狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    復帰

     右脇腹を痛め、戦線を離脱していた楽天の島内宏明外野手(28)が31日、イースタン・リーグDeNA戦(森林どり泉)でスタメンに名を連ねた。しかし、試合開始直前に激しい雨が降り始め、試合は中止。2軍戦復帰は1日以降にずれ込んだが、昨季全試合出場の不動のレギュラーが、ようやく実戦の場に戻ってきた。

     「1番、センター、島内」のアナウンスに、スタンドもどよめいた。4月19日のソフトバンク戦(ヤフオクD)で、走塁中に右脇腹を負傷。5月30日の育成試合、BC信濃戦(森林どり泉)で実戦復帰(3打数2安打1四球)したが、「プロの試合ではなかったので」。この日が2軍公式戦での復帰戦となるはずだったが、水を差される形になった。

     1軍復帰時期は、まだ考えていない。負傷から約6週間、実戦を離れていただけに「まだ1軍は全然考えられない。2軍でしっかり結果を出すこと。そこしか考えられないですね」。それでも、フリー打撃では強く引っ張った打球もあり「シート打撃では、バッティングの感覚は悪くない。(右脇腹の違和感は)ほとんどない。走ったときにちょっと出るぐらい」。万全の状態での1軍復帰は、もうそう遠くはない。

     離脱時に「すごく必要な選手で計算していた」と語っていた梨田昌孝監督(64)にとっても朗報だ。「与えられたところで、しっかり結果を出したい」と話した島内が、まずはファームで不安を払拭する打撃を見せる。(山口 泰史)

     楽天の池田隆英(23)、美馬学(31)の両右腕が14日、先発ローテに復帰する15日からのソフトバンク3連戦(楽天生命パーク)に向けて、同球場で練習を行った。

     ともに5月初先発。プロ2年目の池田は15日のカード初戦を託された。1日に出場選手登録抹消後も1軍に帯同。週に2、3回とブルペンに入る回数を増やした。変化球の精度などを見直し、「総合的によくなってきた」と手応えを口にした。

     今季4戦3敗の美馬は、16日に先発予定。8日のイースタン・DeNA戦(横須賀)では5回5安打1失点にまとめ、「フォームを固めるのが大事だった」。チームが4連勝中と復調気配なだけに、昨季11勝の右腕は「自分にもいい流れを持ってこられたら」と初白星へ力を込めた。

    【【楽天】先発ローテ復帰の池田と美馬が調整】の続きを読む

     連敗が続く楽天に、ベテランの言葉はまぶしい。

     5月5日、久保裕也が支配下登録され、その日の楽天生命パークのマウンドに上がった(対西武)。先発した則本昂大が3回7失点で降板すると、4回からの2回を1失点。今季初の一軍マウンドで「コントロールもできていたし、この日のテーマでもあった内野ゴロを打たせることもできた」と手ごたえを得た。

     昨オフ、右手薬指と小指の血行障害の手術を受け、育成契約となった久保。だが「血管を切っているわけではないので、傷口がふさがれば変わらずに投げられるんです。実際、投げ始めたときも違和感は感じませんでした」と本人は冷静だった。その言葉どおり、開幕こそ二軍で迎えたが、二軍戦のマウンドで首脳陣の不安を一蹴してみせた。

     一方で一軍は苦しい状況下。「首位にいた昨年と比べると少し元気がないような感じはしますし、練習に対してまじめ過ぎたりね」とチームメートの思いも理解している。それでも「過去は取り戻せないし、考えたからってうまくいくわけじゃない。まあだから野球は楽しいんですけどね。(チームは)そのうち上がってくると思うし、まだ先は長いので」と語る久保の表情は明るい。

    「昨年(のチーム)は前半がよくて後半に下がってしまったので、今年は逆にここから、中盤、終盤で勢いを取り戻せれば。結果的にどの順位にいるかが大事」

     一軍に昇格したばかりで、練習着の番号はまだ「091」のまま。「これ(091の0の部分)、自分で取ろうと思ったんですけど、ダメでした(笑)」と笑う久保の右肩の番号の糸は少しほつれている。

    「僕の場合は野球ができるだけでも楽しいので」

     戦力外通告やテスト生としてのキャンプ参加、育成契約に手術と何度も苦難乗り越えてきた37歳は、冷静に、客観的にチームを見ている。その少しの余裕が今のチームには必要なのかもしれない。

    「明るく楽しく」

     そう言ってほほえむベテランの背中は若手以上に輝いて見えた。

    文=阿部ちはる 写真=BBM

    【「明るく楽しく」。苦しむ楽天で輝く支配下登録を勝ち取った久保裕也の言葉】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/29(木) 10:01:46.72 ID:/g0gMlPQ0
    no title


     楽天の茂木栄五郎内野手(24)が28日、全快を宣言した。昨年11月の右肘手術から21日に1軍合流。オープン戦4試合に出場し14打数4安打、打率2割8分6厘と結果も残し、手術の影響がないことを強調した。
    あす30日の開幕戦(対ロッテ、ZOZO)では「1番・遊撃」でのスタメン出場が決定的。初球から100%のフルスイングで、開幕ダッシュを狙う。チームは仙台での練習後、開幕の舞台となる千葉へ移動した。


     時折笑みも見せながら、茂木は軽快に打球を追った。快晴の楽天生命パークで行われた全体練習。遊撃でのノックに時間を割き「(手術の影響は)全くないんですけど、スローイングは足らない部分。キャンプから守備には時間を使ってきたので」。基本的な動きを確認し、開幕前最後の本拠地練習を終えた。

    引用元: 【楽天】茂木、開幕戦へ「1打席目の初球から100%」昨年11月手術の影響なし

    【【楽天】茂木、開幕戦へ「1打席目の初球から100%」昨年11月手術の影響なし 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/21(水) 11:46:22.83 ID:+XvR4WpI0
    【楽天】茂木、1軍合流 昨年11月に右肘のクリーニング手術

     楽天・茂木栄五郎内野手(24)が21日、1軍に合流した。この日の西武とのオープン戦(メットライフ)に出場する見込みだ。

     昨年11月2日に右肘のクリーニング手術を受けた茂木。競技復帰まで4か月と診断され、オフはリハビリに時間を費やしてきた。キャンプは2軍スタート。
    2月26日にソフトバンクとの2軍戦(宮崎・生目の杜第二)に指名打者で対外試合初出場すると、3月15日の練習試合・仙台大戦(楽天生命)からは遊撃の守備にもついた。
    実戦感覚を取り戻すためにファームで試合に出ることを優先させ、23日からの巨人3連戦(東京D)から1軍に合流する予定だったが、天候の問題などもあって、2日早まって昇格した。

     プロ入り2年目だった昨季は1番打者としてチームを4年ぶりのCS進出に導き、103試合で17本塁打47打点、打率2割9分6厘の成績をマークした。

    引用元: 楽天茂木、一軍スタメン復帰mwwmwwmwwmwwmwwmwwmwwmww

    【楽天茂木、一軍スタメン復帰mwwmwwmwwmwwmwwmwwmwwmww 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/27(火) 11:24:37.41 ID:POLf3Dme0
    no title


     昨年11月に右肘手術を受け、キャンプは2軍で調整中の楽天・茂木栄五郎内野手(24)が26日、ソフトバンク2軍との練習試合(生目の杜第二)で手術後初の実戦出場。目標とする開幕前の1軍合流へ一歩前進した。

     「1番・DH」で2打席の復帰戦。練習では持ち前のフルスイングを取り戻しているものの「実戦の打席になると、イメージと実際のスイングにギャップがありました」と、第1打席は内角直球にバットを折られて二飛、第2打席は変化球に泳がされての二塁内野安打と快音は響かなかった。

     それでも「(本格復帰へ)ひとつ進展したと思います」と表情は晴れやか。まだシートノックにも参加しておらず、スローイングの不安は残るが、梨田監督は「今バットが振れるなら、投げるのもあと2週間ぐらいで十分できる」と、3月20日ごろをめどに1軍オープン戦に参加させる方針だ。


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000260-sph-base

    引用元: 【楽天】右肘手術で2軍調整中の茂木、開幕前1軍見えた 

    【【楽天】右肘手術で2軍調整中の茂木、開幕前1軍見えた  】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/02/10(土) 07:52:29.54 ID:yMudkExn0
    no title

    楽天時代の2010年、サヨナラ打を放ち大喜びする渡辺直人。楽天ファンの思い入れも強い選手だ。 photograph by Kyodo News
     背番号「26」に特別な想いはない。

     「何番でもよかった。空いている番号を選ばせてもらっただけですよ」

     そう言って、楽天の渡辺直人は顔をほころばせる。

     何よりも重要なのは、8年ぶりに古巣に帰ってこられたこと。久しぶりに足を踏み入れたKoboパーク宮城(現・楽天生命パーク宮城)のロッカー。泥まみれになりアピールを続けたキャンプ地・久米島……。プロ入りから4年間過ごした球団への愛着がじわり、じわりと自身の胸に押し寄せてくる。

     直人が、楽天に帰ってきた――。

     春季キャンプ。そこには、8年前と変わらない直人の姿があった。

     室内練習場を出るとサインを求めるファンが行列を作り、直人は最後のひとりまで丁寧に応じる。それは、彼にとって当たり前のファンサービスなのだろう。

     直人が静かに口を開く。

     「ライオンズ時代も、仙台で試合をするとたくさんのファンが声をかけてくれたから」

     今でも、直人は楽天への感謝の気持ちは忘れていない。むしろ、ますますその想いは強まっている。

    「やりきった」から「やりきりたい」への情熱。
     本音を言えば、昨年、西武を戦力外となった際に「やりきった」という感情が芽生えた。37歳。ベテランと呼ばれる直人にとって、それは「引退」の二文字を意味していた。

     その直人に、真っ先に声をかけたのが、古巣の楽天だった。

     心が震える。「やりきった」から「やりきりたい」へ――直人に情熱が沸き立つ。

     「プロ野球選手にとって理想なのは、最初に入った球団で終わることだけど、また呼んでもらって。年齢的にもここが最後になると思うと、『イーグルスに恩返しをしたい』という気持ちは強いですね」

     直人のこの言葉。ファンの琴線に間違いなく触れる。あの、「涙のトレード」から8年。誰からも愛された男が、再びクリムゾンレッドのユニフォームを着てプレーするのだ。

    「いつかまた、イーグルスに呼ばれる選手になる」
     2010年のオフ。横浜(現DeNA)へのトレードが決まった直後こそ、愛着あるチーム、ファンへの想いが涙となってあふれ出した。

     しかし、「いつかまた、イーグルスに呼ばれる選手になる」と、寂しさを抑制し、気持ちを切り替えた。「移籍先でも存在感を示す」。その気概が、直人の支えとなった。

     横浜では1年目の'11年から126試合に出場と主力の座を勝ち取った。'13年のシーズン途中には西武へ移籍したが、ここでも存在感を示す。とりわけ楽天戦には強く、'16年にはエースの則本昂大から9打数5安打と好成績を残すなど、直人の持ち味である粘り強い打撃は健在だった。

     守備でもセカンド、ショート、サードを守るユーティリティプレーヤーとしてチームから重宝された。

    引用元: 渡辺直人、涙のトレードから8年後。引退ではなく楽天復帰で「恩返し」。

    【渡辺直人、涙のトレードから8年後。引退ではなく楽天復帰で「恩返し」。 】の続きを読む

    このページのトップヘ