狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    復調

    1: 風吹けば狗鷲 2019/08/29(木) 08:59:17.60 ID:32t6556hF
    20190828-00000167-sph-000-1-view

    ◆楽天4―5ロッテ(28日・楽天生命パーク)

     楽天は猛追も及ばず、ロッテに4―5で敗れた。27日のロッテ戦で来日初のサヨナラ弾を含む2発を放ったジャバリ・ブラッシュ外野手(30)が4回、2試合連発となる27号2ラン。助っ人砲が意地を見せるも、序盤の失点が最後まで響いた。

     打った瞬間に、確信した。3点ビハインドで迎えた4回無死一塁。フルカウントからの6球目だ。ブラッシュが、ど真ん中のチェンジアップを強振。ゆっくり1歩を踏み出し高々と舞い上がった打球を見上げると、白球は左翼席中段で弾んだ。2戦連発となる27号2ラン。1点差に詰め寄る一発に「しっかり仕留められた」とほほ笑んだ。

     一時は失いかけたリズムが戻ってきた。今季から加入した助っ人砲にとって、初めて経験する日本の夏は予想以上に厳しかった。「湿度が高くて苦しかった」。7月30日の日本ハム戦から8月2日のロッテ戦まで4試合連続でスタメンから外れ“完全休養”にあてた。

    2: 風吹けば狗鷲 2019/08/29(木) 08:59:40.39 ID:32t6556hF
     7月17日のオリックス戦で放った22号から、8月21日、ロッテ戦での23号まで1か月以上。自慢のアーチを描けず、苦しんだ時期もあった。平石洋介監督(39)によると、復調の要因の一つには小谷野栄一1軍打撃コーチ(39)の言葉があったという。

     同コーチが声をかけたのは西武との3連戦(23~25日、メットライフD)中。伝えたのは、シンプルな言葉だ。「もともとはボールの見極めが上手な選手なのに、結果として平常心でやれていなかった。『今まで打っていた球だけを打てばいいから』と声をかけました。ただ、打ったのは選手の実力。僕は何もしてません」(小谷野コーチ)。

     4位・ロッテに敗れゲーム差は再び1に縮まった。指揮官は「またしっかり準備して、とにかく攻めていきたい」と力を込めた。上位進出へ、負けられない戦いはまだまだ続く。勝負の終盤戦を、チーム一丸となって戦い抜く。(高橋 宏磁)

    引用元: 【楽天】ブラッシュ、小谷野コーチ助言で復調「打っていた球だけを打て」

    【【楽天】ブラッシュ、小谷野コーチ助言で復調「打っていた球だけを打て」 】の続きを読む

    20180703-00000284-sph-000-3-view

    4回、中前打を放った銀次。この日2安打で、青森のファンを沸かせた

    ◆楽天2―5ソフトバンク(3日・弘前)


    敗戦もマルチ 楽天は3日、昨年に続く弘前開催となったソフトバンク戦に敗れた。「5番・一塁」でスタメン出場した銀次内野手(30)は、4打数2安打。7回はアマダーの右越え11号2ランにつなげ、満員御礼の1万3304人が詰めかけた弘前のファンを沸かせた。

     いつも通り冷静にバットを振り抜いた。4回、2死二塁からチャンスを広げる中前打を放つと、7回1死走者なしでは再び中前打。それでも勝利にはつながらず「勝てればよかったけど」と悔しさをにじませた。

     “地元”でファンを喜ばせた。今季は故郷の岩手、秋田での開催がなく、北東北では唯一のゲーム。数日前の予報は雨で、開催が危ぶまれていたこともあり「年に1度だし、お客さんがたくさん入ってくれて、うれしかった。“東北楽天”というぐらいだから、試合をやることが大事。試合ができたことがよかった」と笑顔も見せた。

     ようやく上昇気流に乗ってきた。リーグ戦再開となった6月22日の日本ハム戦(楽天生命)から、この日まで9試合に出場し37打数14安打(打率3割7分8厘)と結果が残ってきた。「これを続けていけるようにしたい」。好調期に入った安打製造機が、打線の真ん中でチームを鼓舞していく。(山口 泰史) 【【楽天】銀次、マルチ安打 弘前開催に「勝てればよかったけど」】の続きを読む

    CB7EFE87-8571-42CF-93CB-BA2CE951DE20

    2回1死一、二塁、左越え3ランを放ったペゲーロ
    ◆西武1―9楽天(30日・メットライフドーム)


     楽天は30日、西武戦(メットライフ)に連勝。21安打15得点で大勝した29日に続き、12安打9得点と打線が爆発し快勝した。「8番・右翼」でスタメン出場したカルロス・ペゲーロ外野手(31)は、2回に先制の左越え16号3ランを放つなど4打数2安打4打点。再調整を終え2軍から戻ってきた大砲が、5戦連続安打と存在感を示している。

     追い込まれても、ペゲーロは力強く打ち返した。逆方向へ上がった打球が、そのままフェンスを越える。2回、連打で築いた1死一、二塁のチャンス。西武先発・今井の甘く入った149キロを逃さなかった。先制の左越え16号3ランに「前の2人(アマダー、藤田)に続いていこうと思った。甘い球がきたら、しっかり振ろうと。少し差し込まれたけどね」と振り返った。

     “恐怖の8番”だ。6月11日に不振のため2軍落ち。1軍再昇格は、梨田監督が辞任した後の24日だった。その日から5戦連続で「8番・右翼」でスタメン出場すると、この日まで5戦連続安打。18打数8安打、打率4割4分4厘、3本塁打、6打点の活躍に「力が入ってしまうけど、必要以上に力は入れず、バットのいいところに当てることを意識してる」とリフレッシュ効果を強調した。

     余裕が戻り、おちゃめな一面も見せた。9回、山崎がプロ初安打を放つと、返ってきた記念球をベンチを出て拾い上げた。その瞬間、隠し持っていたボールとすり替えそのままスタンドへ。「いいところにいたし、ちょうど自分のところに返ってきた。アメリカではよくあること」と驚く周囲に、笑って記念球を見せた。

     平石洋介監督代行(38)は「昨日(大量点を)取れたので、今日も早く点が欲しかった。ペゲーロのホームランが勇気を与えてくれた」。このカードの前まで、1勝8敗と苦手にしていた西武にも2連勝。下位に大砲が座る新生・楽天打線が、チームに勢いをもたらしていく。(山口 泰史)

    1: 風吹けば狗鷲 2018/05/12(土) 21:56:51.16 ID:GZlkIQwz0
    打率 .207 試合 29
    打席 119 打数 111
    安打 23 二塁打 2
    三塁打 0 本塁打 9
    塁打 52 打点 19
    得点 13 三振 49
    四球 7 死球 0
    犠打 0 犠飛 1
    盗塁 0 盗塁死 0
    併殺打 2 出塁率 .252
    長打率 .468 OPS .721
    得点圏 .261 失策 0

    引用元: 楽天ペゲーロ.207 9本19点.721

    【楽天ペゲーロ.207 9本19点.721 】の続きを読む

    ◆楽天3―7ロッテ=延長10回=(25日・楽天生命パーク)

     楽天は25日、ロッテ戦(楽天生命)を延長10回の末に落とし3連敗。借金は今季最大の9となった。「5番・一塁」でスタメン出場した銀次内野手(30)は、初回に先制の中前2点打を放つなど、5打数4安打2打点。20~22日のオリックス3連戦(楽天生命)は8打数無安打で、打率は1割7分5厘まで落ち込んでいたが、今季初の猛打賞で一気に息を吹き返した。

     やや詰まりながらも、銀次はしぶとく中前にはじき返した。初回1死満塁から、ロッテ先発・石川の高め直球を先制の中前適時打。「先制点が欲しいところで、打つことができてよかったです」。2者の生還を確認すると、ベンチに向かって拳を握って見せた。

     表情に明るさが戻ってきた。3回に中前打を放つと、5回にも左前打。延長10回2死で回ってきた最終打席も中前打を放ち、4安打をマークした。広角にはじき返す本来の打撃だったが「オリックス戦よりはよかったと思います」と控えめに振り返った。

     与えられた時間を有効に使った。雨天中止となった24日、全体練習後に渡辺直、岡島とともにマシン打撃に汗を流した。「オカジと直さんと、バッティングをやった。ああだこうだ言いながら。意味のあるバッティング練習ができたことが、今日につながった」とうなずいた。

     それでも、チームは敗れ借金は今季最多の9。梨田昌孝監督(64)は「3安打と4安打では全然違う。明日以降につながる」と銀次の完全復活に期待を寄せた。「もうちょっと。これを続けないと意味がない。明日につなげたい」と話した安打製造機。そのバットに快音が戻れば、チーム浮上のきっかけとなる。(山口 泰史)

    【【楽天】銀次、復調の兆し 4安打で今季初猛打賞「あしたにつなげたい」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/08/05(土) 16:53:36.83 ID:EjfS8luCa
    【経過は順調!】
    今日もグランドに姿を表し、40mまで離れてキャッチボールを行った松井裕投手。
    「僕は(再登録可能な)明日でもいけるって猛プッシュしてるんですけどね」と冗談を交えて話してくれました。
    あとは指のかかりや傾斜をつけた投球等調整をしてからですが、復帰は予定より早いかも!?

    引用元: 【朗報】楽天松井(ハ)、調整は順調 

    【【朗報】楽天松井(ハ)、調整は順調】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/07/17(月) 17:30:27.04 ID:U7d1AikN0
     後半戦は9月上旬まで6連戦が7週連続で続き、かなり厳しい日程だ。投手陣にある程度計算が立つから、打線の頑張りで夏場を乗り切りたい。
    ロースコアを継投でしのぐような試合も多いだろうが、時には大勝で投手陣を楽にさせる試合をつくれるよう、打線が3割くらいパワーアップしてほしい。優勝するためには、もう一段階のレベルアップが必要だ。

    引用元: 山﨑武司「後半戦楽天は6、7番での今江や聖澤が重要」 t

    【山﨑武司「後半戦楽天は6、7番での今江や聖澤が重要」】の続きを読む

    このページのトップヘ