狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    心残り

    <ニッカンスポーツ・コム/プロ野球番記者コラム>

    特別な感情は湧かなかったという。

    今季限りで現役を引退する西武松井稼頭央外野手(42)だ。

    まだクライマックスシリーズが残っているが、6日のソフトバンク戦(ヤフオクドーム)がレギュラーシーズンとしては日米通算25年間のラストゲームだった。試合前に聞いた。

    「今日は、特にね。この前のホーム3つ。あれだけの声援を頂いたからね」

    9月27日に引退会見を開いた。その日からのソフトバンク3連戦(メットライフドーム)では、松井が登場するたびに場内は割れんばかりだった。幸いだったのは、同3連戦の後は札幌、千葉、そして最後に福岡とビジターで回れたこと。行く先々で、相手チームのファンからも拍手で迎えられ、歓声で送り出された。

    1つだけ心残りがある。

    「仙台がね。7年間、お世話になったからなあ。雨で中止になってれば、またやれたのになあ、なんて思ったけど、そううまくはいかないね」

    引退会見した日の前カード、9月24、25日は仙台で今年最後の楽天戦だった。チームメートには意思を伝えていたが、まだ公にはしていなかった。スタンドの声援は相変わらずだったが、2試合のうち、どちらかが雨で流れていれば…。10月に振り替えられたであろう試合では、引退を明らかにした身で、もう1度プレーできた、という、ささやかな願いだった。

    日本球界に復帰した11年、当時の星野監督の熱烈オファーを受け、楽天を選んだ。7年の間、さまざまなことがあった。大震災。日本一。最下位。思い出は尽きない。昨オフ、コーチ打診を断り、現役続行を求め町を後にした。

    単身赴任だった。試合後のご飯が楽しみだった。よく通ったのは、近所のトンカツ屋さん。

    「おいしかったなあ。大将が、僕が記録を出すたびにお祝いしてくれた」

    西武は松井に対し、来季はコーチ専任でオファーする見込みだ。選手とは違う形になるが、仙台を訪れる機会は、すぐに訪れそう。

    「また、何かの形で行けたらね」

    杜(もり)の都との再会を楽しみにしている。【西武担当 古川真弥】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181009-00354050-nksports-base

    1: 風吹けば狗鷲 2018/03/16(金) 13:32:07.13 ID:KKyLMiSpp

    no title

    今季からDeNAに新加入した中川大志が、生き残りを懸けてアピールを続けている。右の長距離砲と期待されながら、昨オフに楽天を戦力外となった。
    新天地は主に右の代打として開幕1軍の枠を狙っており、ラミレス監督も「彼は一生懸命練習をする。1軍は近づいている」と評価している。

    心残りがある。楽天から戦力外を通告された直後に、当時の星野仙一球団副会長に電話をかけた。「知らない番号だったと思うので、出てもらえなくて。その後はお会いする機会もなくて…」。
    星野氏は1月に急逝。報道で知った中川大は「直接お話をさせてもらえず、お礼も言えないままになってしまった」と後悔を口にする。

    星野氏が監督時代に怒られたことは、今となっては良い思い出だ。「本当に熱い人でした。一生懸命やってミスをしても怒られないけど、気持ちの抜けたプレーには本当に厳しかった。学ばせてもらうことが多かったです」。
    監督退任後も、星野氏から頻繁に声をかけてもらったという。「元気でやってるか?」「ここで頑張らんとあかんぞ!」。闘将の言葉のひとつひとつが、中川大の気持ちを奮い立たせてくれた。

    「星野さんと同じユニホームを着て野球を出来たことは、自分の野球人生にとってすごく大きな経験です」

    楽天を去ることになったが、幸いにもDeNAで再スタートをきることができた。「チャンスをいただいたので、やるしかない。精一杯やって結果を出して、星野さんに恩返しができれば」。
    かつて恩師から学んだ「星野イズム」を胸に、新天地で必ず花を咲かせる決意だ。(記者コラム・重光晋太郎)
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180316-00000097-spnannex-base

    引用元: DeNA中川大志が胸に宿す心残り 星野氏にお礼を言えないまま…

    【DeNA中川大志が胸に宿す心残り 星野氏にお礼を言えないまま… 】の続きを読む

    このページのトップヘ