狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    弟子入り

    1: 風吹けば狗鷲 2021/01/17(日) 14:40:16.68 ID:35nWG2Xp0
     楽天の藤田一也内野手(38)が17日、2年目の小深田、黒川らと京都府内で行っている自主トレを公開した。ゴールデングラブ賞3度の守備の名手が後輩2選手の活躍に太鼓判を押した。

     昨季新人王投票2位にも入った小深田について藤田は「スムーズに体も使い方などを言えばすぐに理解してできるので、そういうところはやっぱり素晴らしいなと実感しました」と守備での身のこなしについて絶賛した。

    2: 風吹けば狗鷲 2021/01/17(日) 14:40:28.50 ID:35nWG2Xp0
     「(小深田には)去年1年で全部抜かれちゃったので」と笑いながらも、弟子入りを志願してきた後輩へ、今後も惜しみなく助言を送る。

     また高卒2年目ながら昨季1軍で10試合に出場した黒川についても「バッティングにしても、守備にしても本当に2年目とは思えないような動きをこの自主トレでもしている」と評価。

     「1年後、2年後という形で考えずに、今年レギュラーを獲るつもりでやってほしいと思います」とハッパをかけた。

     自身は今季からチーム最年長となる。「目標は優勝、日本一」と気持ちを新たにしていた。

    引用元: 楽天・藤田が弟子入りの小深田、黒川の活躍に太鼓判 目標は「優勝、日本一」

    【楽天・藤田が弟子入りの小深田、黒川の活躍に太鼓判 目標は「優勝、日本一」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/12/29(火) 11:58:03.38 ID:pWtLAOFa0
    202009010000172-w500_0

     今季11勝を挙げて最多勝を獲得した楽天・涌井秀章投手(34)が28日、ドラフト1位・早川隆久投手(22)=早大=に異例の“弟子入り志願”だ。

     期待のドラ1左腕を「すごく質のいい真っすぐを投げるという印象」と語った涌井。飽くなき向上心を持つベテランは「どうやって(直球の最速を)155キロまで上げたのかを聞きたい」と、早川から快速球誕生秘話を聞き出す考えだ。

     ロッテから移籍した今季、「則本(昂)に聞いたけど、結果、投げられなかった」としながらも、150キロを超える直球を求め続けた。諦めない右腕は「早川君も特殊なことがあると思うので」と、これまでの練習方法などに新たな発見があるのではと期待を膨らませる。

     今季復活の要因を「直球の質がここ2、3年で一番良くて、投げていて楽しかった」と振り返る。その直球を“早川塾”でさらに進化させ、来季もローテの中心として先発陣をけん引する構え。悲願の優勝へ、涌井の進化への欲求はとどまることを知らない。

    引用元: 楽天・涌井 ドラ1早川に弟子入り志願「質のいい」155キロ投げ方聞き出す

    【楽天・涌井 ドラ1早川に弟子入り志願「質のいい」155キロ投げ方聞き出す】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/12/01(火) 20:47:22.25 ID:1JAIiXNp0
    イヌワシ期待の新星が来季は1軍定着を狙う。楽天黒川史陽内野手(19)が1日、仙台市内の球団事務所で契約交渉に臨み、現状維持の650万円で更改した。
    ドラフト2位で入団した高卒1年目の今季は、10試合に出場して打率1割4分3厘、0本塁打、2打点。来年1月の自主トレでは藤田一也内野手(38)に弟子入りし、21年に向けて「1年間けがなく、ずっと1軍で戦うことを目標にしたいと思います」と大きな野望をぶち上げた。

    3: 風吹けば狗鷲 2020/12/01(火) 20:47:46.21 ID:1JAIiXNp0
    甲子園の申し子だ。智弁和歌山時代には1年夏から春夏5度すべて出場してきた。聖地で戦ってきた強心臓ぶりをプロでも発揮。9月4日オリックス戦で初の1軍昇格から「7番二塁」で即スタメン出場し、プロ初打席で犠飛を放ち初打点、同6日同戦で初安打を適時打で飾った。
    イースタン・リーグでは57試合に出場し、打率2割9分7厘、6本塁打、31打点、1盗塁。打率個人成績は5位に入り、高卒ルーキーらしからぬ好成績を収めた。

    オープン戦が分岐点になった。「キャンプが終わって最初は苦労するかなと思ったけど、オープン戦で打てたのですごい自信になった。最初のスタートダッシュが良かったので、怖いもの知らずというかプロでやっていける謎の自信があって1年間できたと思います」。
    14試合で2割2分2厘と高打率こそ残せなかったが、手応えをつかんだ。

    4: 風吹けば狗鷲 2020/12/01(火) 20:47:55.53 ID:1JAIiXNp0
    プロの世界で生きていくために名手の力を借りる。「自分は1年通じて体の使い方があまりうまくないというのを一番気づきました。藤田さんは体の使い方が本当にうまい方で本当にちっちゃな、細かなことを大切にされてる方」。尊敬する先輩から匠(たくみ)の技を継承し、飛躍のきっかけにする。(金額は推定)【山田愛斗】

    引用元: 楽天黒川が現状維持「1軍で戦う」藤田に弟子入り

    【楽天黒川が現状維持「1軍で戦う」藤田に弟子入り】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/11/06(金) 15:44:52.71 ID:y8G24pq50
    楽天からドラフト4位指名を受けた亜大・内間拓馬投手(21)が6日、都内の同大で後関スカウト部長、沖原スカウトから指名あいさつを受けた。

    最速150キロを誇る右腕で、3年時には大学日本代表にも選出された。自身の特徴について「球速は周りに比べて速くないので、緩急のあるピッチング、バッターに自分のスイングをさせないように、頭を使って打者を見ながらマウンドでバッターを見て投げられることが持ち味だと思います」と説明。
    「同じチームに岸投手がいるので、お話をうかがって、自分の投球スタイルに生かしていければと思います」と岸への“弟子入り”を志願した。

    沖縄出身で幼少期には金武町で行われる楽天キャンプにも足を運んだ。「田中将大投手がいましたし、岩隈投手も一緒に並んでブルペンで投げていたのをよく覚えています」と記憶をたどった。
    「かっこいいなと思っていました。まさか同じような形でキャンプにいけるということは想像していなかったので、実感はないですが、小さい頃に見ていたように子どもたちも(自分を)見ていると思うので、夢や希望を与えられたらと思います」と力を込めた。

    引用元: 楽天4位内間が岸への弟子入り志願「自分に生かす」

    【楽天4位内間が岸への弟子入り志願「自分に生かす」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/10/30(金) 14:21:53.97 ID:tzDBRJA00
     楽天からドラフト2位で指名された法大・高田孝一投手(22)=平塚学園=が29日、川崎市内の法大野球部合宿所で、楽天の後関昌彦スカウト部長と担当の部坂俊之スカウトから指名あいさつを受けた。

     高田は183センチの長身から、最速156キロの速球を投げ込む。担当の部坂スカウトは「スピードでどんどん押していく投手なので、則本(昂大)のようなタイプと見ています」と2枚看板の一角である則本のような活躍を期待した。

     期待の右腕は「岸(孝之)投手と則本(昂)投手は今までも(動画で)よく見ていた投手。実際に同じチームになれるので、色々と吸収していきたい」と早くも“弟子入り”を志願していた。

    引用元: 【楽天】ドラ2高田孝一、岸&則本昂に“弟子入り”志願「色々と吸収していきたい」

    【【楽天】ドラ2高田孝一、岸&則本昂に“弟子入り”志願「色々と吸収していきたい」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/10/26(月) 21:41:44.80 ID:P8EyakxS0
    <プロ野球ドラフト会議>◇26日

    仙台育英(宮城)入江大樹内野手(3年)が楽天5位で指名された。

    185センチの大型遊撃手は1年秋から中軸を打ち、高校通算17本塁打。大阪出身だが高校、プロでも「杜(もり)の都」でプレーすることになり、「冬は寒いけど、人が温かい。応援してもらってありがたかったです」と指名後はチームメートに祝福された。

    「(指名されて)安心しました。浅村さんに野球を教わりたい」と同じ大阪出身の主砲に弟子入り志願しながら、「1年目は(2軍で)ホームラン10本打ちたい。将来的にはトリプルスリーを目指したい」と目標を掲げた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ccaf0ad1e7c1072937fd77c8aba843b5e52a9f5c

    引用元: 仙台育英・入江は楽天5位「浅村さんに教わりたい」

    【仙台育英・入江は楽天5位「浅村さんに教わりたい」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2020/02/10(月) 19:01:50.33 ID:WTfKlQOTd
    no title

    ブルペンで投球する楽天佐藤。後方は石井投手コーチ(2020年2月6日撮影)

    引用元: 楽天佐藤を首脳陣も評価 雄星に弟子入り効果出るか

    【楽天佐藤を首脳陣も評価 雄星に弟子入り効果出るか】の続きを読む

    このページのトップヘ