狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    契約更改

    917DB4C2-FC63-48D5-A1CA-4D8711F60457

    契約更改交渉を終え、記者会見する楽天の則本(撮影・栗田尚樹)
    楽天
    則本昂大投手(27)が、メジャーへの思いをいったんは封印し、20年東京オリンピック(五輪)出場へ強い意欲を示した。11月30日、仙台市内の球団事務所で現状維持の2億5000万円で契約を更改。来季3年契約の3年目を迎える。来オフ、ポスティングシステム(入札制度)でのメジャー移籍の可能性もあるが、4年に1度の祭典へ照準を定めた。

    則本の口から熱い言葉がこぼれた。

    則本 オリンピックに何が何でも出たいと思っています。全力で目指します。オリンピックの舞台で、日の丸を背負って戦いたい。将来、娘のボーイフレンドが家に遊びに来たときに、金メダルが飾ってあったら「すごい」ってなるじゃないですか。

    15年のプレミア12、17年にはWBCの日本代表と主要な国際大会にも名を連ねたが、五輪への思いは格別。侍ジャパンのメンバー入りを今から夢見る。

    メジャーへの思いは、いったん胸にしまった。この日、行われた契約更改のテーブルでは、メジャー移籍するためのポスティングシステムの利用容認についての議論は出なかったという。来季は、3年契約の最終年。来オフにも、移籍の可能性もあるが「そんなこと考えている暇はない」と一蹴。「今年チームは最下位。世間は笑うかもしれないけど、優勝目指すじゃなくて、優勝するために、僕も全力で腕を振りたい。どんなタイトルよりも、優勝を目指したい」と思いを訴えた。

    4年に1度の祭典へ向け、今から鍛錬を積む。今季は10勝11敗、キャリアワーストの防御率3・69。5年連続で奪三振王を獲得したが「プロ野球人生で、一番情けないし悔しい」と振り返り「下肢のバランス強化をしたい」と課題は明確だ。不安定な状態でボールをキャッチするなど、強靱(きょうじん)な下半身を目指す。「チームが求めるものに100%応えるだけ」。優勝の先にオリンピックという大きな世界を見ている。【栗田尚樹】(金額は推定)

    20181130-OHT1I50083-L


    契約更改後に会見をする浜矢

     楽天・浜矢広大投手(25)が30日、仙台市内で契約更改を行い、50万円ダウンの900万円でサインした。

     リリーフの一角として開幕1軍の座を射止めた浜矢だったが、7登板で0勝0敗、防御率3・72で4月23日に登録抹消されると、1軍に戻ることは出来なかった。プロ2年目の15年以降では登板が最少に終わり「開幕1軍に選んでもらって期待されながら、1年間期待に応えられなかった」と悔しさをにじませた。

     日高高中津分校からホンダ鈴鹿を経て13年のドラフト3位で入団した左腕も来季は6年目。同じリリーフ左腕では同学年の高梨が侍ジャパン入りするまでに成長し、10月のドラフトでは弓削(SUBARU)、鈴木(富士大)と即戦力左腕2人が指名された。この日の契約交渉でも球団から「開幕1軍に入って、いいボールもあるので、1年間1軍で戦って欲しい」と言われたことを明かした。

     オフは東京で自主トレをする予定。「(課題は)しっかり自分のフォームを固めること。しっかり1年間1軍で戦うことだけですね」と意気込みを口にした。

     ◆浜矢 広大(はまや・こうだい)1993年2月27日、奈良・十津川村生まれ。25歳。中学時代はヤングリーグ「熊野ベースボールクラブ」に所属し、主に一塁手。日高中津分校2年秋に投手に転向した。ホンダ鈴鹿を経て13年ドラフト3位で楽天入り。14年9月にプロ初登板初先発初勝利を挙げた。プロ5年間通算で38登板、3勝0敗、防御率6・28。185センチ、78キロ。左投左打。

    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181130-OHT1T50086.html

    20181130-OHT1I50082-L

    契約更改後に会見をする森

     楽天・森雄大投手(24)が30日、仙台市内で契約更改を行い、80万円アップの880万円でサインした。

     6年目左腕の森は今季9登板で0勝0敗、防御率2・37。登板のなかった13、16年を除くと、初めて1軍での先発登板がなかった。だが、マウンドに上がった試合では安定した投球を見せ「試合数が少ないので、もっと投げたかったのは本音。ただ任された試合は壊すことなく、右打者に対しての投球は自分の中で自信になった部分があったのでよかった」と振り返った。

     今年9月に就任した石井一久ゼネラルマネジャー(GM、45)からの期待は高い。GMが視察した9月14日の西武戦(メットライフ)では3回1/3を3安打1失点と好投。石井GMが現役時代に着けていた背番号「16」の左腕ということもあってか、「いいピッチングはしていたんじゃないかなと思う」とたたえていた。

     12年のドラフト1位で入団した森も来季は7年目となる。起用法に関しては現時点で未定。「自分の中では中継ぎがあっているのかなと正直思っています」と言いながら、どちらでも対応出来るように準備は進めていくといい「先発であればローテに入って波なくいきたいですし、中継ぎであれば30試合投げて、イニングを50、60稼げるように頑張りたい」と目標を掲げていた。

     ◆森 雄大(もり・ゆうだい)1994年8月19日、福岡市生まれ。24歳。姪浜小4年から野球を始め、内浜中では3年秋に福岡県選抜で全国4強。東福岡高では1年からベンチ入りも甲子園出場なし。12年ドラフトでは楽天、広島の競合の末、楽天入り。プロ6年通算で28登板、3勝6敗、防御率4・58。184センチ、74キロ。左投左打。
    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181130-OHT1T50087.html

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/30(金) 16:06:17.51 ID:s3V1kT6l0

    20181130-OHT1I50085-L
    契約更改を終えて会見する福山博之
     楽天・福山博之投手(29)が30日、仙台市内で契約更改を行い、4000万円ダウンの8000万円でサインした。

     ハーマン、松井につなぐ勝利の方程式の一角として開幕したが、不調に苦しみ21登板で1勝2敗、防御率6・75と安定感を欠いた。7月以降は1軍での登板なし。8月以降は2軍での登板すらなかった。
    14~17年に史上初となる4年連続65試合登板を達成した鉄腕も、13年の楽天移籍後は最少となる21登板止まり。「今シーズン僕は何もしていないので、それだけです。本当にしょうもないシーズンだったなと思う。チームにも迷惑をかけたし、悔しいシーズンだったので、来年晴らせるようにここから練習していきたいと思います」と話した。

     13年以来となる優勝を狙うためには福山の復活は不可欠。昨季までの勤続疲労を心配する声もあるが「勤続疲労はないと思っている。僕の実力不足でした」と言い切った福山。来季へ向けては「チームとして日本一を目指して、個人としてはもう一度60試合以上登板するという覚悟を持ってやっていきます」と力強く決意を口にした。

     ☆福山の楽天移籍後成績

     ▽13年 22試合、0勝0敗1ホールド、4・41

     ▽14年 65試合、4勝2敗1セーブ23ホールド、1・87

     ▽15年 65試合、2勝3敗1セーブ22ホールド、2・76

     ▽16年 69試合、4勝5敗19ホールド、2・71

     ▽17年 65試合、6勝0敗7セーブ23ホールド、1・06

     ▽18年 21試合、1勝2敗3ホールド、6・75

    引用元: 【楽天】楽天移籍後最少21登板の福山、4000万円(33%)ダウンで契約更改

    【【楽天】楽天移籍後最少21登板の福山、4000万円(33%)ダウンで契約更改 】の続きを読む


    20181130-OHT1I50079-L

    契約更改を終え来年の目標は「勝」と誓った楽天・則本昴大

     楽天・則本昂大投手(27)が30日、仙台市内で契約更改を行い、現状維持の2億5000万円でサインした。来季が3年契約の3年目となる。

     プロ6年目の今季は、3月30日の開幕戦・ロッテ戦(ZOZO)でいきなり7回150球を投げるなど、エースとしてフル回転。7月には右肘の不安もあって、うなりを上げる直球が影を潜め、最速140キロ台前半に低迷することもあった。だが、マウンドに立ち続け、27登板で10勝11敗、防御率3・69。終わってみれば6年連続2ケタ勝利、5年連続最多奪三振と意地を見せた。チームが最下位に沈んだこともあり「プロ野球生活の中で一番悔しい、情けないシーズンになりました」と振り返った。

     来季は3年契約の最終年。メジャーへの思いを封印し「正直自分のことはどうでもいい。優勝が欲しいのでそんなことを考えている暇はないかなと思います」と話し、「優勝したい」と何度も繰り返した。


    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181130-OHT1T50084.html

    20181129-00000119-dal-000-2-view

    契約更改交渉を終え、記者会見に臨む楽天・西巻=楽天生命パーク
    楽天・西巻賢二内野手(19)が29日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、80万増の580万円でサインした。

     西巻は、仙台育英から昨秋ドラフト6位で入団。高卒ルーキーながら6月に1軍初昇格を果たし、25試合に出場。19安打を放ち、打率・247だった。

     西巻は「球団からは、落ち着きと、バッティングのこと、1年間けがなくしっかりできたことを評価して頂いた」と笑顔で話し、「充実したいい1年だったが、まだまだ成長していかないといけない。1年間、1軍で試合に出続ける体力が必要。このオフは体をしっかりつくりあげたい」と来季に向けて意https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181129-00000119-dal-base気込んだ。(金額は推定)

    885A2AE3-9B34-4569-8C8C-D6BCE2630579

    契約更改を終え、記者会見する楽天・藤田=29日、仙台市の球団事務所
    今季で2年契約を終えた楽天の
    藤田一也内野手が29日、仙台市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、野球協約の減額制限(1億円超は40%)いっぱいの4400万円減の年俸6600万円でサインした。

     今季はけがもあって90試合の出場にとどまり「チームのために何もできなかった。期待を裏切ることになったのは悔しい」と振り返った。

     2年目の藤平尚真投手は4勝を挙げ、現状維持の1800万円、オコエ瑠偉外野手は44試合の出場に終わり200万円減の1200万円、高校出1年目の西巻賢二内野手は25試合に出場し、80万円増の580万円で更改した。(金額は推定)

    このページのトップヘ