狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    引退

    20181123-OHT1I50160-L

    子どもから花束を受け取った伊志嶺

     楽天は23日、楽天生命パークでファン感謝祭を開催した。イベントの最後には、今季限りでの引退を決断した伊志嶺忠捕手、聖沢諒外野手(ともに33)の引退セレモニーが行われた。

     2人の子どもから花束を受け取ると、伊志嶺は目を潤ませた。「うるっときてしまいました。(子どもに野球する姿を見せられなくなり)寂しいのはありますけど、今日のことを覚えていてくれたら。悔いはないです」と笑った。

     プロ11年目。正捕手・嶋の壁は厚く、最も出場試合が多かったのは2015年の54試合だった。それでも、ふるさとの沖縄にちなみ「シーサー」の愛称で親しまれた“楽天の守り神”に、球団は最後の花道を用意。「こういうセレモニーをやらせてもらえるとは思っていなかった」と感謝した。

     最も印象に残った試合には、自身のサヨナラ打で勝った13年9月19日のソフトバンク戦(Kスタ)を挙げた。当時の星野仙一監督(故人、享年70)と抱き合ったときの温もりは、今でも覚えている。「いろいろ勉強になったし、野球の厳しさを教えてもらった。出会えてよかった」と思い出に浸った。

     引退後も球団に残ることは決まっている。セレモニー後、選手たちに胴上げされ、「胴上げされるとは思っていなかったので、本当にうれしかった。苦しいときの方が多くて、華やかではなかったけど、日本一も経験できたのでよかった」とうなずいたシーサー。多くの人に愛されたバイプレイヤーが、穏やかな笑みで現役生活に別れを告げた。

     ◆伊志嶺 忠(いしみね・ただし)1985年6月22日、沖縄・北谷町生まれ。33歳。北谷高では高校通算35本塁打を放ち、東京情報大に進学。大学では1年春から正捕手となり、千葉県大学リーグで4度のベストナインに輝いた。2007年大学・社会人ドラフト3巡目で楽天から指名されプロ入り。プロ通算186試合、329打数65安打、打率1割9分8厘、4本塁打、29打点。178センチ、78キロ。右投左打。

     楽天の聖沢諒外野手(33)が23日、楽天生命パークで行われたファン感謝祭で引退を発表し、ファンに惜別スピーチを行った。今季の出場は27試合止まりで、10月に戦力外通告を受けていた。スピーチ全文は以下の通り。

     まずはじめに、このような機会を与えてくれた、球団関係者の皆様ありがとうございます。そして寒い中、最後まで残って頂いたファンの皆様、選手の皆さん、本当にありがとうございます。皆さんに報告があります。私、聖沢諒は11年間のプロ野球生活にピリオドを打ち、引退することを決意しましたので、報告させてください。

     周りの人からは「まだまだ出来る」、「もっとプレーが見たい」と戦力外を受けてから、たくさんのありがたい言葉を頂きましたが、自分の中で今年成績を残せなかった、それが全てで、引退することを決めました。

     プロ1年目。自分はプロ野球のレベルの高さを肌で感じ、長くはこの世界でやっていけない、そう思いました。ただ、終わってみるとレギュラーを獲得したり、盗塁王を獲得したり、チームが日本一になったり、たくさんの素晴らしい経験をさせて頂くことができました。あの日本一になった11月3日は、僕の誕生日でもあります。最高の誕生日になったことを、今でも鮮明に覚えています。

     楽しい思い出もたくさんありますが、苦しい思い出の方が多かったかも知れません。しかしそんな苦しい時に、ファンの皆さんからの声援が、僕のことを後押ししてくれ、なんとか11年もこの世界で生きていくことが出来ました。僕が大事にしている言葉に「使命感」という言葉があります。誰かのために働く人間は強い、そんな意味です。自分のため、そんなわがままな考えだったら、こんなに長くこの世界でやっていけなかったと思います。家族のため、両親のため、友人のため、チームのため、ファンの皆さんのために、と思って来たからこそ、ここまで続けることが出来ました。

     名球会の先輩方の成績に比べたら、僕の成績なんて、たいしたことありません。ただ、プロに入って1軍で1試合でも出られるのかなと、不安だったあの頃を思い出すと、1000試合も皆さんの前でプレーすることが出来ました。自分自身の技術を120%以上発揮し、悔いなく終わることが出来ます。

     今日は両親、友人、地元・長野からの仲間、妻、息子、息子の友達までかけつけてくれています。時には僕が成績を残せないことで、僕以上に苦しんだり、落ち込んだりさせたことがあったと思います。11年間プレーできたことで、それが恩返しになったか分かりませんが、皆さんのおかげでここまでやって来ることが出来ました。そして何よりファンの皆様が11年間いいときも、悪いときも支えて応援してくれたからこそ、今の自分があります。本当に皆さん、11年間ありがとうございました。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000140-sph-base

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/23(金) 14:31:06.89 ID:M6/hSZC00
    楽天 聖沢&伊志嶺が現役引退 ファン感謝祭で報告
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181123-00000107-spnannex-base
     楽天を戦力外となった聖沢諒外野手(33)と伊志嶺忠捕手(33)が、現役を引退することを表明した。楽天生命パークで行われたファン感謝祭で引退セレモニーに出席。聖沢は「みなさんに報告があります。11年間のプロ野球生活にピリオドを打つことを決めました」とファンに報告した。

     12年に54盗塁で盗塁王のタイトルを獲得した聖沢は今季、27試合で打率・194、2打点、0本塁打、1盗塁に終わりシーズン後に戦力外通告を受けていた。伊志嶺は今季、1軍での出場がなかった。

    引用元: 楽天聖澤引退

    【楽天聖澤引退 】の続きを読む

    20181024s00001173091000p_view

      楽天・田中が東京五輪への一歩を踏む。11月に行われる日米野球の侍ジャパン入りを果たした。「(稲葉監督も)東京五輪へ向けて、選手を使えるか試したいという思いがあると思う。足と守備でアピールしたい」と意気込む。 

     2年目の今季は105試合に出場し打率・265、18本塁打、21盗塁を記録。新人王の有力候補となり、代表入りも果たした。両打ちの日本代表といえば昨季までの同僚で、オフの自主トレをともにした西武・松井ら数人しかいない。13年WBCに出場した「師匠」と仰ぐ先輩に続き、日の丸を背負い国際大会に出場するためにも、代表に定着できるだけのインパクトを残したいところだ。

     その「師匠」は今季限りでの引退を発表した。ともにプレーした1年間で教わったのは技術だけではない。「審判の方に敬意を払うとか。裏方さんに感謝をすることとか。道具を大事にするとか。そういうことを言われたことが一番覚えている。人としての鑑だと思う。全てが格好良い」。野球選手としてだけではない。一人間としての心も教わった。

     恩に報いるために。プレーで成長した姿を見せることが何よりも喜ばれることを知っている。「(侍ジャパンは)凄い選手ばかり。(先発だけでなく)いつでも、どこでもいけるように準備したい」。田中和基の日本代表としての第一歩を「師匠」も必ず見ている。(記者コラム・黒野 有仁)

    f-bb-tp0-181021-8738_thum630

    西武対ソフトバンク 胴上げされる西武松井(撮影・鈴木正人)
    <パCS
    ファイナルステージ:西武5-6ソフトバンク>◇第5戦◇21日◇メットライフドーム

    今季限りで引退する西武松井稼頭央内野手(42)が、慣れ親しんだ本拠地の遊撃の位置に座り込んで手をつき、感謝と別れを告げた。

    日本シリーズ進出を逃した試合後、選手たちの手で背番号と同じ7度、宙を舞った。選手とともにグラウンドを1周すると、最後は1人で三塁側ベンチを飛び出し、左翼スタンドのファンにあいさつ。

    その左翼からの帰り。遊撃の位置に立つと、大歓声の中、そっと手をついた。走攻守3拍子そろった希代の名遊撃手は、ファンと家族に見守られながら、現役最後の試合を終えた。

    1: 風吹けば狗鷲 2018/10/20(土) 16:18:50.75 ID:rgm2yylE0
    巨人のマギーが20日、米国へ帰国する出発前に羽田空港で取材に応じ、今季限りで現役を引退する可能性を口にした。
    クライマックスシリーズ(CS)の敗退が決まった19日の広島戦後に号泣。
    「最後の試合かもしれない可能性を考え、チームメートともお別れかもと思うとこみ上げるものがあった。誇りに思う野球人生だった」と涙を流しながら語った。

    ただ、まだ最終的な決断は下していないという。「帰って妻としっかり話し合って、家族にとって何が最善か見いだせないと何とも言えない」と話した。
    https://this.kiji.is/426277614794998881?c=39550187727945729

    引用元: 【悲報】マギー、引退

    【【悲報】マギー、引退 】の続きを読む

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    特別な感情は湧かなかったという。

    今季限りで現役を引退する西武松井稼頭央外野手(42)だ。

    まだクライマックスシリーズが残っているが、6日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)がレギュラーシーズンとしては日米通算25年間のラストゲームだった。試合前に聞いた。

    「今日は、特にね。この前のホーム3つ。あれだけの声援を頂いたからね」

    9月27日に引退会見を開いた。その日からのソフトバンク3連戦(メットライフドーム)では、松井が登場するたびに場内は割れんばかりだった。幸いだったのは、同3連戦の後は札幌、千葉、そして最後に福岡とビジターで回れたこと。行く先々で、相手チームのファンからも拍手で迎えられ、歓声で送り出された。

    1つだけ心残りがある。

    「仙台がね。7年間、お世話になったからなあ。雨で中止になってれば、またやれたのになあ、なんて思ったけど、そううまくはいかないね」

    引退会見した日の前カード、9月24、25日は仙台で今年最後の楽天戦だった。チームメートには意思を伝えていたが、まだ公にはしていなかった。スタンドの声援は相変わらずだったが、2試合のうち、どちらかが雨で流れていれば…。10月に振り替えられたであろう試合では、引退を明らかにした身で、もう1度プレーできた、という、ささやかな願いだった。

    日本球界に復帰した11年、当時の星野監督の熱烈オファーを受け、楽天を選んだ。7年の間、さまざまなことがあった。大震災。日本一。最下位。思い出は尽きない。昨オフ、コーチ打診を断り、現役続行を求め町を後にした。

    単身赴任だった。試合後のご飯が楽しみだった。よく通ったのは、近所のトンカツ屋さん。

    「おいしかったなあ。大将が、僕が記録を出すたびにお祝いしてくれた」

    西武は松井に対し、来季はコーチ専任でオファーする見込みだ。選手とは違う形になるが、仙台を訪れる機会は、すぐに訪れそう。

    「また、何かの形で行けたらね」

    杜(もり)の都との再会を楽しみにしている。【西武担当 古川真弥】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00354050-nksports-base

    このページのトップヘ