狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    守備

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/24(木) 16:34:00.42 ID:Yh2gtVvkd
    no title


    ノックを受ける巨人坂本勇(左)と楽天西巻(2018年1月15日)
    楽天西巻賢二内野手(19)が24日、仙台・泉の2軍施設で自主トレを行った。

    高卒1年目の昨季は25試合に出場。初安打、初打点もマークした。オフは元巨人で現楽天スタッフの金刃憲人氏(34)を通じて巨人坂本勇人内野手(30)に弟子入り。温暖な沖縄での合同自主トレを終え、21日に雪もちらつく仙台へ戻ってきた。「寒いですけど、体調はバッチリですよ」と室内練習場で軽快にノックをさばいた。

    打球にバウンドを合わせて捕球、そして送球。よどみない一連の動きに努力の跡がにじむ。球界屈指の遊撃手から教わったのは右足の重要性だった。「(坂本)勇人さんから言われたのは『捕るのと投げるのが別々になっている人が多い。
    (西巻も)まだ左足に(体重が)残っている』と。右足で踏ん張れば、捕ってから1発で投げられる。送球も安定する。バウンドを合わせるのも右足の踏み込みだ、と」。感覚的な部分を丁寧に言葉にして説明できるあたり、みっちりとたたき込まれてきた様子がうかがえる。

    坂本勇が現役時代のヤクルト宮本慎也ヘッドコーチと自主トレを行った時の練習法を実践するなど、短期間でコツをつかもうと必死に食らいついた。
    「何げなくやってきた部分なので、最初は全く分からなかったです。守備で下(半身)が張る感覚は初めてでした」と少しずつ変化を実感している。「ショートで勝負したい。その意味でも、勇人さんにお願いできて良かったです」。2軍スタートとなった春季キャンプだが、磨きをかけた守備でレギュラー取りへ猛アピールする。

    引用元: 楽天西巻 巨人坂本から教わった「右足の重要性」

    【楽天西巻 巨人坂本から教わった「右足の重要性」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/14(月) 21:35:03.54 ID:qA0MhBDqd
    no title


    辰己(左)と並んでティー打撃を行う渡辺佳

    楽天のドラフト6位渡辺佳明内野手(22=明大)が「前へ」を合言葉に遊撃の特訓に励む。

    14日、仙台市内で新人合同自主トレ第2クールが終了。内野の複数ポジションをこなせる一方、遊撃守備は大学4年時しか経験がない。
    「三塁や二塁は待って捕る形が多い。遊撃は前へ出て捕らないといけなかったりする」。石井GMから「遊撃を練習しておいてくれ」と言われており、暇さえあれば西武源田の動画で研究を重ねる。

    伝統の信条「前へ」を体現した母校ラグビー部が大学日本一に輝いた。前回優勝は22年前。渡辺佳が生まれた1週間後までさかのぼる。「そんなに久々なんだとビックリしたけど、うれしかった」。
    決勝トライを挙げたWTB高橋汰地とは特に仲が良く、すぐに「おめでとう」と連絡を入れた。「野球に通ずるものがあるかも」と、物足りなさを感じていた上腕三頭筋や広背筋の鍛え方について、助言を求めたこともあった。

    善波達也監督にたたき込まれた「人間力野球」や他競技を含めた幅広いつながりが、プロに導いてくれた。「横浜高校の方が先に出てしまうかもしれないけど、僕自身、明大で(鍛えてもらって)ここまで来られたと思っている」。渡辺元智氏を祖父に持つゆえの立場を自覚しながら、思いを口にした。【亀山泰宏】


    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201901140000751_m.html?mode=all


    no title

    ランニングメニューで設定タイムをクリアしてガッツポーズする渡辺佳と出迎える則本佳

    引用元: 渡辺元智氏の孫佳明「前へ」源田お手本に遊撃特訓

    【渡辺元智氏の孫佳明「前へ」源田お手本に遊撃特訓 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/26(水) 12:34:35.68 ID:nDga946B0
    /1200
    島内 29.9
    近藤 16.2
    吉田正 0.5
    中村晃 -0.3
    アルモンテ -9.9
    福留 -12.4
    筒香 -12.7
    バレンティン -25.2

    RngR
    島内 15.4
    近藤 7.3
    吉田 2.5
    中村晃 -1.5
    アルモンテ -9,8
    福留 -6.6
    筒香 -8.4
    バレンティン -14.1
    no title

    引用元: 楽天・島内宏明(29) UZR+29.9 RngR15.4

    【楽天・島内宏明(29) UZR+29.9 RngR15.4 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/07(水) 08:10:42.64 ID:hCI9v7wL0
    no title

    楽天・平石監督

     楽天の平石洋介監督(38)が6日、主力野手に「ポリバレント指令」を出した。一、二塁が主戦場の銀次に三塁や左翼を、外野手の島内に一塁を、遊撃手の茂木に左翼の練習をするように指示したことを明かした。


     定位置を争う選手が複数のポジションにチャレンジすることはあるが、チームの中心的存在の選手に指令が出されるのは異例。平石監督は「(シーズン中に)勝負をかけて点を取りに行く時もある。そういうときの備え」と説明した。

     この日、楽天生命パークで行われた秋季練習のシートノックでも銀次が15年を最後に守っていない三塁に入るなど、すでに来季へ向けて準備を始め、9日からの倉敷での秋季キャンプでも練習を続けていく見込みだ。

    3: 風吹けば狗鷲 2018/11/07(水) 08:11:23.00 ID:hCI9v7wL0

    引用元: 【楽天】平石監督、主力野手にポリバレント指令 銀次、茂木は外野、島内は一塁挑戦へ

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/07(水) 08:07:55.05 ID:hCI9v7wL0
    no title


    楽天・茂木

     楽天・茂木栄五郎内野手(24)が来季も遊撃で勝負することを6日、平石洋介監督(38)が明言した。平石監督が「本人もショートで勝負したい気持ちが強いということだった」と説明した。


     16年に入団した茂木はこれまで3年間、遊撃のレギュラーを守り続けてきた。だが、昨オフに右肘を手術した影響もあって守備への負担が打撃にも影響し、今季は自己ワーストの打率2割4分7厘止まり。
    シーズン終盤に左肩を負傷した影響などで現在の秋季練習は本体を離れてリハビリ組で調整し、一時は二塁や外野へのコンバートプランも浮上したが、数日前に平石監督と直接話して遊撃で勝負することを決めた。

     とは言え、遊撃の定位置を確約したわけではない。山崎、村林、西巻らも成長中でその座を虎視たんたんと狙っている。
    平石監督も4年目を迎える茂木に「ショートは(レギュラーが)全く決まっていないポジションのひとつで、横一線なので茂木にも奪いに来て欲しい。たしかに茂木がポジションを取れば打線に厚みは増す。『(定位置を)獲りたいなら死ぬ気で勝負しろ』ということを伝えた」と期待した。

     非常事態に備えて左翼の練習もしていく見込みだが、遊撃の定位置を狙うことになった茂木。17年に主に1番で17本塁打、2割9分6厘の好成績を残した切り込み隊長の復活が待たれる。

    引用元: 【楽天】茂木、来季も遊撃での勝負へ 平石監督「死ぬ気で勝負しろ」

    【【楽天】茂木、来季も遊撃での勝負へ 平石監督「死ぬ気で勝負しろ」 】の続きを読む

     楽天・茂木に外野手兼任プランが浮上した。22日の日本ハム戦に向けて、本拠地で全体練習を行い、遊撃手のレギュラーは打撃練習の合間に外野ノックを受けた。平石監督代行は「不測の事態に備える意味もある。いろいろなポジションができた方が、本人にとってもいい」と、意図を説明した。

     茂木は2年目の昨季、パ・リーグ3位の打率・296、17本塁打、47打点を記録した打撃が売り。昨オフに右肘のクリーニング手術を受けた影響もあり、今季は打率・247、4本塁打、12打点と本調子とは言えないが、打線の中心であることは変わらない。カバーできる守備位置が増えれば、茂木自身の打席数を増やすことや、選手起用のバリエーション増につながる。

     新人だった16年に三塁で一度出場したことはあるが、それ以外はDHを除けば全て遊撃手。外野手は初めてで、練習では打球の落下地点の見極めに戸惑う場面もあり「打球が意外と伸びたりして、凄く難しい」と顔をしかめたが「いろいろ守れることはいいこと」と前を向いた。

     梨田昌孝監督辞任に伴い監督代行に就任後は2戦2勝の平石監督代行は「打線をできれば固定したい。田中、茂木の1、2番がキーマンになる」と最下位からの巻き返しへ茂木に大きな期待を寄せている。(黒野 有仁)

    【楽天・茂木、外野兼任プラン 平石監督代行「不測の事態に備え」】の続きを読む

    このページのトップヘ