狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    家族

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/14(月) 13:45:57.35 ID:J1ZU1IY6d
    no title


    妻への感謝は忘れない
     感謝の思いを胸に、釜田佳直は2019年シーズンへ臨む。岐阜県出身で26歳の一般女性と、12月16日に岐阜県内で婚姻届を提出した右腕は「手術をし、リハビリが続く中、いつもそばで心の支えになってくれました。19年に必ず復活し、彼女にウイニングボールを渡せるよう、シーズンに向けてしっかり準備をしていきたいと思います」とコメントした。

     苦しいシーズンだった。リリーフに本格的に挑戦したものの、12試合で防御率8.53。6月下旬に右肩と右ヒジの手術を受け、復帰できないままシーズンを終えた。
    「契約してもらって感謝している。恩返しできるように、しっかり治して新シーズンに臨みたい。完全に治して、一軍の舞台に戻りたいと思います」と話した。

     回復は順調だ。すでにブルペンでの投球を再開。捕手を座らせて、100球以上のピッチングを行うところまで来ている。
    「言われたところで、しっかり投げられるようにしたい。何でこんなケガをするんだろうということも考えた。投げ方でヒジの上げ方だったり、見えてきているところもある」と手応えも感じている。

     ルーキーイヤーに先発で7勝を挙げたものの、14年3月のトミー・ジョン手術もあり1年目と16年の7勝がキャリアハイ。
    「何とかチームの戦力になれるように。印象に残るようなピッチングがしたい」。支えてもらったリハビリ期間を無駄にするつもりはない。守るべき伴侶を得た25歳が、強い決意を持って新たなシーズンに挑む。

    http://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20190121-05

    引用元: 楽天・釜田佳直投手 恩返しの復活登板を/増えた家族のためにも

    【楽天・釜田佳直投手 恩返しの復活登板を/増えた家族のためにも 】の続きを読む


    1B54E79B-1D59-40B1-A73F-6408CCC6593A

    9回2失点、プロ初完投で4勝目を挙げた藤平(カメラ・今西 淳)


    ◆ロッテ2―7楽天(17日・ZOZOマリン)

     楽天・藤平尚真投手(19)が9回3安打2失点の好投でプロ初完投勝利を挙げた。9回114球、3安打2失点で自己最多の4勝目をつかんだ。21日に20の誕生日を迎える右腕は「10代最後の登板でこういう投球ができた。最高です」と声を弾ませた。

     前回9日の登板途中から制球を安定させるために試したセットからの投球に手応えを得た。今回も初回からセットで投げ続けた作戦が奏功。4回に本塁打などで2点を失った以外は相手打線を封じ込めた。

     6回に先頭・岡に二塁打を許したが、その後の平沢、中村、井上を3者連続空振り三振に仕留めるなど要所を締めた。

     平石監督代行も「2点を取られた後によく粘った。行けるところまで行かせたいと思っていた」と一人で投げ抜いた若き右腕を褒めたたえた。

     9月初旬。休みを利用して千葉の実家に帰省した際にはこれまで挙げた3つのウィニングボールを両親と祖父母に一つずつプレゼントした。普段から誰よりも応援してくれる最愛の家族への気持ちの表れだった。

     心優しき19歳はこの日も試合後に観戦に訪れていた父・武美さん(43)と母・直美さん(44)に記念のボールを手渡した。武美さんは「今年、僕が見た試合は2軍も含めて4回負けていた。やっと勝てた」と喜んだ。父の不安も払拭した孝行息子。笑顔で手を振り、球場を後にした。 


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180917-00000245-sph-base  【【楽天】藤平、家族にささげたプロ初完投勝利】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/06/06(火) 11:08:56.26 ID:SZuHUkBL00606
    no title

    引用元: 【画像】楽天ウィーラーさん、ディズニーランドに行く 

    【【画像】楽天ウィーラーさん、ディズニーランドに行く】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/12/05(月)11:19:43 ID:2oM
    家族と離れるなら…現役続行より父の道
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000105-spnannex-base
    愛する家族のそばにいたい。楽天・牧田は「パパ」として生きる道を選んだ。10月23日、球団から戦力外通告を受けた。
    今季は若手の台頭もあり、1軍での出場は16試合だったが打率・355。足も肩も衰えていない。34歳。現役続行を模索する道もあった。

    「戦力外を伝えられた時は他球団に行って挑戦しようかと思ったが、子供たちのそばにいたいので、引退を決意した」

    良いときばかりではないのがプロ野球選手。故障もあればスランプもある。励みになったのが長女・明花理さん(9)と次女・明香さん(7)の存在だ。
    「負けようが打てなかろうが、毎日元気だしね」。無邪気な姿が何よりの活力剤だった。だから「家族と離れて野球をするのは考えられなかった」とユニホームを脱いだ。


    最高のパパやな

    引用元: 楽天・牧田明久「子供たちのそばにいたいので、引退を決意した」

    【楽天・牧田明久「子供たちのそばにいたいので、引退を決意した」】の続きを読む

    このページのトップヘ