狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    実戦

    1: 風吹けば狗鷲 2019/11/03(日) 20:13:04.67 ID:LAMlSGhJ0
    <楽天紅白戦:白組4-0紅組>◇3日◇倉敷◇6イニング制(特別ルール)

    楽天三木肇監督(42)が就任後初実戦で“三木流”野球を実行した。

    イニングごとにベンチを移り、両チームを指揮した。3回裏、白組の攻撃。8番岩見が四球で出塁。続く9番村林の打席で指揮官が塩川三塁コーチへサインを送った。1ボールからの2球目、一塁走者の岩見がスタート。
    村林はバスターを仕掛け、バントシフトで前に出てきた三塁手を強襲する左翼線への二塁打を放ち、二、三塁と好機をつくった。
    1番辰己が四球で満塁。2番山崎の右中間を破る走者一掃の3点適時三塁打で先制し、3番岡島がきっちりと中犠飛。2安打2四球で4点を奪い取った。

    今キャンプ中、三木監督がケース打撃などでチームへ徹底してきた「1点を奪い取る野球」を実戦でも成功させた。「練習でやったことを実戦でやってみることで、いろんなメッセージを送れると思う。いい攻撃だったと思います」と手応えを示した。

    ただ、サイン間違いなどのミスも起こった。「野球はそんなに簡単なことじゃないと分かっている。実戦で出た課題をクリアしていきたい」と5日からの第2クールへの道筋も見えてきた。

    試合中にはベンチから拡声器を使い、守備側の意識やポジション取りなどを場面ごとに伝えた。
    「細かくなりすぎないように、と思いつつ、こういったことがまたできればいいと思う」。自身が目指す「1点を守り、1点をもぎ取る」野球を体現するために試行錯誤を続ける。

    引用元: 楽天三木新監督「1点を奪い取る野球」初実戦で注入

    【楽天三木新監督「1点を奪い取る野球」初実戦で注入 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/30(水) 21:28:42.83 ID:pAw9NacG0
    no title

    練習中に笑顔を見せる楽天三木監督(撮影・桑原幹久)
    “三木流”の秋が始まった。新任の楽天三木肇監督(42)が30日、岡山・倉敷での秋季キャンプ初日最初の練習メニューで「ケース打撃」を行った。


    同キャンプでは通例技術、体力強化が重視されるが、サイン確認、チームプレー徹底を意図する実戦に近い練習を選択。
    今季、球団初のイースタン・リーグ優勝を果たした2軍監督時代のやり方を継続し「打つだけ、守りだけ、ランナーだけでもない。いろんな野球ができるようにしたい」と方向性を示した。

    キャッチボール後の午前11時過ぎ、選手を攻守に分けた。「ノーアウトランナー一、二塁!送りバント!」と指揮官の声が飛ぶ。あらゆる状況が記された紙に目を通しながら、場面設定を施した。
    進塁打、バスターエンドラン、偽装スクイズ…。四球を選ぶケースでボール球を打った打者に打ち直しを命じるなど約1時間、細部にこだわった。
    「プレーするのは選手」と個々を尊重しつつ「チームの決まりごともある。徹底していろいろ考えてやってもらいたい」と組織の一員としての自覚も求めた。

    選手も目的を理解する。選手会長の岡島が「やらなきゃいけないこと。意識も変わってくる」と言えば、オコエも「来年の春を見据えてチームプレーを徹底したい」と口をそろえた。

    3位となった今季、1点差ゲームは16勝26敗。リーグ最多の“借金10”を数えた。三木監督は「練習することで課題も出る。もっと精度を上げていきたい」と成長に期待を込めた。スモールを極めて、ビッグな栄冠をつかみとる。【桑原幹久】

    引用元: “三木流”楽天始動 実戦近い練習で組織自覚求める

    【“三木流”楽天始動 実戦近い練習で組織自覚求める 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/31(金) 07:21:39.26 ID:8Uvopciy0
    no title


    楽天・則本昂、右肘手術から6月実戦へ 1軍復帰は球宴後見込み
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190531-00000018-spnannex-base
     3月に受けた右肘のクリーニング手術からの復帰を目指す楽天・則本昂が、順調であれば6月中にも実戦復帰する見通しとなった。
    25日にブルペンでの投球練習を再開。約50球を投げ、映像をチェックした平石監督は「手術後とは思えない球を投げていた。至って順調。今後は1カ月ぐらいの投げ込み期間を経て、実戦に入っていければ」と説明した。

     ここまでの経過は順調で、実戦復帰後は球数や投球回を徐々に増やしながら1軍復帰の時期を模索していく。1軍の合流時期について「全く期限は設けていない」と指揮官。
    リハビリの進捗(しんちょく)状況によってはスケジュールに多少のズレが生じる可能性はあるものの、7月中旬の球宴後が一つの目安になりそうだ。

    引用元: 楽天則本、6月に復帰ωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωω

    【楽天則本、6月に復帰ωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωωω 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/13(水) 00:06:13.12 ID:h3XIBNYY0
    no title


    イースタン教育リーグ 日本ハム対楽天 2回表楽天1死、実戦復帰し打席に向かう今江(撮影・江口和貴)


    <イースタン教育リーグ:日本ハム0−5楽天>◇12日◇鎌ケ谷

    キャンプ直前に「右眼球中心性漿液(しょうえき)性脈絡網膜症」と診断された楽天今江年晶内野手が、イースタン教育リーグ日本ハム戦で初実戦に臨んだ。
    「6番DH」で先発出場し、初球からスイング。右飛に倒れたが「1発目で前に飛んだのは良かったこと。目は全然問題ない。あとは体のキレと力強さ。開幕に間に合うようにやっています」と完全復調へ前進した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190312-03121105-nksports-base

    引用元: 楽天今江が初実戦「目は全然問題ない」完全復調へ◎

    【楽天今江が初実戦「目は全然問題ない」完全復調へ◎ 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/03/07(木) 18:47:20.91 ID:/KzNQUk10
    no title

    4日、二軍で別調整する今江(撮影・三島 英忠)

     1月末に右目の異常を訴え、2軍で調整を続けている楽天・今江年晶内野手(35)が、近く実戦復帰する見通しとなった。キャンプイン直前に「右眼球中心性漿液性脈絡網膜症」と診断され、沖縄・久米島キャンプには途中合流。
    その後も2軍で調整を行っていたが、平石監督は「打つ方も走る方も、動きに対する制限なくやれている。目の不安はほぼなさそうなので、近々2軍の本隊に合流して試合にも出てもらう」と説明した。

     5日にはシート打撃で打席に立つなど、順調に回復している。指揮官は同日に今江と電話で話したことを明かし「目はスポーツにおいて非常に重要なので心配していた。声を聞いたら元気すぎるぐらいだった。一安心です」と安堵(ど)の表情を浮かべた。

    引用元: 楽天・今江 近く実戦復帰へ 右目は順調回復 平石監督「不安ほぼなさそう」

    【楽天・今江 近く実戦復帰へ 右目は順調回復 平石監督「不安ほぼなさそう」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/24(日) 18:21:45.20 ID:6UruNEks0
    no title

    <ヤ・楽>楽天先発の美馬は2回を完全に抑える(撮影・篠原岳夫)
     ◇オープン戦 楽天―ヤクルト(2019年2月24日 浦添)

     楽天の美馬学投手が、今季初実戦で好投した。24日のヤクルト戦(浦添)で先発。2回を投げ無安打無失点と好投した。

     昨年8月に右肘のクリーニング手術を受け、久しぶりの実戦だったが「ストライク先行で、自分が投げたい球を投げられた。こうやってマウンドに立てて、普通に投げられていることが幸せ」と復帰の喜びをかみ締めていた。
    岸、則本昂に続く先発投手が確立できていないだけに、開幕ローテーション入りに向けて一歩前進した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190224-00000114-spnannex-base

    引用元: 楽天・美馬 今季初実戦で2回無安打無失点 右肘手術から復活投「普通に投げられることが幸せ」

    【楽天・美馬 今季初実戦で2回無安打無失点 右肘手術から復活投「普通に投げられることが幸せ」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/02/19(火) 08:40:58.60 ID:E6qEdndNd
    no title

    2019年2月19日6時0分 スポーツ報知
    フリー打撃を行う浅村栄斗(後方は右から平石洋介監督、梨田昌孝氏、カメラ・頓所美代子)

    引用元: 【楽天】浅村135メートル弾!右にも3発 20日の日本ハム戦で“デビュー”へ

    【【楽天】浅村135メートル弾!右にも3発 20日の日本ハム戦で“デビュー”へ 】の続きを読む

    このページのトップヘ