狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    怪我

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/16(木) 20:59:09.15 ID:vVzBOxIud
    馬鹿「打点少なすぎだろ 高卒新人みたいな打点」

    妥当なのが他にいるのか? 
    8BCD2981-7DE9-46BC-8F90-2AD269C96158-4345-00000426F009FB4D_tmp

    引用元: 嶋基宏(2016) .271 2本 17打点 OPS.750←なんでこれが不動の日本代表捕手なの? 

    【嶋基宏(2016) .271 2本 17打点 OPS.750←馬鹿「なんでこれが不動の日本代表捕手なの? 」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/16(木) 02:13:24.88 ID:cVHMVSSz0
     右足の調子が思わしくない楽天・嶋。調整が思い通りにいかないからか、状態について聞かれても「ノーコメント」を繰り返した。

     右ふくらはぎの張りで練習を途中で切り上げて約1週間。ひとり別メニューが続く。15日はトレーナーと1対1で、球を投げてもらうトス打撃をしたり、トレーニングルームで体を動かしたり。

    星野仙一・球団副会長からは皮肉交じりに「トレーナーを独り占めするな」の言葉。まだ走れない状況だが、梨田監督は「日に日によくなっている。こちらから『(練習を)抑えろ』と言っている」と大事を取り、18日から合流するという。

    WBC公認球は滑りやすいと投手は手を焼くが、捕手として、どうリードするか。
    同僚の松井裕も指がしっかりかからないようで真っすぐの球筋が安定しないが「逆にバッターが打ちにくい」と良いようにとらえる。ただ、基本は「自信のある球を選ぶ」。前回大会に出場した松井稼から湿気の違いなど会場によって公認球の滑りが違うことも聞いた。

     国際大会に数々出たがWBCは初。「誰もが選ばれたい。野球人生で一回は出たかった」。万全の状態で本番を迎えるため、我慢が続く。【荻野公一】

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170215-00000135-mai-base
    no title

    引用元: 【悲報】右足不調の楽天・嶋 WBC出場へ侍のプライド“我慢の時”

    【右足不調の楽天・嶋 WBC出場へ侍のプライド“我慢の時”】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/14(火) 16:39:16.82 ID:wzRifA8k0St.V
    no title

    2: 風吹けば狗鷲 2017/02/14(火) 16:39:55.94 ID:wzRifA8k0St.V

    引用元: 楽天のモブ選手、googleストリートビューに映り込む 

    【楽天吉持、googleストリートビューに映り込む】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/12(日) 13:14:44.78 ID:4ObJsc4I0
     今季3年目を迎える楽天の安樂。

     234球を投げ、登板過多による投球論争を呼んだ高校時代には、球速にも注目が集まっていた。

     プロ入り後は、球団による慎重な起用法により、通算16試合の登板にとどまっているが、今季は飛躍の気配を感じさせている。

     その要因には、球速ではなくストレートの質を追い求めた姿勢があった。

    no title

    3年目の楽天・安樂智大。

    3: 風吹けば狗鷲 2017/02/12(日) 13:15:02.35 ID:4ObJsc4I0
    球速よりも“質”
     かつて甲子園を沸かせた剛球右腕がモデルチェンジを図ろうとしている。

     高卒3年目となる安樂智大投手は最速157キロもあった球速を捨て、新境地で2017年シーズンに挑む。

     安樂が目指しているのは、いわゆる質の高いストレートだ。

     実は昨シーズンもすでに、そこへの取り組みを始めていて、かつてのような力みかえって剛速球を投げ込むというタイプではなくなっている。

     昨春のキャンプでは、跳び箱のロイター版を使ったシャドウピッチングに励む安樂の姿があった。大事になってくるのは下半身を中心とした体重移動で、上体の力に頼らずとも投げる術を習得しようとしていたのである。

     上半身に力を入れた力感たっぷりの157キロのストレートではなく、140キロでも打者の体感では速く見せるストレートを投げる。昨季は3勝を挙げ、新しい階段を順調に昇りはじめている。

    4: 風吹けば狗鷲 2017/02/12(日) 13:15:15.15 ID:4ObJsc4I0
     とはいえ、一言でモデルチェンジといっても、よく決断したなというのが筆者の印象だ。
     少なくとも高校時代の安樂は周囲の声に反発して挑んでいくタイプだっただけに、なおさらそう思えた。

     思い起こすのは2年生のときにエースとして迎えた春のセンバツでのことだ。

     2回戦の広陵戦では延長13回を一人で投げ抜き、234球の熱投を演じた。このときの投球数は、日米メディアを巻き込んでの大論争となったが、「投げすぎ」と指摘された安樂には、世間のそうした声に立ち向かっていく気概さえ感じるものがあった。

     続く3回戦でも安樂は一人で投げ切っている。
     それも試合終盤に右手に打球を受けるというアクシデントがあったにも関わらず、完投したのである。アクシデント以降、安樂が投げる球は威力を増したくらいだ。

     世間の声を黙らせてやる―――。
     当時の安樂の登板過多について筆者は猛烈に反対ではあったが、彼の姿勢はむしろ恐れ入るものがあった。

    6: 風吹けば狗鷲 2017/02/12(日) 13:15:34.41 ID:4ObJsc4I0
    身体を痛めないか危惧
     この大会で安樂は決勝戦で敗れたが、その試合では疲労から足がもつれ、ベースカバーにさえ行くことが出来なかった。それでも、当時の指揮官・上甲正典監督(故人)から交代を通達された時は、一度、断っている。彼の内に眠るファイティングスピリットは凡人のそれではない。

     同年夏の甲子園にも出場。安樂は球数論争と戦いながらも、ドラフト1位という称号を得てプロ入りを果たした。

     とはいえ、危惧もあった。世間の声に立ち向かっていこうとする安樂の性格が、また彼の身体を痛めてしまうという危険性だ。

     しかし、昨季から楽天のピッチングコーチを務めている与田剛は、そんな安樂を大事に使った。先述した体重移動の練習も与田による指南だと聞いたが、それは安樂の将来像を考えてのことだろう。

     1年目は試合の1試合登板(1勝)、2年目の昨季は15試合登板に抑えている。
     楽天の首脳陣はデリケートに安樂を扱っているといえる。

    8: 風吹けば狗鷲 2017/02/12(日) 13:15:53.51 ID:4ObJsc4I0
     その中で、今季を迎えるのである。

     昨年までと違って、おそらく投球への制限もなくなるはずだ
     一方で、安樂自身も先発投手としての責任を果たすべく、初回から力投していくスタイルでは生き残っていけないとさらなる成長を目指している。

     過去2チームで2年目に優勝を果たしてきた梨田昌孝監督は、今季、本気で優勝を狙っているだろう。FA移籍の岸孝之投手や細川亨捕手の獲得はその意思の表れだろう。則本昂大と岸でダブルエースを形成し、さらに、この男が加わってくれれば、これほど心強いことはない。

     球数論争から4年―――。
     紆余曲折を経て、安樂はニュースタイルで2017年を駆け抜ける。

    9: 風吹けば狗鷲 2017/02/12(日) 13:16:08.85 ID:4ObJsc4I0

    引用元: 球数論争から4年、楽天・安樂が追求する質。ニュースタイルで挑む3年目et

    【球数論争から4年、楽天・安樂が追求する質。ニュースタイルで挑む3年目【2017年ブレイク期待の選手】】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/10(金) 10:08:38.54 ID:9bOAeS7d0
    楽天のオコエ瑠偉外野手(19)が9日、都内の病院で損傷していた右手薬指付け根関節の靱帯縫合手術を行った。競技復帰まで、3、4か月が必要という見通し。
    オコエはキャンプイン直前に胃腸炎を起こし、2月1日には、あまりにその動きが悪かったため、温厚な梨田監督が激怒。あげくのはてには、翌日に右手薬指痛を訴え、都内に移動して精密検査を受けた結果、手術が決定した。
    3日からは2軍落ちとなったが、怒った指揮官の真意を知りたくて、寒気団が襲って気温がグンと下がった久米島キャンプを訪れた。

    ――温厚な梨田監督が怒ったなんて初めて聞きました。オコエを叱ったのは本気でしたか?

    「もちろん。オフにトレーニングをして、体を大きくしたそうだが、それにしてもでぶっとして、まったく動けていないんだから。
    オフの間に何もやってきていないのがわかった。昨年から手が痛いことを自分自身でわかっていたはずなのに、ナイジェリアに行ったり、ハワイに行ったり……遊んでいる時間があれば、ちゃんと治療しておかないと。
    あまりにプロとしての自覚に欠けている。自己管理ができていないというか、野球をなめている」

    ――去年、我慢しながら使った若手の成長が今年は楽しみ。その一人がオコエだったのでは?

    「確かに野手で言えば、茂木、島内らの若手が、昨年の経験をどう上積みしてくるかは、楽しみにしているが、オコエに関しては、プラスアルファで戦力として出てくればいいなあというくらいにしか考えていなかった。
    ハナから信用はしていなかった(笑)」

    ――もうオコエの話題を出すことを嫌っているとも伝え聞きました。

    「ここ(1軍)にいない選手の話題が先行してもね。もう2軍で手術をして出直すという時点で、オコエの話題はいいですよ。
    もっとマスコミの皆さんに取り上げてほしい選手がたくさんいるのに、いつまでもオコエ、オコエじゃねえ。士気にもかかわる。監督としても、そのあたりはお願いしたい点」

    ――すみません。その話題をぶり返してしまって。でも、今回のお灸でオコエも変わってくれれば? 大きく勘違いしないうちに知って良かったのでは?

    「そうなんだけどね。本人がどこまで真剣に自覚するか。もともと自由奔放というか、そういう性格だから、本質はなかなか変わらないかもしれないけどね(笑)。 手術をして復帰まで時間がかかるらしいので、2軍で結果を出して這い上がってくるしかない」

     梨田監督は、内心、忸怩たる思いで、オコエを突き放した。

     実は、1年目を終えた選手のオフの管理については、どのチームも頭を悩ませている。
    ドラフト後は合同自主トレを行い、キャンプインに必要な体力を作ることを球団が調節指導できるが、1年目のオフからは、選手会とのポストシーズンの取り決めで、球団は、直接指導、管理をすることはできない。

    2: 風吹けば狗鷲 2017/02/10(金) 10:09:03.57 ID:9bOAeS7d0
    チームによっては、オフの自己管理のガイドラインを選手に渡すなど、ルールの範囲内でオフのトレーニング指針を伝えているが、直接のチェックはできないため、あくまでも本人任せとなる。

    「考えている選手」は、先輩の自主トレに志願して参加させてもらったり、逆に他球団も含めた先輩から声をかけてもらったりして、オフの準備を学び覚えていくものだが、そういう積極的な働きかけをしない選手は
    オフをどう過ごせばわからないまま、結果的に準備ができずキャンプインを迎え、伸び悩んでしまうのだ。2年目のジンクスといわれる失敗の一旦は、こういうところにある。

     オコエはダルビッシュ有の合同トレに参加するなどしたようだが、2か月の長いオフをすべて一緒に過ごしたわけでなく、結果的に自己管理と準備が不足のまま、キャンプインを迎えてしまった。

     オコエは今回の失敗に、「野球に対する姿勢ももう一回見つめ直したい」と何度も反省の弁を口にしている。本来は、頭のいいプレーヤーである。
    そのポテンシャルの高さは、改めて説明するまでもないだろう。温厚な梨田監督の怒りを、メッセージとして本気で受け取り、初心から出直しすることに期待したい。

     (文責・本郷陽一/論スポ、スポーツタイムズ通信社)

    THE PAGE 2/10(金) 6:35配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170210-00000001-wordleafs-base&p=1
    no title

    引用元: 楽天・梨田監督「オコエはあまりにプロとしての自覚に欠けている。野球をなめている」 

    【楽天・梨田監督「オコエはあまりにプロとしての自覚に欠けている。野球をなめている」】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/05(日) 20:06:56.57 ID:tqIsK18n0

    2: 風吹けば狗鷲 2017/02/05(日) 20:07:27.72 ID:tqIsK18n0
    no title

    楽天・嶋基宏【写真:編集部】
    3月に侍ジャパンでWBC初出場「1年間しっかりできるように」
     久米島キャンプ第1クール最終日の5日、楽天・嶋基宏捕手がプロ11年目となる今季に向けての意気込みを語った。


     この日はブルペンで美馬らのボールを受けた嶋は、投手陣について「非常に仕上がりが早い。飛ばしすぎくらい」と絶賛した。その一方で自身の仕上がりについては「ボチボチです」と言うとニヤリ。
    3月に始まる第4回WBCの出場メンバーだけに、傍目からも仕上がり具合は上々で「いつも通りのペース。やれることをしっかりやっていきたい。WBCも含めて1年間しっかりできるように」とうなずいた。

     今季はベテラン捕手・細川亨がソフトバンクから移籍。さらに昨季73試合に出場した2年目・足立祐一の存在もあり、捕手の座を巡るチーム内での争いも激化しそうだ。嶋は「(細川は)たくさん経験のある方。勉強になることがたくさんある。負ける気はないけど、いろいろ吸収したい」と、ライバルの出現に大いに刺激を受けているようだ。

    「自分がキャプテンになって2年連続でBクラス。もちろん優勝が目標。最低でもCSに出られるようにしたい」と、昨季までの悔しさをバネに躍進することを誓った。

    引用元: 楽天・嶋、正捕手ライバル出現に刺激大「負ける気はないけど、吸収したい」

    【楽天・嶋、正捕手ライバル出現に刺激大「負ける気はないけど、吸収したい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/02/04(土) 20:00:27.37 ID:+1ZCY0zg0
    スポーツ報知 2/4(土) 12:00配信

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170204-00000051-sph-base

    2: 風吹けば狗鷲 2017/02/04(土) 20:00:44.62 ID:+1ZCY0zg0
    no title

    2軍に合流したオコエは、30m走測定を行った

    引用元: 【楽天】オコエ、2軍練習に合流 9日に都内で右手薬指を手術

    【【楽天】オコエ、2軍練習に合流 9日に都内で右手薬指を手術】の続きを読む

    このページのトップヘ