狗鷲タイムス

楽天イーグルスを中心に管理人が気に入ったスレをまとめるブログです

    手術

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/23(木) 00:29:25.75 ID:pWsqccBdd

    引用元: 【朗報】則本昂大さん、もうネットスロー開始

    【【朗報】則本昂大さん、もうネットスロー開始 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/20(月) 19:23:17.30 ID:JEgcyHjE0

    2: 風吹けば狗鷲 2019/05/20(月) 19:23:50.60 ID:JEgcyHjE0
    no title

    ブルペンで投球練習を行った楽天塩見
    楽天の左腕塩見貴洋投手が昨年8月26日・日本ハム戦以来、約9カ月ぶりに1軍のマウンドに帰ってくる。

    昨年の球宴明けからヘルニアを発症し、同10月末に腰を手術。リハビリ中の今年1月には仙腸関節と椎間板の状態がよくなく、一進一退の時期もあった。だが14日のイースタンリーグ・ヤクルト戦で7回124球を投げ、1軍復帰へゴーサインが出た。

    塩見は「今は先発が崩れても野手のみなさんが逆転してくれる。今度は打者が苦しい時に先発投手が助けられるようにやっていければ」と意欲をみせた。

    引用元: 楽天塩見が9カ月ぶり1軍復帰へ 昨秋腰を手術

    【楽天塩見が9カ月ぶり1軍復帰へ 昨秋腰を手術 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/05/01(水) 00:47:41.82 ID:O8/oEMXC00501
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190430-00010003-tvtokyos-base


    no title

    【楽天】則本昂大/追跡LIVE!SPORTSウォッチャー
    右肘のクリーニング手術を受け2軍で調整している楽天の則本昂大投手が4月27日にキャッチボールを再開した。

    最初はワンバウンドさせながらの慎重な投球となったが後半は15m前後の距離で通常のノーバウンド投球、さらに本来の投球フォームに近い形で投げるなど時折笑顔を見せながらおよそ15分間様々な形のキャッチボールを行い順調な回復ぶりを見せた。

    則本は5年連続で奪三振王を獲得するなどエースとして長きに渡りチームを支えてきたが今シーズン開幕前の3月、右肘に違和感を覚え病院で精密検査。右肘に損傷が見つかり手術を行っていた。

    引用元: 【楽天】則本昂大 右肘手術後初のキャッチボール「ここまでは順調に来ている」

    【【楽天】則本昂大 右肘手術後初のキャッチボール「ここまでは順調に来ている」 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/26(金) 07:28:50.15 ID:yb7sRf6C0
     楽天・岡島豪郎捕手(29)、則本昂大投手(28)が右肘の定期検診に臨んだことが25日、分かった。前日24日に神奈川県内の病院で、ともにクリーニング手術を受けた患部の検査を受け、良好な経過が確認された。

     岡島は2月に左肩の脱臼を防ぐ手術を受け、復帰まで6カ月以上の見込みと診断された。前半戦の出場は絶望的だったため今月4日に右肘の手術にも踏み切った。3月に手術を受けた則本昂は、27日にも術後初めて約20メートルの距離でキャッチボールを再開する。

    引用元: 楽天・則本、27日キャッチボール再開!24日に定期検診 岡島も経過良好

    【楽天・則本、27日キャッチボール再開!24日に定期検診 岡島も経過良好 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/06(土) 10:35:01.97 ID:Gdflps1ka
     楽天・岡島豪郎捕手(29)が前日4日に神奈川県内の病院で右肘のクリーニング手術を受けていたことが5日、分かった。約2時間の手術で右肘の軟骨などを除去。この日、退院し、仙台に戻った。全治は3カ月の見込み。

     2月12日には左肩の脱臼を防ぐ手術を受け、競技復帰まで6カ月以上の見込みと診断された。すでに前半戦の出場は絶望的となっていた。

     今季、外野手から捕手登録に戻った岡島は、かねて「体をしっかり治して、もう一度、捕手で勝負したい」と意欲を示していた。今回の右肘手術は、左肩の完治までに回復するため前向きに踏み切ったとみられる。

    https://www.sanspo.com/smp/baseball/news/20190406/gol19040605000002-s.html

    引用元: 楽天岡;島、左肩のついでに右肘も手術

    【楽天岡島、左肩のついでに右肘も手術 】の続きを読む

    1: 風吹けば狗鷲 2019/04/01(月) 21:16:26.78 ID:epVbLXi50
    no title

    楽天・釜田佳直【写真:荒川祐史】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190401-00334173-fullcount-base

    イースタン・リーグ日本ハム戦(鎌ケ谷)では6回無安打無失点と好投を見せる


     昨年6月に右肩と右肘の手術を受けた楽天・釜田佳直投手。一歩、一歩、復帰への道を進み、3月24日のイースタン・リーグ日本ハム戦(鎌ケ谷)では6回無安打無失点と好投した。1軍のマウンドを目指す現在の思いを聞いた。


    「いつ、どうなるかは分からないので常に気は張っていますが、体、元気ですね」

     そう語る声には張りがあった。楽天の8年目右腕・釜田の声だ。

     昨年6月25日、釜田が受けた手術は「右肩ベネット骨棘切除術および後方関節包解離術」と「右肘クリーニング術」。復帰まで6ヶ月と診断された。最初はわずかだった痛みが「もう、手術しないと投げられない状態」と言うほどで決断した。

    「手術をしなければそのまま終わっている。手術をやってみてどうなるかも、やってみないとわからないと思ったので、後悔はなかったです。それから、なぜ、そうなったのかという原因をしっかり突き詰めて手術に臨めたので良かったなと思います」

     釜田の右肘は曲げ伸ばしがしづらい。その分、投球後のフォロースルーで逃がせられなかった力で肩に負担がかかったという。

    「肩に骨棘ができて、関節の袋に擦れるわけですよ。それが炎症して硬くなってきます。結局、肩の可動域も全然、なくなった。投げに行く時も痛いし、止まる時にも痛い。だんだん、痛みがひどくなってきて、これは手術をやるしかないな、と思いました」

    引用元: 見えてきた1軍 「後悔はしていない」楽天・釜田が手術を受けて得られたこと

    【見えてきた1軍 「後悔はしていない」楽天・釜田が手術を受けて得られたこと 】の続きを読む

    このページのトップヘ