狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    就任会見

    1: 風吹けば名無し 2019/10/14(月) 23:15:04.69 ID:8ZfMwlIdd

    2: 風吹けば名無し 2019/10/14(月) 23:15:37.32 ID:8ZfMwlIdd
    ◆ 今季は二軍監督を務めイースタン優勝に導く

     楽天の三木肇新監督(42)が14日、楽天生命パーク宮城で就任記者会見を行った。

     三木監督は今季、楽天の二軍監督を務め、チームを球団史上初となるイースタン・リーグ優勝に導いた。一軍監督就任について「(石井一久)GMから熱い言葉をいただいた。
    『一緒にこのチームを強くしよう、変えていこう』という話の中で、一緒になって頑張りたいと思いました」と、決断までの経緯を説明した。

     チーム作りについては「(石井GMから)走塁面とか、細かい野球という話もありましたが、いろんなことをみんなで勉強していきながら、様々な戦い方、野球ができるチームを目指したい。
    いろんなつながりを大切にできる、“チームワーク力”のあるチームにしていきたい」と意気込みを語った。

     具体的な目標については「リーグ優勝です。それしかないと思います」とキッパリ。同席した石井GMは「いろいろ困難もありますけど、そういうことも乗り越えてくれる監督だと思い、お任せしました」と新監督に期待を寄せた。

    引用元: 楽天・三木監督が就任会見「様々な戦い方ができるチームを目指したい」

    【楽天・三木監督が就任会見「様々な戦い方ができるチームを目指したい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/10/14(月) 12:48:27.57 ID:0WwCfZS6d
     楽天の三木肇新監督(42)が14日、楽天生命パークで行われた監督就任会見に出席した。「個の力もそうだし、組織としてどう力を出していけるかがテーマ。
    目指すのは、基本的にはバッテリーを中心とした守りの野球がベースになる。いろいろなつながりを大事にできるチームにしていきたい」と抱負を口にした。

     現役引退後に日本ハム、ヤクルトでコーチを歴任し、今季から楽天の2軍監督に就任。1年目で、球団初のイースタン・リーグ優勝に導いた。1軍の平石洋介監督(39)が今季限りで退任することを受け、石井一久GMが昇格を要請した。

     新指揮官は会見で目標について聞かれると「リーグ優勝です。それしかないです。覚悟を持って取り組んでいきたい」とキッパリ。13年を最後に遠ざかっているリーグ優勝と日本一達成に新たなチームをつくりあげていく。

    引用元: 楽天・三木新監督が会見「守りの野球がベース」

    【楽天・三木新監督が会見「守りの野球がベース」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/08/27(月) 22:30:45.53 ID:PyzjA4Lv0
    no title

    > ハプニング的な優勝はいらないと思う。

    > 楽天については「素晴らしいヒットメーカーの方たちがいっぱいいますが、投高打低という感じでシーズンが進んでいると思う」と印象を話し

    >来季の監督人事についての質問も飛んだが、「(1軍の)監督も大事だと思うんですけど、2軍の環境ってすごい大事だと思っている」と話し、
    >他球団の例をあげて「ファームのステップアップする環境ができているからこそ、毎年、優勝争いに絡めていると思う。2軍の環境作りをしたい」と、選手の育成計画などの整備を進める考えを明かした。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180827-00190014-fullcount-base&p=1

    引用元: 楽天新GM石井一久「楽天は貧打」「ハプニング的な優勝はいらない」「二軍の育成環境がショボい」

    【楽天新GM石井一久「楽天は貧打」「ハプニング的な優勝はいらない」「二軍の育成環境がショボい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/08/27(月) 18:18:13.20 ID:6UpzW+Et0
    9月1日から楽天のゼネラルマネジャー(GM)に就任する石井一久氏(44)が27日、本拠地の楽天生命パーク内で就任会見を開いた。現役時代から独特の発言を続けてきた石井氏が、この日も「一久節」を連発した。

     ―金足農・吉田について

     「秋田から東京に行く前に仙台があるので、仙台の駅に立ち寄って頂ければと思います。ご縁があれば。そのまま通過して東京行っちゃうかもしれないし。何とか仙台で降りていただきたいなと思います」

     ―GM就任の話をもらったときは

     「正直、東京オリンピック終わったら仕事を辞めようかなと思っていた。その中でのお話だったので、当分仕事は辞められないと思った」

     ―今後のタレント活動は

     「ファンの人に怒られちゃうでしょう」

     ―岸ら、これまで親交のあった選手との関わり方は

     「(連絡は)あんま取らないですね。すごく仲良くしてもしょうがないので。調子悪かったらファームで調整させにくくなっちゃう。距離はちゃんと置いてやりたい」

     現状で最下位に沈んでいるチームの立て直しについては「ハプニング的な優勝はいらないと思う。
    5年、10年としっかりと東北のファンの皆様が毎年楽しみに、今年はどんな順位でフィニッシュできるか楽しみで、球場に来るのが楽しみな状況を作れればいいと思う」と意気込んでいた。

    引用元: 楽天石井一久GM就任会見で「一久節」さく裂 金足農・輝星に「何とか仙台で降りていただきたい」

    【楽天石井一久GM就任会見で「一久節」さく裂 金足農・輝星に「何とか仙台で降りていただきたい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2016/02/22(月) 21:09:28.75 ID:fKbLmXAD0.net
    現役を引退した土谷鉄平氏(33)が22日、仙台市内の楽天球団事務所でベースボールスクールのジュニアコーチ就任会見を行った。


     同所は13年12月にオリックスへのトレードが発表された場所で「あの時は寂しい気持ちでいっぱいでしたが、今回はうれしい気持ちでいっぱいです」と古巣復帰を喜んだ。

     今後は小・中学生を育成していくが、「教えるという経験をしたことがないので、手探りで作っていきたい。子どもたちが頑張って、成功の喜びだとか、達成した喜びを味わってもらいたい。その手助けができるようにしたい」と意気込んだ。

     引退後、やってみたいことがあるかと問われ「社会人としてのスキルを上げていきたい。まだ体が動くので野球以外のスポーツをやるのもいいかも。球を使うのはおなかがいっぱいだから、スキーとかボクシングとかボルダリングとか。あとは英語を勉強したい。楽天は英語をしゃべれないといけないから」と笑わせた。

     3月から本格的に指導を行う予定だ。

    引用元: 鉄平、ジュニアコーチとして楽天復帰

    【鉄平、ジュニアコーチとして楽天復帰】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/08(木) 15:15:03.67 ID:ZwT/sBAG0.net
    楽天の来季監督に就任した野球評論家の梨田昌孝氏(62)が8日、仙台市内で就任会見を行い「62歳という年齢でもう一度、ユニホームを着て監督ができるチャンスを星野副会長から要請いただき、ありがたく思っている。
    若い選手の能力を出しながら1つの目標に向かっていける。そういうチームをつくっていきたい」と意気込みを語った。

    近鉄、日本ハムで指揮官を務めた梨田新監督は「自分たちの良いものをどんどん出していけば、5割前後の勝率になる。今年のような大きな負け越しはない」と断言。 「終盤まで優勝争いをしないと、そういう楽しさがないといけない」と上位に食い込むことを約束した。

    背番号は99を希望しており「恩師である西本幸雄さんが8度日本一挑戦にしてならなかった。僕も2回日本シリーズに出て、2人で10回出て日本一になっていない。99は白寿。1本足らないということで、球団には99番をお願いしている」と理由を説明。

    「日本一は憧れというか夢ですね。星野副会長が3年前、(日本一に)なられて、羨ましいというか、僕も監督になり、可能性はある。
    選手たちにも下を向いている場合じゃない上向いてやってほしい」と2年連続最下位から、日本一奪回を誓った。

    梨田新監督は18日の秋季練習からチームに合流予定。「梨田楽天」がいよいよ船出した。
    http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/10/08/kiji/K20151008011282600.html

    引用元: 【朗報】楽天・梨田新監督、Aクラス争いを約束

    【【朗報】楽天・梨田新監督、Aクラス争いを約束】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 08:58:33.30 ID:QtcrtJpR.net
    no title




    no title

    no title

    引用元: デーブとフロントが既に険悪ムードで草生える

    【デーブとフロントが既に険悪ムードで草生える】の続きを読む

    このページのトップヘ