤田に)なると思う」と構想を明かした。

     難敵に真っ向勝負をかける。チームが今季8連敗を喫した菊池に対し、自身も12打席で10打数無安打、1死球、1犠打。結果は出ていないが、「しっかり頭を整理して、シーズンでやられているところを消していって、違った結果を出したい」。大一番へ心身の準備を整える。

     屈辱を晴らす舞台だ。8月以降の失速で、優勝争いから3位まで転落。指揮官は「下から行く方が捨てるものがないし、開き直っていける。菊池くんも人間だし、考えるところはある。臆することなくチャレンジしていこうと、選手には伝えます」。対策を聞かれると「いろいろやってみたいけど、塁に出ないと。まずは先取点を取るということ」と、小技も絡めて1点ずつ奪っていく考えだ。

     どうしても欲しい先取点のためにも、機動力で揺さぶるためにも、茂木の第1打席が最初の鍵となる。今季最終戦は4打数4安打と、状態が上がってきた。「やられた分をやり返したい。守りに入らず、緊張感を楽しんで、しっかり準備して臨みたい」と背番号5。迷いのないフルスイングで、菊池の立ち上がりを叩く。(山口 泰史)

    引用元: 【楽天】梨田監督、茂木1番起用を示唆 今季8戦8敗「やられた分をやり返したい」

    【【楽天】梨田監督、茂木1番起用を示唆 今季8戦8敗「やられた分をやり返したい」 】の続きを読む

    このページのトップヘ