狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    常磐線

    1: 風吹けば狗鷲 2020/01/17(金) 20:51:12.35 ID:7Cij2DR00
    JRの2020年3月14日ダイヤ改正で、常磐線特急「ひたち」が1日3往復、東京都区内から仙台市内まで直通します。その時刻表が発表されました。

    9年ぶり全線復旧
    常磐線は、2011年3月11日に発生した東日本大震災と、福島第一原子力発電所が被災した影響で、福島県内の富岡~浪江間で運休が続いています。

    同区間は、政府が立ち入りを原則として禁止している帰還困難区域を横切りますが、このうち、常磐線沿線の特定復興再生拠点区域について、2020年3月4日~10日にかけて避難指示が解除されることが決まりました。

    これを受け、JR東日本は、常磐線富岡~浪江間について、3月14日のダイヤ改正にあわせて運行再開すると発表しました。2011年3月11日から約9年ぶりに、常磐線は全線復旧することになります。

    no title

    3: 風吹けば狗鷲 2020/01/17(金) 20:51:41.62 ID:7Cij2DR00
    仙台直通「ひたち」時刻表
    運転再開後のダイヤでは、品川駅・上野駅~仙台駅間で特急「ひたち」を3往復運転。富岡駅~浪江駅間で普通列車を11往復運転します。

    仙台直通「ひたち」の時刻表は以下の通りです。
    no title

    仙台直通ひたち時刻表
    画像:JR東日本プレスリリース

    引用元: 東京~仙台直通「ひたち」の時刻表。常磐線全線復旧で、3月14日運転開始

    【東京~仙台直通「ひたち」の時刻表。常磐線全線復旧で、3月14日運転開始】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/01/17(金) 12:19:58.49 ID:ss+KTmhXd
     政府の原子力災害対策本部会議は17日、東京電力福島第1原発事故による全町避難が続く福島県双葉町のJR常磐線双葉駅周辺など一部地域の避難指示を、3月4日午前0時に解除することを正式決定した。安倍晋三首相は不通となっている同線富岡―浪江間の運行が3月14日に再開すると明らかにした。約9年ぶりの全線復旧となる。

     安倍首相は「復興を大きく加速するきっかけとしたい」と述べた。

     双葉町での避難解除は初めてで、福島県に残る原則立ち入り禁止の「帰還困難区域」としても初となる。解除後直ちに住民帰還が進むわけではなく、町は2022年春ごろまでに住民の居住再開を目指している。

    引用元: 3月14日に常磐線全線復旧帰還困難区域で初の避難指示解除

    【3月14日に常磐線全線復旧帰還困難区域で初の避難指示解除】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/01/15(水) 23:06:35.34 ID:/5AEO6ah0
    はまだしないけどワイが予想してみた

    品川ー東京ー上野ー(土浦)ー水戸ー日立ー(泉)ー湯本ーいわきー(浪江)ー原ノ町ー相馬ー岩沼ー(名取)ー仙台

    ()は一部停車
    190705n01_l

    引用元: 【朗報】JR東日本、3月に復旧する常磐線を走る品川~仙台間の特急の停車駅を発表

    【【朗報】JR東日本、3月に復旧する常磐線を走る品川~仙台間の特急の停車駅を発表】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/01/06(月) 23:42:23.40 ID:W5Pe+m2W0

    引用元: 【朗報】常磐線特急車両E657系、遂に仙台駅に入線

    【【朗報】常磐線特急車両E657系、遂に仙台駅に入線】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/09/25(水) 00:54:57.56 ID:ZfjwJHox0
    常磐線特急、東京都区内~仙台間で再開へ 全線再開にあわせE657系で直通運転 JR東日本
    https://trafficnews.jp/post/87604
    no title

    no title

    引用元: 【朗報】常磐線、来年春全通し東京仙台直通特急が走ってしまう…

    【【朗報】常磐線、来年春全通し東京仙台直通特急が走る】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/08/05(月) 11:47:33.04 ID:UtFnR7oa0
    no title

    震災前の常磐線夜ノ森駅を通過する特急「スーパーひたち」(撮影 : レイルマンフォトオフィス)
    JR東日本は不通になっている常磐線の富岡~浪江間が2019年度末をめどに復旧することを受け、7月5日付のプレスリリースにて、東京都区内と仙台市内を直通で結ぶ特急列車(以下、仙台直通特急)を運転すると発表した。
    2011年3月の東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故の発生にともなう帰還困難区域のうち、一部が先行して避難指示が解除されれば、常磐線全線の運転を再開し、特急列車も設定する。詳細な運転本数などは決定し次第、改めて発表される。

    この発表が、ちょっとした驚きをもって迎え入れられたのは、震災前にJR東日本が公表していた常磐線特急列車の運転計画とは異なる方向性を持っていたからだ。もちろん、震災と原発事故による情勢の変化が影響していることは言うまでもない。
    だが、いまは不通区間を抱えるいわき~仙台間へ、東京から仙台直通特急を設定して、ではどのような利用客層が想定されるのか。考察してみたい。

    引用元: JR東日本、常磐線“仙台直通特急”復活へ - 想定される利用客層は

    【JR東日本、常磐線“仙台直通特急”復活へ - 想定される利用客層は 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/07/05(金) 18:12:44.19 ID:VCzJXv4p0
    最高や

    https://trafficnews.jp/post/87604
     JR東日本は2019年7月5日(金)、常磐線の全線運転再開にあわせて、東京都区内と仙台市内を直通で結ぶ特急列車の運転も再開させると発表しました。

     2011(平成23)年3月の東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響により、現在も常磐線は福島県内の富岡~浪江間で列車の運転を見合わせており、バスによる代行輸送を実施しています。

     震災前、東京都区内と仙台間を直通で結ぶ常磐線特急「スーパーひたち」は、下り3本・上り4本が運転されていましたが、現在はいずれもいわき止まりです(列車名は「ひたち」に変更)。

     原発事故による帰還困難区域のうち、不通区間にある夜ノ森駅(福島県富岡町)、大野駅(同・大熊町)、双葉駅(同・双葉町)の周辺は特定復興再生拠点区域に指定され、先行して避難指示が解除されることから、それにあわせて、2019年度末までに全線で運転が再開される計画です。

     特急列車の車両は、特急「ひたち」「ときわ」のE657系電車を増備して使用。JR東日本は、具体的な運転再開時期や時刻・料金などは決まり次第発表するとしています。

    引用元: 【朗報】常磐線特急 仙台~東京運行再開

    【【朗報】常磐線特急 仙台~東京運行再開 】の続きを読む

    このページのトップヘ