狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    始球式

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/30(水) 14:26:12.65 ID:cInRP9E4d
    https://www.hochi.co.jp/photo/20190130/20190130-OHT1I50060-L.jpg


    16年4月、西武−楽天戦でも始球式を行った棚橋弘至

     楽天は30日、5月14日の日本ハム戦(楽天生命パーク)で、新日本プロレスのIWGP級ヘビー級王者・棚橋弘至(42)が始球式を行うと発表した。


     棚橋は岐阜・大垣西高時代、野球部に所属していた元高校球児。昨年1月には、スポーツ報知の特集面「週刊報知高校野球」に登場するなど、熱烈な野球ファンとしても知られる。高校時代は「7番・レフト」兼2番手投手。肉体を極限まで鍛え上げ、プロレス界のエースに君臨するほどになった男が、どんな投球を見せるのか。注目される。

    引用元: 【楽天】元高校球児の新日本プロレス・棚橋が5・14日本ハム戦で始球式

    【【楽天】元高校球児の新日本プロレス・棚橋が5・14日本ハム戦で始球式 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/09/27(木) 19:54:07.50 ID:/N7Skhjh0
    no title

    no title

    no title

    no title

    この写真教えてくれたなんj民に感謝

    引用元: 岩隈とイチローの写真見てないた奴

    【岩隈とイチローの写真見てないた奴 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/09/27(木) 11:48:00.98 ID:MmUKbvZ+0

    2: 風吹けば狗鷲 2018/09/27(木) 11:48:21.13 ID:MmUKbvZ+0

    引用元: 【速報】岩隈さん、最後の登板 捕手はイチロー

    【【速報】岩隈さん、最後の登板 捕手はイチロー 】の続きを読む

    20180723-OHT1I50084-L

    楽天の始球式を務める千葉雄大

     楽天は23日、9月1日のソフトバンク戦(楽天生命)で宮城・多賀城市出身の俳優・千葉雄大(29)が始球式を務めると発表した。

     日本テレビ系連続ドラマ「高嶺の花」(水曜・後10時)などに出演しているイケメン俳優。1か月後の登板へ向けて「始球式をやらせていただける人生になるとは思いもしませんでしたが、故郷の球団、楽天イーグルスをスタジアムで応援できることを嬉しく思います。実は、このお話は素敵な巡り合わせからいただいたお話でもあるので、そういった意味でも縁を感じております。ボールがどうか届きますように」と球団を通してコメントした。

    m_f-bb-tp5-180714-8366

    <高校野球宮城大会:仙台6-5黒川>◇14日◇1回戦◇楽天生命パーク宮城

     開幕試合の始球式に、岩出山高(宮城)出身のご当地選手、楽天今野龍太投手(23)が登板した。軽く腕を振っただけだが、この日「最速」の132キロにスタンドも沸いた。それでも「投手をやっているので、スピードは出したかった。少し悔しい」と苦笑いだった。

     13年に部員11人で臨んだ3年の夏は、初戦(2回戦)で米谷工相手にノーヒットノーランを達成。一躍存在がスカウトの目に留まった。今野は「高校時代を思い出しました。次の試合で、この球場で負けました」と懐かしみながら、「人数が少なくてやめたいと思ったときもありましたが、努力すればいい結果がついてくる。高校3年間やってプロにもなれたので、あきらめずに野球を続けてほしい」と球児にエールを送った。

     この日は開幕試合の1試合だけが行われ、昨夏8強の仙台が黒川に逆転勝ちし、1番星を挙げた。

    spo18071216370064-m2


    始球式を終えて、帽子を振って挨拶する渋谷良弥・元日大山形監督(右)と、栗原健太・楽天1軍打撃コーチ=12日、山形県中山町(柏崎幸三撮影) 


    spo18071216370064-m1

    始球式で、打者に立った日大山形時代の恩師、渋谷良弥元監督に直球で勝負。終わって握手する栗原健太・楽天1軍打撃コーチ(左)=12日、山形県中山町(柏崎幸三撮影) 
      第100回全国高校野球選手権山形大会の開会式では、星幼育園の園児らが「星雲太鼓」を力強く打ち、天童高校ダンス部が創作ダンスを披露し花を添えた。

     始球式では、天童市出身の元日大山形野球部の栗原健太・楽天ゴールデンイーグルス1軍打撃コーチ(36)が体を後ろに大きく反らせたフォームから投げると、120キロ超のストレートが真っすぐキャッチャーミットに。打者は、高校時代の恩師、渋谷良弥元日大山形監督(71)。30年間の監督時代に14回甲子園に出場した名物監督だ。

     ミットに「バシッ」という音ととともに、狙ったコース通りに「ストライクッ」。会場からは「オオッ」というどよめきとともに大きな拍手が湧いた。

     始球式後、報道陣に囲まれ栗原さんは「この場所(球場)は高校3年間で一番多くの公式試合をし、自分を進化させてくれた場所」といい、「高校2年の決勝で甲子園を決めたときもここでした」と思い出を振り帰り、山形の高校球児たちにメッセージを送った。「最後まで何が起こるかわからないのが高校野球。一球、一球、全力で、熱いプレーをしてほしい」 【楽天の栗原健太コーチが始球式、山形大会 高校野球】の続きを読む

    20180706s00001002145000p_view

    <水沢第一・一関第一>始球式を務める楽天・銀次(撮影・吉田 剛) 


     ◇
    第100回全国高校野球選手権記念岩手大会 一関一―水沢一(2018年7月6日 岩手県営)

     岩手大会が岩手県営野球場で開幕し、一関一―水沢一の開幕試合で楽天・銀次(盛岡中央出身)が始球式を行った。

     プロ野球の現役選手が高校野球の始球式を行うのは史上初めて。一関一の先頭打者・三浦悠から117キロの直球で空振りを奪った。

     関係者にリクエストし、スコアボードに球速を表示するなど気合を入れて臨んだマウンド。「こうした機会を与えてくれて感謝している。自分も強く望んでいたし(この始球式が)プロと高校野球がもっと近づくきっかけになればいい」と感慨深げ。117キロには「130キロぐらいは出た感じだったけど」を苦笑いだった。

     また楽天では宮城・岩出山出身の今野、日大山形出身の栗原打撃コーチが各地方大会で始球式を行う。

    このページのトップヘ