1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 投稿日:2015/09/25(金) 20:10:03.41 ID:82lxxeLla.n
パ・リーグ最下位の楽天は23日・ロッテ戦(QVCマリン)で0-1の零封負け。あまりにふがいない戦いぶりに、前日22日に今季限りでの退任を正式表明した大久保博元監督(48)の怒りが爆発した。

「(敗因は)西田だな。普通のショートゴロだよ、あんなの。ピッチャーがかわいそうだ。試合前の練習時間は75分間しかない。それ以外の時間を、どれだけ野球に使っているのか」

指揮官が語気荒く指弾したのが、6回に井口に浴びた決勝適時打の場面だ。2死二塁、二塁ベース後方への高いバウンドの打球を遊撃・西田がワンテンポ遅れて捕球。一塁に送球したが間に合わず内野安打に。
さらに、一塁手・銀次がセーフの判定に悔しがっている間に、二走が三塁を蹴って一気に本塁に生還。決勝点を献上してしまった。

すぐに本塁に転送していれば微妙なタイミングだっただけに、大久保監督は「ネクストプレーへの準備ができていない。守りがああなら銀次は(打率)3割5分は打てないと試合に出る価値はない」と矛先を転じた。

開幕当初は「どんなプレーも指揮官である自分に責任がある。選手たちにいかに全力を出させるかが監督の役割」と選手への理解を強調。表立っての批判を控えてきた。
だが退任を決め、この日を終えてシーズンも残り11試合。「厳しいことをいってくれる人が自分を成長させてくれると、この年になってオレも分かった。最後まで厳しくしていくつもり」と選手批判を解禁した形だ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000015-ykf-spo

引用元: 退任デーブ 選手批判を解禁wwwww

【退任デーブ 選手批判を解禁wwwww】の続きを読む