狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    戦力

    1: 風吹けば狗鷲 2019/01/27(日) 17:10:30.13 ID:fGuXkvk70
    先発
    則本 岸の2本柱が中心
    塩見は腰の手術で5月に復帰できればいいな誤算という感じ
    美馬、辛島らの中堅を
    残りの若手(藤平、古川、池田、近藤、西口ら10人強)のサバイバルがで出てきてた奴がひきずり降ろせるかがポイント
    去年は藤平は誤算だった。フォームで本当に悩んで彼本来の凄さとは程遠かった。入ってきた時からモノが違う

    中継ぎ
    青山 宋家豪 福山 久保 高梨 森原 西宮など
    抑え
    松井 ハーマン ブセニッツ
    松井は去年一年苦しんだが最後の先発2試合で一皮剥けた 。
    僕(平石)がリリーフで使うと伝えた。抑えを奪いにきてほしい、確約はしない。

    引用元: 【楽天】平石監督、戦力構想インタビュー【野球】

    【【楽天】平石監督、戦力構想インタビュー【野球】 】の続きを読む

    2: 風吹けば狗鷲 2018/01/29(月)23:18:59 ID:Clq
    先発右 則本、岸、美馬、藤平、安楽、古川、菅原、近藤
    先発左 塩見、辛島、森
    中継右 サブ、ハーマン、チャーハン、森原、釜田
    中継左 松井、高梨、西宮

    3: 風吹けば狗鷲 2018/01/29(月)23:19:31 ID:Clq
    左腕が足りん

    4: 風吹けば狗鷲 2018/01/29(月)23:21:26 ID:Clq
    捕手  嶋、足立、山下、細川
    一三指 銀次、芋、尼、内田、今江、オコD
    二遊  茂木、三好、吉持、村林、山崎、藤田
    外野  ペゲ、島内、岡島、オコエ、田中カ、岩見、田中ア

    引用元: 2018年、楽天の戦力が間に合う

    【2018年、楽天の戦力が間に合う】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2018/01/21(日) 23:28:51.10 ID:FW7+t9cE0
    遊 茂木
    二 山崎(三好)
    右 ペゲーロ
    三 ウィーラー
    一 銀次
    指 岩見(アマダー)
    左 島内
    捕 嶋
    中 オコエ

    バランスが良く最強

    引用元: 楽天打線強過ぎワロタww.ww.ww.ww.ww.ww.ww.ww.ww

    【楽天打線強過ぎワロタww.ww.ww.ww.ww.ww.ww.ww.ww 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/10/28(土) 18:16:15.57 ID:5Hl4OYcJ0
    どうなん?

    引用元: 来年の楽天が落ちるという風潮wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    【来年の楽天が落ちるという風潮 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/10/26(木) 22:17:47.57 ID:a70clrjU0
    打線

    6茂木
    9ペゲーロ
    D(村田)or岩見or(中田翔)
    5ウィーラー
    7島内
    3アマダー
    4銀次
    2嶋
    8オコエ

    控え
    足立 堀内 細川
    山崎剛 吉持 藤田 今江 内田 三好 (渡辺直)
    岡島 田中和 田中耀 八百板 聖澤



    先発 
    則本 岸 美馬 藤平 塩見 安楽 辛島 (松井裕) 近藤 

    中継ぎ
    福山 ハーマン 宋 高梨 青山 森原 菅原 西宮 鶴田 (久保裕) 渡辺佑 寺岡

    抑え 
    松井裕 (新外国人)

    引用元: 来季の楽天の陣容がほぼ確定wwwwwwwwww

    【来季の楽天の陣容がほぼ確定wwwwwwwwww 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/10/24(火) 13:00:12.66 ID:h/jLzAWYd
    メンタル
    打線の層

    引用元: 今年の楽天に足りなかったものwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

    【今年の楽天に足りなかったものwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2017/10/06(金) 18:24:44.84 ID:HlVo7l1I0
    教えてクレメンス

    引用元: 楽天が来年優勝するために必要なことって何?

    【楽天が来年優勝するために必要なことって何? 】の続きを読む

    このページのトップヘ