狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    意気込み

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/18(金) 21:48:39.54 ID:75ZMm21N0
    no title

    投内連係で二塁に送球する楽天太田(撮影・野上伸悟)

    沖縄・久米島キャンプでの1軍スタートが決まった楽天のドラフト2位太田光捕手(22=大商大)が、母校NO・1捕手を目指す。

    広陵(広島)出身の捕手は他にも現在、巨人小林誠司(29)、広島の白浜裕太(33)と中村奨成(19)がいる。4人目となった太田はプロの先輩たちに気後れすることなく、レギュラー取りを狙う。

       ◇   ◇   ◇

    開幕1軍とともに、太田が心に秘めた野望を口にした。「いずれは広陵の捕手の中で一番になりたい」。母校は現在、巨人小林、一昨年のドラフトで注目を集めた中村ら4人の捕手を輩出する。捕手出身の加藤康彦コーチ指導のもと、好捕手が育つ土壌がある。
    「広陵一」は球界一の捕手を目指すことに他ならない。新人合同自主トレ8日目の18日は、ブルペンで「初めて」座った状態で則本佳樹(24)の投球を受けた。「一番は投手が見やすくて、投げやすいように構えることを意識している」と、新人らしからぬ落ち着いたキャッチングを見せた。

    昨年末に、広陵出身のプロが開催する少年野球教室で3人と対面し刺激を受けた。理想の捕手像は「投手から信頼され、野手からも信頼され、チーム全体から信頼される捕手。
    そして相手チームからも認められるように」と話す。高校、大学で主将を務め、関西6大学リーグでは8季中6度の優勝を果たすなど、捕手で育まれたリーダーシップにも期待がかかる。

    もちろん、守備だけで起用される世界でないことは分かっている。「自分が打つことで勝つ確率は上がる。今は日々筋肉痛ですけど、振る力はついてきている」と打撃にも力を入れる。とはいえ高校時代は4番、大学でも4年春には打率5割2分2厘で首位打者に輝いた打力の持ち主だ。
    「まずは1軍に残らないと始まらない。そこで与えられたチャンスをものにしていくだけです」。今年から捕手登録の岡島豪郎(29)、山下斐紹(26)らが2軍スタートとなった捕手激戦区の楽天にまた1人、つわものが加わった。【野上伸悟】

    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201901180000780_m.html?mode=all

    引用元: 楽天2位太田光「広陵の捕手の中で一番になりたい」

    【楽天2位太田光「広陵の捕手の中で一番になりたい」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/13(日) 13:19:44.01 ID:3Z0tXGwAd
    no title


    昨年まで10年間在籍した巨人から楽天へ移籍した橋本
     プロ11年目を迎える橋本到が楽天生命パークの室内練習場で汗を流している。

    「新人の子たちと同じ心境かなと思いますけどね。10年やって、ちょうど節目というか。11年目としてまた新たな気持ちです」

     2009年に仙台育英高からドラフト4位で巨人に入団。14年には103試合に出場するなどアピールしたが一軍定着とはならず、昨季はケガの影響もあり6年ぶりの一軍出場なしに終わった。

    「左(ふくらはぎ)を痛めて右を痛めての繰り返しで……。2カ月ほどキツいリハビリをやって『さあいくぞ』ってときにまたゼロからになってしまう。5回くらい心が折れました(苦笑)」

    引用元: 巨人から楽天へ移籍した橋本到が抱くポジティブな思い

    【巨人から楽天へ移籍した橋本到が抱くポジティブな思い 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/12(土) 22:03:43.27 ID:2vCBjdBNd
    no title

    愛媛県内での自主トレで赤色のグラブを使う楽天浅村(撮影・江口和貴)

    新天地での活躍を、東京五輪につなげる。西武から楽天にFA移籍した浅村栄斗内野手(28)が12日、愛媛・今治市内での合同自主トレを公開した。黒地に赤で縁取りをした楽天仕様の新グラブを、キャッチボールでお披露目。「楽天カラーのグラブが届きました。(感覚は)違和感なく、いつもと同じ。赤は好きなので」と笑った。

    足元は、白色のスパイクに赤色のひもの“日の丸カラー”だった。来年に迫った東京五輪。「東京で出来るのもあるし、自分もそこに選ばれるように、成績を残したいという気持ちを持ってやっている」と初めて言及した。
    昨年11月の日米野球はテレビ観戦。西武のチームメートが多く選出されており「あの中でやりたい」という思いが強くなった。大阪桐蔭時代と13、18年に代表を経験。日の丸をつけてのプレーに「シーズンとは全く違うプレッシャーがある。1試合で終わる可能性もあって、経験できたら人生の大きなものになる。目指したい」と言い切った。

    楽天では2年連続の「打率3割30本塁打100打点」を目標に掲げると同時に、指南役にも意欲をみせる。若手からの質問に「自分も先輩から聞いてやってきて、今がある。しっかり答えていこうと思う」と自覚を示した
    。西武熊代らとの自主トレは、5年連続。昨年までの仲間が敵となるが「まずはライオンズをしっかり倒せるように、頑張ります」と笑顔でのリップサービスも飛び出した。

    当然、初の移籍で不安もある。「今年は、自分もやらなきゃいけないと思っている。今までと違ったプレッシャーもあって、自分のことで、いっぱいいっぱいになると思う」と素直に明かした。五輪出場の目標のためにも、まずは楽天での活躍が第1歩となる。【保坂恭子】


    https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201901120000797_m.html?mode=all


    no title



    no title


    愛媛県内で自主トレを行いサッカーでパス回しする楽天浅村(中央)。左は西武熊代(撮影・江口和貴)

    引用元: 指南役務める楽天浅村「全く違う」東京五輪への思い

    【指南役務める楽天浅村「全く違う」東京五輪への思い 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/12(土) 07:50:14.23 ID:tV2HudDA0
    no title



    自主トレを公開し、報道陣の取材に応じる楽天・茂木
     楽天・茂木栄五郎内野手(24)が11日、楽天生命パークの室内練習場で自主トレを公開。「1番・遊撃」で全143試合に出場することを目標に掲げ、昨季途中に「1番」の座を奪われた1年後輩の田中に挑戦状をたたきつけた。

     昨季はシーズン前に受けた右肘手術や9月に左肩を痛めた影響で100試合の出場にとどまり、打率2割4分7厘、7本塁打、24打点。いずれも自己ワーストで、6月中旬からは主に2番を務めていた。「体はもう100%の状態。今年はショートで143試合に出たいし、1番を打ちたい気持ちもある。田中といい争いをして、チーム力が上がっていけば」と言い切った。

     最多出場は1年目の117試合で全試合出場は高い目標だが、今季は西武から浅村がFA加入し「試合に出続けている秘けつや勝負強さがどう生まれているかなど、色々と聞きたいです」。3年連続で全試合出場を続けている“鉄人”に弟子入りし、最強の二遊間コンビを結成する。(片岡 泰彦)

    引用元: 【楽天】茂木、後輩・田中に挑戦状!全試合「1番」で出る

    【【楽天】茂木、後輩・田中に挑戦状!全試合「1番」で出る 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/10(木) 14:45:15.87 ID:ATXPdWSc0
    no title

    キャッチボールで力強い球を投げ込む由規

     楽天が今季、育成選手用の“下克上枠”を設けることが9日、明らかになった。現時点での支配下選手は66人で、70人を上限とする枠は4つ空いている。安部井寛チーム統括本部長(44)は同日、基本的に2月の春季キャンプまで、新たな外国人選手を獲得しない意向を示唆。
    残った枠で複数の育成選手を昇格させる方針を示した。支配下争いを活性化させる狙いがあり、同本部長はヤクルトを退団し育成契約で入団した由規投手(29)らの奮起を期待した。この日、楽天生命パークでは新人合同自主トレがスタート。新人10選手が汗を流した。

     勢いよく新人がグラウンドを駆け回る姿を見守りながら、安部井チーム統括本部長はリハビリを続ける由規ら育成選手たちにも熱い視線を送った。同本部長は「現時点で支配下の枠が4つ空いていますが、支配下争いを活性化させる狙いがある」と明言。複数の“下克上選手”の出現を期待した。

     今季、楽天の育成選手は16人。中でも特別な期待をかけるのがプロ12年目の由規だ。同本部長は「(由規は)うちでなんとかできるんじゃないかと思ったから獲得した」と明かす。選手の体調を管理するコンディショニング部の責任者も務める安部井本部長は「総力を挙げて、リハビリなども含めて協力したい」。復活までの道のりを全力でサポートする構えだ。

     由規は昨年6月に右肩痛を発症。この日もキャッチボールなどで汗は流したが、万全にはほど遠い。平石洋介監督(38)は練習を終えた右腕へ「とにかく焦らずに」と声をかけた。由規も「こういう状況でもそういった言葉をかけてもらえる。その期待に応えたい」と言葉に力を込めた。生まれ育った宮城で再び力を蓄え、育成から1軍まで駆け上がる。(高橋 宏磁)


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190109-00000222-sph-base

    引用元: 【楽天】由規、支配下勝ち取る 育成16人で枠4つ 平石監督「とにかく焦らずに」

    【【楽天】由規、支配下勝ち取る 育成16人で枠4つ 平石監督「とにかく焦らずに」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/06(日) 14:41:19.67 ID:1cNQa/Ys0
    no title

    入寮し、荷ほどきする辰己(撮影・吉田 剛) Photo By スポニチ
     楽天のドラフト1位・辰己(立命大)は昨季のパ・リーグ新人王の田中和が生活していた部屋に入った。   大学の1学年先輩のDeNA・東はセ・リーグの新人王に輝き「自分も目指すところは新人王。出世部屋にできるかどうかは自分次第」。 
    育成2位・則本佳(山岸ロジスターズ)は、兄・昂大や松井が暮らした出世部屋に。兄が寮で使っていたマットレスも持ち込み「出世部屋の流れに乗って支配下登録を目指す」と力強かった。
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/01/06/kiji/20190105s00001173421000c.html

    引用元: 楽天ドラ1辰己、カー君部屋「自分も目指すところは新人王」

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/03(木) 10:14:17.62 ID:K6QxeIHCd
    no title

    仙台名物の牛タンにかぶりつく浅村 Photo By スポニチ

    no title

    色紙に目標を記した浅村

    引用元: 楽天・浅村 “牛タンパワー”で「1年目から勝負」 目標は日本一、ブーイングも「受け止める」

    【楽天・浅村 “牛タンパワー”で「1年目から勝負」 目標は日本一、ブーイングも「受け止める」 】の続きを読む

    このページのトップヘ