狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    思い出

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/15(木) 11:17:44.44 ID:M7s4tP9R0
    ロ・ロ・ロぺスの大爆笑~

    引用元: 初年度の楽天イーグルスの思い出

    【初年度の楽天イーグルスの思い出 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/11/02(金) 12:25:27.84 ID:HStt+9qNd
    アギリータダンス

    30: 風吹けば狗鷲 2018/11/02(金) 12:32:13.93 ID:wuNes6c9d
    アギリータポーズ
    no title

    36: 風吹けば狗鷲 2018/11/02(金) 12:33:45.88 ID:5R35N3qn0
    >>30
    これほんますき

    引用元: ホセ・フェルナンデスさんの思い出

    【ホセ・フェルナンデスさんの思い出 】の続きを読む


    5/11(金) 12:03配信

    週刊ベースボールONLINE

    楽天・茂木栄五郎内野手「ホッとしたのを覚えています」

    プロ野球12球団の選手やスタッフに自由に語ってもらうコーナー。今週のお題は「思い出の初〇〇」です。



     いろいろありますけど、一つ挙げるならやっぱりプロ初安打だと思います。プロ1年目の開幕2戦目ですね。ここ(Koboスタ宮城=当時)でのソフトバンク戦で、ピッチャーはバンデンハークでした。フルカウントからファウルで粘って、最後はストレートを打って右中間三塁打。結構、鮮明に覚えていますよ。とにかく思い切りいこうとは思ってたんですけど、やっぱり、相当うれしかったんでしょうね(笑)。

     ルーキーで開幕戦からスタメンで使ってもらったのに、初戦はヒットが出なかったんですよ(4打数無安打)。それで、なかなか落ち着かなかったんだと思います。打ったのは、2戦目の第1打席でしたからね。すごくホッとしたのを覚えています。

    写真=井沢雄一郎

    【楽天・茂木栄五郎内野手「ホッとしたのを覚えています」/思い出の初○○】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/12/14(木) 00:01:40.40 ID:o1ugSX+B0
    no title


    単独インタビューで日本への愛情ついて語ったアンドリュー・ジョーンズ氏【写真:福谷佑介】
    アンドリュー・ジョーンズが日本愛を激白「僕は日本を愛している」
     胸の中にある日本への愛着、愛情が溢れ出て、抑えきれないようだった。都内某所。単独インタビューに対して「僕は日本のことを愛しているんだ」と語ったのは、かつてブレーブスなどでメジャー通算434本塁打を放ち、2013年、楽天の日本一にも貢献したアンドリュー・ジョーンズ氏その人である。


     1996年にアトランタ・ブレーブスでメジャーデビューを果たしたジョーンズ氏。1998年に31本塁打を放つと、2000年から4年連続30本塁打を記録。2005年には51本塁打を放って本塁打王に輝くなど、メジャーリーグを代表する大打者であった。2013年にはメジャー通算434本塁打の実績を引っ提げてヤンキースから楽天に移籍し、4番打者として楽天初のリーグ優勝、日本一に導いた。

     今回来日中にインタビューに応じたジョーンズ氏と日本の縁は意外にも深い。「実は僕は1989年に日本に一度来ているんだよ」という。ジョーンズ氏の“日本愛”は、この時に生まれている。

    「11歳か12歳以下の大会が日本で開催されてね、そのメンバーになって1週間くらい日本に滞在したんだ。その時のホストファミリーが物凄く良くしてくれたんだよ。その経験があって、すぐに日本の大ファンになったんだ」

     28年前の記憶を思い返す表情には柔和な笑みが広がる。少年時代に訪れた日本で感じた日本人ホストファミリーの親切さが、後にメジャーリーグで大打者となるジョーンズ氏の胸を打った。

     1993年、ジョーンズ氏はアトランタ・ブレーブスと契約を結び、19歳だった1996年にメジャーデビュー。1997年以降は目覚しい活躍を見せた。「それからというもの、メジャーリーグでシーズンオフに日米野球が開催される時には、僕は必ず手を挙げて出場を希望したよ。それで日本に来ることが出来たね」。2006年の日米野球ではMLB選抜の一員として来日。第3戦では本塁打も放っている。

    引用元: MLB通算434発・元楽天AJが心に刻む感動 「日本を愛している」理由とは


    【MLB通算434発・元楽天AJが心に刻む感動 「日本を愛している」理由とは 】の続きを読む

    このページのトップヘ