狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    奮起

    1: 風吹けば狗鷲 2017/09/06(水)08:38:27 ID:1GJ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-01883507-nksports-base
    3日、ソフトバンク戦で9回2死まで無失点投球を続けたエース則本を見て思った。
    「あの姿は絶対チーム(の浮上)にきっかけを与えた。今日、自分が投げたことで、バッター陣に何らかの手応えができたらいいと思います。次はここから連勝していけたら」。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000013-sph-base
    則本の悔し涙を流した姿に「ずっと見ていました。則本さんは周囲に何かを与えてくれる」と思いを感じ取った。
    4日の投手陣練習時、自らの元へやってきた則本から「頼むぞ」と短い一言。気合が入った。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170906-00000021-spnannex-base
    前日のKoboパーク宮城での練習で則本に連敗ストップを託された。3日のソフトバンク戦で敗れたエースの涙も見た。
    「ああいう選手になりたいと思った。則本さんが投げて(チームも)何かきっかけになった。自分も何かきっかけを与えられたら」。

    引用元: 藤平「則本さんの涙がきっかけを与えた。僕も野手に何か与えられたら」

    【藤平「則本さんの涙がきっかけを与えた。僕も野手に何か与えられたら」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/07/17(月) 17:30:27.04 ID:U7d1AikN0
     後半戦は9月上旬まで6連戦が7週連続で続き、かなり厳しい日程だ。投手陣にある程度計算が立つから、打線の頑張りで夏場を乗り切りたい。
    ロースコアを継投でしのぐような試合も多いだろうが、時には大勝で投手陣を楽にさせる試合をつくれるよう、打線が3割くらいパワーアップしてほしい。優勝するためには、もう一段階のレベルアップが必要だ。

    引用元: 山﨑武司「後半戦楽天は6、7番での今江や聖澤が重要」 t

    【山﨑武司「後半戦楽天は6、7番での今江や聖澤が重要」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/10/22(土) 16:49:10.02 ID:/YVYCIAs0
    ベースボールキング 10月22日(土)9時0分配信

    “大谷・藤浪世代”かつてのドラ1 森、高橋大の奮起に期待!
    no title

    楽天の森雄大
    楽天・森は2球団が競合
     20日にプロ野球ドラフト会議が開催された。大谷翔平(日本ハム)、藤浪晋太郎(阪神)と同じ“大谷・藤浪世代”が大学4年を迎え、田中正義(創価大)、佐々木千隼(桜美林大)、柳裕也(明治大)などがドラフト1位指名を受けた。

     大学4年生の選手たちがプロ入りし、高校生の時にドラフト1位で指名された大谷、藤浪はチームの顔と呼べる選手に成長した。一方で、大谷と藤浪とともに、同じく高校生ながらドラフト1位指名を受けた森雄大と高橋大樹は苦しいシーズンが続いている。

     森は12年のドラフト会議で、広島と楽天から1位指名を受け、交渉権を獲得した楽天に入団した。3年後に一軍のローテーション入りを期待された森は、1年目は一軍の登板はなく、二軍で腕を磨いた。

     2年目の14年4月24日の西武戦で、5回2/3を投げて1失点に抑えプロ初勝利をマーク。制球力に不安を抱えたこともあり、一、二軍を往復したが、2勝を挙げた。

     昨季は二軍で19試合に登板して、8勝5敗、95奪三振、防御率2.64の成績。防御率、奪三振はイースタンリーグ3位以内に入った。シーズン終盤には一軍で2試合に先発し、2試合ともQS(6回3自責点以内)をクリア。今季は大きく飛躍を遂げる1年になるかと思われたが、一軍登板がなくシーズンを終えている。

    広島・高橋大は二軍生活が続く
     高橋大は、龍谷大平安からドラフト1位で広島に入団。背番号は新井貴浩、石井琢朗が付けていた「25」を背負い、将来の“4番候補”として大きな期待を受けた。1年目の13年は二軍で4番を任されるなど、61試合に出場。2年目の14年は二軍で11本のアーチを描き、同年の6月には初昇格を果たし一軍を経験。

     順調に成長にしているように見えたが、3年目の昨季は二軍で1本塁打9打点と不本意な成績に終わり、オフに背番号「25」を新井貴浩に譲った。背番号「50」に変更となった今季は、前年を上回る16打点を挙げたが、本塁打は0に終わった。

     来季からは大卒組の田中、柳、佐々木、吉川尚輝といった同学年の有望選手が入ってくる。ひと足先にプロ入りした森と高橋のドラ1組は、大卒のドラ1組に負けないくらいの活躍を見せたいところだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161022-00093304-baseballk-base

    引用元: 大谷・藤浪世代”かつてのドラ1 楽天森、広島高橋大の奮起に期待! 

    【大谷・藤浪世代”かつてのドラ1 楽天森、広島高橋大の奮起に期待! 】の続きを読む

    このページのトップヘ