狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    年俸

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/12(水) 12:22:05.98 ID:6DPWqzRXd1212
    no title

    引用元: 【東スポ】楽天浅村、4年総額32~36億円契約だった【画像あり】

    【【東スポ】楽天浅村、4年総額32~36億円契約だった【画像あり】 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/07(金) 10:40:31.36 ID:AXSxDXkMp
    FA宣言するとたいていマネーゲームに突入し、移籍先が決まると選手は口を揃えて“お金ではない”と弁明するものだ。ところが、今季の打点王で西武から楽天への移籍が決まった浅村栄斗(ひでと)(28)の“お金ではない”は本物だった。

     古巣西武が4年20億円を呈示し、楽天もそれに近い金額でオファー。そこに金満ソフトバンクが4年28億円を積んで参戦してきたのだが、浅村は、“プラス8億円”を袖にして、楽天を選んだのだ。

     記者に“決め手は?”と問われた浅村は開口一番、“環境”と答えた。

    「楽天には岸孝之(34)や渡辺直人(38)といった元西武の選手がいますからね」

     とスポーツ紙西武担当記者が語る。

    「9月にGMに就任し、獲得交渉の指揮を執った石井一久氏も、現役最晩年の西武在籍時に、入団したての浅村と重なっています。特に、昨オフ、西武を戦力外になり楽天に拾われた渡辺は浅村と仲が良い。
    今季さしたる活躍もない渡辺は、本来はクビでもおかしくないのですが、移籍してくる浅村の“環境対策要員”として残留できたようです」

     渡辺の年俸は1500万円。なるほど、それで“8億円”に勝てるならお安いものである。

    「いや、ああ見えて浅村の方だって、きちんと算盤勘定をしていますよ」

     とは大手紙デスク。

    「石井GMは吉本興業の契約社員で、マネジメントは吉本興業スポーツ部が担当しています。実は今、吉本興業が球界のフィクサーとしてにわかに存在感を増しているのです」

     エンゼルス大谷翔平の代理人事務所も吉本と提携契約を結んでいるという。

    「プロ野球選手といっても引退後に野球で飯を食えるのは一握り。そんななかで、吉本は、マネジメント契約しているアスリートにテレビ出演の仕事を持ってきたり、わりとしっかり面倒を見ているのです。
    石井以外にも大物が多数在籍しているので人脈も作りやすいですしね。浅村は、引退後の生きがい、セカンドキャリアを見据えて吉本、もとい楽天を選んだわけです」(同)

     損して得取れ――転職戦線異状あり。

    「週刊新潮」2018年12月6日号 掲載

    引用元: “28億”より“20億”を選んだ楽天移籍 浅村栄斗の狙いは

    【“28億”より“20億”を選んだ楽天移籍 浅村栄斗の狙いは 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/07(金) 06:45:27.55 ID:NDi15wI9p
    古巣の楽天も岩隈サイドと粘り強く交渉していたが、条件面で折り合わなかった。

    球団の功労者として評価する一方、ここ2年間で6試合しか登板がないことも踏まえて条件提示をしたが、岩隈側の希望との隔たりは大きかった。関係者によると、5日夜に岩隈サイドから断りの連絡が入ったという。
    今オフはFAで浅村を獲得するなど、打線強化が最大の補強ポイント。石井一久GMは先発投手の補強については「来年、若い選手も出てくるので、チームにマッチするか考えないといけない」とも話していた。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000047-spnannex-base

    引用元: 古巣・楽天 岩隈と条件面で折り合わず 5日夜に断りの連絡あった

    【古巣・楽天 岩隈と条件面で折り合わず 5日夜に断りの連絡あった 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/12/03(月) 15:35:04.00 ID:j9Tveh83d

    2: 風吹けば狗鷲 2018/12/03(月) 15:35:31.15 ID:j9Tveh83d
    no title

    契約更改を済ませ会見する楽天田中和基(撮影・横山健太)
    楽天田中和基外野手が3日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季1300万円から208%増の4000万円でサインした。


    2年目の今季は105試合、打率は2割6分5厘、18本塁打、21盗塁で新人王に輝いた。来季に向けて「とにかく143試合全てに出場することだけを意識したい。外野のレギュラーを確約されている訳ではない。楽天のセンターを守りたい」と謙虚な姿勢で会見に臨んだ。(金額は推定)

    引用元: 楽天田中カーくん208%アップの4000万円

    【楽天田中カーくん208%アップの4000万円 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/30(金) 16:06:17.51 ID:s3V1kT6l0

    20181130-OHT1I50085-L
    契約更改を終えて会見する福山博之
     楽天・福山博之投手(29)が30日、仙台市内で契約更改を行い、4000万円ダウンの8000万円でサインした。

     ハーマン、松井につなぐ勝利の方程式の一角として開幕したが、不調に苦しみ21登板で1勝2敗、防御率6・75と安定感を欠いた。7月以降は1軍での登板なし。8月以降は2軍での登板すらなかった。
    14~17年に史上初となる4年連続65試合登板を達成した鉄腕も、13年の楽天移籍後は最少となる21登板止まり。「今シーズン僕は何もしていないので、それだけです。本当にしょうもないシーズンだったなと思う。チームにも迷惑をかけたし、悔しいシーズンだったので、来年晴らせるようにここから練習していきたいと思います」と話した。

     13年以来となる優勝を狙うためには福山の復活は不可欠。昨季までの勤続疲労を心配する声もあるが「勤続疲労はないと思っている。僕の実力不足でした」と言い切った福山。来季へ向けては「チームとして日本一を目指して、個人としてはもう一度60試合以上登板するという覚悟を持ってやっていきます」と力強く決意を口にした。

     ☆福山の楽天移籍後成績

     ▽13年 22試合、0勝0敗1ホールド、4・41

     ▽14年 65試合、4勝2敗1セーブ23ホールド、1・87

     ▽15年 65試合、2勝3敗1セーブ22ホールド、2・76

     ▽16年 69試合、4勝5敗19ホールド、2・71

     ▽17年 65試合、6勝0敗7セーブ23ホールド、1・06

     ▽18年 21試合、1勝2敗3ホールド、6・75

    引用元: 【楽天】楽天移籍後最少21登板の福山、4000万円(33%)ダウンで契約更改

    【【楽天】楽天移籍後最少21登板の福山、4000万円(33%)ダウンで契約更改 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/26(月) 14:57:55.36 ID:XzAAlPtk0
    no title

    契約更改後の会見でクリスマスグッズを持つ岸
     楽天・岸孝之投手(33)が26日、仙台市内で契約更改を行い、現状維持の3億円でサインした。今年が4年契約の2年目だった。

     楽天移籍2年目だった今季。チームが開幕から最下位に沈んで苦しむ中、エースとして孤軍奮闘した。4年ぶりの2ケタ勝利を挙げるなど、プロ12年目で初めて最優秀防御率、ゴールデングラブ賞のタイトルも獲得。11勝4敗、防御率2・72で1年間先発ローテを守り抜いた。
    球団からもねぎらいの言葉をかけられたと言い「何試合か回避はあったけどほぼ1年間投げたことを評価して頂いた。僕も先発ピッチャーとしてそれを1番に考えてやってきているので満足していますし、球団の方も満足してもらってすごくうれしい。波も激しくなく安定した1年間だった。こういうシーズンを常に送りたいなと思う」とうなずいた。

     来季は4年契約の3年目。今シーズン終了後には最年長で侍ジャパンにも選出され「年も年なのでそういうのはたくさん言いピッチャーがいるので」と控えめながらも「チャンスがあればとは思っている。若い子たちに負けないように頑張っていこうと思っている」と代表定着へ向けて色気ものぞかせた。

    引用元: 【楽天】最下位ながら初の最優秀防御率など孤軍奮闘の岸、複数年契約で現状維持3億円サイン

    【【楽天】最下位ながら初の最優秀防御率など孤軍奮闘の岸、複数年契約で現状維持3億円サイン 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/24(土) 20:56:03.29 ID:cX2mRgQr0
    no title

    契約更改を終えて笑顔で会見する内田

     楽天・内田靖人内野手(23)が24日、仙台市内で契約更改を行い、700万円アップの1400万円でサインした。


     悔しさを経験しながらも大きな飛躍を遂げた1年となった。オープン戦では首位打者を獲得。プロ5年目で初の開幕先発の座を射止めたが、たった5試合、9打数無安打で2軍落ちした。
    その後も1、2軍を行き来。シーズン終盤の9月からは三塁の定位置をつかみ、終わってみれば自己最多58試合に出場し、チームの高卒生え抜き選手、生え抜き右打者では初の2ケタ本塁打となる12本塁打を放った。来季へ向けて「開幕1軍に入って1年間試合に出続けて今年以上の成績を残せるようにしたい。(本塁打を)20、30本と伸ばしたい。打率も最低2割5分は打てるようにしたい」と目標を掲げた。

     好不調の波があり、打率1割9分8厘に終わるなどまだまだ伸びしろは十分にある。
    シーズン終了後、10月にコロンビアで行われたU―23ワールドカップ(W杯)では、「4番、主将」として9試合で3本塁打を放つなど、チームを準優勝に導いた。「国際試合はいい経験になったと思う。準備の大切さ。データがないのでいかに対応するかを求められる。準備が大切だなと思った」。定位置獲得へ向けて目を輝かせていた。

    引用元: 【楽天】12本塁打で飛躍の内田、倍増サインに「(本塁打を)20、30本と伸ばしたい」

    【【楽天】12本塁打で飛躍の内田、倍増サインに「(本塁打を)20、30本と伸ばしたい」 】の続きを読む

    このページのトップヘ