狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    好調

    1: 風吹けば狗鷲 2019/08/04(日) 11:52:52.26 ID:Ypdy0Bl00
    ありがとう楽天さん

    引用元: 菊池保則 35試合 防御率3.03 1勝2敗2H被打率.195WHIP1.14

    【菊池保則 35試合 防御率3.03 1勝2敗2H被打率.195WHIP1.14 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/06/12(水) 08:23:16.47 ID:V1ox2oSlF
     ◇交流戦 楽天3―1ヤクルト(2019年6月11日 郡山)

     3年ぶりに郡山のファンを歓喜させた。0―0の3回2死二、三塁。2ボールから148キロの内角シュートを楽天・ブラッシュが長い腕を畳んで左前にはじき返した。「ギャンブルだった。ボール球だったけど狙ったコースに来たので思い切り振った」。先制の2点打は、チームを3連勝に導く決勝打となった。

     読みが的中した。2球連続で原に内角を突かれた。「僕の状態がいいのでああいう攻め方をされるのは分かっていた」。その3球目を狙い打った。第1打席も左翼へ二塁打で3打数2安打2打点。6月に入って7試合で22打数9安打の打率・409と絶好調だ。

     地方球場に強い。大宮、弘前、盛岡、そして郡山と4試合で12打数6安打(打率・500)、2本塁打9打点。チームは東北6県で毎年主催試合を行っているが、郡山は過去2年連続で雨のために中止となった。前日も雨が降り、この日は早朝から球団と地元のスタッフが総出でグラウンドを整備し、3年ぶりの開催にこぎ着けた舞台で大暴れした。

     ブラッシュを2度目の4番に起用した平石監督は「いいところで打ってくれた」と称え、「試合ができるようにしてくださってありがたい。勝ち試合を見せられてよかった」と感謝した。同率のソフトバンクが引き分けたため、5月28日以来14日ぶりの単独首位。
    ブラッシュは「メンタルも体調もどっちもいい」と胸を張った。開幕1カ月は打率2割台前半と低迷したが、上昇気流に乗り続ける。新生イーグルスを象徴する頼もしい助っ人だ。(君島 圭介)

     ▼楽天塩見(7回1失点で無傷の3勝目)マウンドに投げにくさはなかった。変化球中心の配球になったが、どの球種もストライクが取れた。
    no title



    引用元: 楽天ブラッシュ 地方球場.500(12-6) 2本9打点

    【楽天ブラッシュ 地方球場.500(12-6) 2本9打点 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/12(日) 22:46:00.85 ID:LXurmoPp0
     「オリックス5-8楽天」(12日、ほっともっとフィールド神戸)

     楽天・銀次内野手(31)が、今季2度目の5安打を放った。

    【写真】5本目の安打を放つ銀次

     同点の二回無死では右前打で勝ち越しの起点になると、三回はオリックス先発・アルバースの外角の変化球を捉え左中間を破る二塁打。「あそこから打撃の感覚が出てきた。今日の安打の中で一番良かった」と話す一打でさらに勢いを増した。

     五回には左翼線へ落ちる幸運な安打、さらに七回無死一塁では「一、二塁が空いていたので狙っていた」と狙い澄ました右前打。八回にも左前打で広角に打ち分ける打撃を見せた。

     8日のソフトバンク戦(楽天生命)でも5安打を記録した銀次。1シーズンで2度の5安打は球団史上初。この快挙に「初めてはうれしいですね」と喜びを表していた。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190512-00000168-dal-base

    引用元: 楽天・銀次が球団初の快記録!1シーズン2度目の5安打 4安打目は「狙って」飛ばす

    【楽天・銀次が球団初の快記録!1シーズン2度目の5安打 4安打目は「狙って」飛ばす 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/10(金) 08:13:44.39 ID:6fk9XqdX0
    ボール球スイング率 16.8%(1位)
    ストライク球スイング率 69.3%(9位)

    ライト守備
    UZR+1.5
    UZR/1200 +26.6

    引用元: 楽天ブラッシュ打率.270 9本(3位)26打点(5位)OPS.966(3位)

    【楽天ブラッシュ打率.270 9本(3位)26打点(5位)OPS.966(3位) 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/09(土) 22:45:33.87 ID:pgvc4idq0
    no title

    島内宏明(2019年3月8日撮影)
    <オープン戦:西武8-5楽天>◇9日◇倉敷

    楽天島内宏明外野手が、驚異的な高打率をマークしている。


    9日に倉敷で行われた西武とのオープン戦で2安打。4試合通算で11打数8安打とし、打率は7割2分7厘まで上昇した。絶好調かと思いきや「たまたまです」。
    むしろ状態に不満があるという。「1日1日、タイミングの取り方を変えたりもして、結果は出ているけど、しっくり来てないんです。力も入らないし、もっと内容のあるヒットを打ちたい」と求める理想は極めて高い。

    1軍での実績も踏まえれば左翼の定位置に最も近い立場だが「まだレギュラーじゃない。自分としてはケガをしてもいいくらいの気持ち(で必死にやっている)。
    それくらい、しっかりアピールしていかないと、1年間レギュラーとして戦えないですから」。強烈な覚悟と危機感が、打席で一撃必殺の集中力を生む。

    連日の「1番左翼」で連日のマルチ安打。ブラッシュや浅村が台湾遠征中だった宮崎での練習試合で4番に入ったことを引き合いに出しながら「居心地、いいですね」と笑う。平石監督も「足もあるし、オプションの1つとして(1番起用も)なくはない」と新たな可能性を感じ取った様子だった。【亀山泰宏】

    引用元: 楽天島内、脅威の打率7割超も不満「力も入らない」

    【楽天島内、脅威の打率7割超も不満「力も入らない」 】の続きを読む

    このページのトップヘ