狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    安打数

    20190609s00001173279000p_view


    1: 風吹けば狗鷲 2020/01/28(火) 21:37:16.73 ID:Fp4Sncre0
    1100安打 赤見内銀次
    930安打 嶋基宏
    823安打 聖沢諒
    670安打 島内宏明
    526安打 草野大輔
    517安打 岡島豪郎
    485安打 茂木栄五郎
    340安打 内村賢介
    269安打 枡田慎太郎
    216安打 中村真人
    170安打 西田哲朗
    148安打 田中和基
    103安打 オコエ瑠偉

    引用元: 楽天イーグルスの生え抜き通算安打数(100安打以上)

    【楽天イーグルスの生え抜き通算安打数(100安打以上)】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/20(月) 09:18:37.85 ID:AlLqjrAY0
    10安打
    11安打
    12安打
    10安打
    10安打
    14安打
    5安打
    12安打
    15安打
    3安打
    10安打
    15安打
    10安打
    13安打
    6安打
    20安打
    6安打
    12安打
    2安打
    7安打
    9安打
    12安打←昨日

    引用元: 楽天打線さん、冷静に強すぎるωωωωωωωωω

    【楽天打線さん、冷静に強すぎるωωωωωωωωω 】の続きを読む


    20180907-OHT1I50146-L

    真剣な表情でバント練習する楽天・田中
      楽天の田中和基外野手(24)は7日、新人王獲得へシーズン120安打を目標に掲げた。すでに94安打を放っており、残り23試合で26安打。規定打席、20本塁打、打率3割など多くの数字を狙える中で、日々の積み重ねを重視し、野手としては球団初の新人王を目指していく。

     残り23試合、最も意識する数字を聞くと、意外な答えが返ってきた。「120安打。規定打席(443)を意識しだしたころに立てた目標です。400打数120安打でちょうど3割なので」。ここまで359打席、打率2割8分7厘、16本塁打、37打点、20盗塁と守備力を含め高い総合力を発揮。20本塁打、25盗塁も意識しているが「20発打ちたいですけど、それより120安打が優先です」と言い切った。

     エールを送ってくれる大先輩のためにも、新人王は強く意識している。「だいぶ早い段階から、意識してくれる人がいる。けがをしないで、ずっと出て打たないと取れないぞ、と。則本さんです。選手で言ってくれるのは則本さんぐらい。6月の交流戦が終わったぐらいから」。2013年に15勝を挙げて新人王を獲得した右腕からの期待に、結果で応えていくつもりだ。

     他球団では、31ホールドをマークしているオリックス・山本、全試合出場中のロッテ・藤岡らが候補。新人王資格は持っているものの、2年目の田中にとっては強力なライバルとなる。この日は、北海道胆振東部地震の影響で日本ハム戦(楽天生命)が中止となり、楽天生命パークでの全体練習に参加。フリー打撃などで汗を流したスイッチヒッターは、ヒットを重ね最後までアピールを続けていく。(山口 泰史) 【【楽天】田中、球団野手初の新人王へ 目標「120安打」】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 風吹けば狗鷲 2017/01/01(日)21:37:10 ID:A2O
    生え抜き・移籍関係なく、選手がそれぞれの球団にいた間での通算安打数を集計
    それを各球団ごとにベスト10にしたというランキング

    ほな貼ってくで

    引用元: 12球団別通算安打数ランキングwwww

    【12球団別通算安打数ランキングwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 18:17:16.53 ID:gtixF3bQp.net
    日本で
    no title

    引用元: 松井稼頭央2000本wwwwwwwwwwwwww

    【松井稼頭央2000本wwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/06/12(金) 07:36:29.41 ID:9U7ZqZa/0.n
    日本だけの通算ね
    no title

    引用元: 松井稼頭央もあと30本で2000本安打な件

    【松井稼頭央もあと30本で2000本安打な件】の続きを読む

    このページのトップヘ